真冬の八ヶ岳 薪割り

日曜日の朝は、快晴で、朝日の富士山。



昨日は雲が湧いていた八ヶ岳は雲一つなく晴天です。



南アルプスも雲なく晴天です。

朝は薪割りから作業の開始です。まだまだ、堅いケヤキの玉切りが山のように残っています。


来年の薪棚は半分ほど溜まりました。残ったケヤキを薪割りすると一杯になるでしょう。



欅の薪割りは、午前中でおしまいにして
、新たに仕入れた桜、コナラの玉切りをしました。自分で目だてしたチェーンソーの目だてですが、新品よりかなり劣る切れ味です。1 tonの丸太の1/5位を玉切りするのに1時間半もかかりました。意外とチェーンソーで切るための場所決め(固定)の作業が大変です。腰もクタクタです。玉切り専用の台を作ろ方が楽でしょう。インターネットで調べて、作ろうかな?



で、あっと言う間に日が西の南アルプスに傾き、同時に急速に気温が落ちます。作業はやめにして、今夜は、頂いた合鴨の燻製、マグロのカマ焼きで、頂きものの山梨県産のベリーAのワインで一杯です。このワインはなかなか美味い。酸味は強いが、雑味がない。
そう言えば、先日出張していたインドのワインは、最悪です。味の素のようなものを混ぜたような変な味でした。ならば、と言う事でムンバイのレストランでフランスワインを頼んだら、室温か冷やしたワインかと聞くので、冷やしたのを頼むとチンチンに冷えてる。やめにして、室温を頼むと、まさに室温のワインが来ました。チョット、チョット。ここムンバイの室温は分かるが、28℃はないんじゃないの、と文句を言いながら、妥協して飲むと。高温長時間保存のせいか?最悪の味です。インドでワインを頼んだ私が馬鹿でした。ビールかジンに限りますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -