FC2ブログ

夏鳥の渡来

昨晩から今朝は冷えました。鳥の水は凍っているし、庭には薄く雪が積もっていました。でも日中は昨日より暖かくなりました。

毎日夏鳥を探していますが、やはり夏鳥の代表はコマドリ、キビタキ、オオルリ、コルリでしょう。そのうちようやくコルリのメスが来たことを24日に確認できました。この他にも24日には急に野鳥の数が増えました。そして今日25日も夏鳥の探索です。
渓流の脇に動くものが。今日は撮影する気なのでカメラを据えていました。望遠で覗くと、オオリルです。今季初めての出会いでした。証拠写真は撮れましたが、渡って来てすぐのため落ち着かず動くし、囀りません。
オオルリ_00200425

場所を変えて昨日コルリのメスが居た場所でカメラを構えていると、1時間は待ったころにようやく小鳥が現れました。姿、特に目がくりくりっとしていて、ルリビタキのメスにとっても似ていますが、動きはまったく異なります。地面を目立たぬように動きますので、ルリビタキとは動き方が違います。でも、どちらか自信はありません。
新芽が出てくるとコルリの雌を目撃するのはとっても難しくなります。この場所は去年営巣した所で、同じ巣穴の周りをうろついてますので、今年も使うようです。すると数日の内にはオスも現れることを期待します。
コルリ_00200425

コルリ_00200425_01

尾羽が青いところにはコルリ、ルリビタキ同じなようです。
コルリ_00200425_02

コルリ_00200425_03
スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -