FC2ブログ

フクロウ探鳥3日間の結果

八ヶ岳に来ています。暖かいので積雪はありません。早速夕方からフクロウを探しに出掛けました。この界隈ではなぜか分かりませんが、明るいうちからフクロウが飛び始めて草原で餌のネズミやヒミズを探すのです。ポイントに来ると入り口付近に観光バスが止まっています。嫌な予感。案の定、沢山の人が外に出て、カメラを据えています。フクロウはとっても用心深い野鳥で、車なら近くに来ることがありますが、人が立って居ると近くには決して来ません。少人数で車に乗ってフクロウを探すのは良いが、集団でバスから降りるとまともな撮影できる近距離には来ません。この日も当然500mくらい先に止まっていました。遠すぎます。先日はコミミの場所にバスに乗った集団が現れました。この辺りは有名になってしまい、ツアーを募るところが出始めています。マナーは守っていただかないと、周辺の農家の方々ともめ事を起こすことになりかねません。農閑期で何も作ってなくとも、畑には決して入らない、
トラクターの往来を邪魔するような車の止め方はしない、野鳥を追いかけまわさない、ですかね。
フクロウ_00200110_04

そして二日目は7時に出かけてまたフクロウ探しです。今日は2個体が草原に出ていました。遠くて写真になりません。なんとか飛んでいる姿をカメラに収めたいのですが、車内から手持ちのため上手く撮影できませんでした。止まっているフクロウなら営巣中であればいくらでも撮影できるのですが。千葉の里山にはフクロウがどこにでもいますので、営巣中に見張り番をやるフクロウを撮影することができますが、明るいうちに飛ぶことはめったにないので、飛ぶ姿は八ヶ岳ならではです。二日目は遠いですが、昨日よりは近いフクロウを撮影できました。
フクロウ_00200110

飛び出して別の木に移動しました。
フクロウ_00200110_01

フクロウ_00200110_02

フクロウ_00200110_03

フクロウ探し3日目。朝から出かけると遠い石の上に止まっておりました。これで3日連続でフクロウが明るいうちから草原で狩りをしています。探鳥のたびに何羽か現れていますので、よほどエサが取れないのでしょう。この冬は、夏の猛暑と秋の大雨などで小鳥のエサの実が少ないのでネズミも減っている可能性があります。
フクロウ_00200111

飛んでは場所を変えて3度ばかり草原に降りて狩りをしましたが、エサはとれていません。
フクロウ_00200111_01

フクロウ_00200111_03

フクロウ_00200111_08

フクロウ_00200111_05

飛ぶ姿です。コミミよりももっと地面の近くを飛ぶので、背景がうるさく写り込みました。
フクロウ_00200111_02

フクロウ_00200111_04

フクロウ_00200111_06

フクロウ_00200111_07

フクロウを観察に出かけると遠方からバードウォチングにきている方がたくさんおられます。今日はドイツ人が来ておりました。でも、残念ながら今季の冬鳥は最悪です。12月にはいろいろな冬鳥が入ったのですが、今はどれもいません。居るのはベニマシコくらいです。そのため八ヶ岳からさらにプチ遠征しないと冬鳥を撮影できません。
スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -