FC2ブログ

ヒレンジャクとキレンジャク

12月からレンジャクを探しておりました。八ヶ岳にも群れは居るのですが、エサが少ないためか群れが飛び回ってどこで出会えるか予想がつきません。仕方ないのですこし遠征して餌場を見回りました。富士見にあるこの公園にはたくさんのヤドリギがあり、実もたくさんついていますが、レンジャクはまだ来ていないようです。
2020011019343194a.jpg

20200110193516cea.jpg

ところでヤドリギの実はレンジャクの好物で、レンジャクの糞はとっても粘着質のため糞が木に付いてそこでまた芽吹くのです。

さらに車を走らせて次の場所に移動です。途中コンビニ弁当を食べながら冠雪した八ヶ岳と諏訪湖が綺麗だったので、パチリ。
20200110193536a9c.jpg

現場についてみるとヤドリギの状況を見るまでもなく、20人ほどのカメラマンが木を取り囲んでいます。ここには実がまだ残っているようですが、かなり少なく後数日で食べつくして移動するでしょう。2年ぶりの出会いでした。
レンジャク_00200110

レンジャク_00200110_04

レンジャク_00200110_06

レンジャク_00200110_05

ヒレンジャクに混ざってキレンジャクも何羽かいます。尾羽の先端が赤いのがヒレンジャク、黄色いのがキレンジャクです。本州ではヒレンジャクが多いのです。
レンジャク_00200110_07

レンジャク_00200110_11

レンジャク_00200110_12

レンジャク_00200110_13

ヒレンジャクとキレンジャクはその他にも区別できるところがあります。次の写真はヒレンジャクです。まるで「市川 団十郎にござりまする」。
目の周りの黒い隈取りが冠羽まで伸びているのがヒレンジャクです。
レンジャク_00200110_01

これはキレンジャクです。冠羽には黒い羽根はありません。
レンジャク_00200110_02

来月には甲信越のエサを食べつくして、千葉まで移動してくるでしょう。
スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -