FC2ブログ

イヌワシがクマタカに

本来なら今日は伊吹山に遠征して、イヌワシを撮影する予定でしたが、天気予報によると山頂は風速10m以上の風のようで三脚も倒されそうな強風予報でした。諦めて千葉に移動の途中にクマタカ場に行って来ました。ここは有名な場所なのですが、訪れるのは初めてです。自分の足で登るなら八ヶ岳にも営巣場所を見つけているのですが、億劫になってしまいました。

8時前に現地に着くと既に8名のカメラマンが構えておられたので、ご挨拶して加えていただきました。8時からしばらくはさっぱり動きはありません。2時間は何もなく過ぎたのですが、10時過ぎころからはオスメスの親鳥が動き始めました。八ヶ岳のクマタカは、10時過ぎにならないと飛ばないですが、同じです。やはり地表が温まり、風が地表近くで吹くようになってから飛ぶようです。前にも書いたかも知れませんが、磯釣り師は「風と坊主は10時から」(風は10時から吹き始めるので、早朝良くても10時頃から用心が必要で、10時から釣りに来る人は魚が釣れず、ボウズになる)。ここは八ヶ岳よりは近くを飛ぶので、500枚以上撮影しましたが、どれも同じようなシーンになってしまいました。期待していた餌を運ぶ姿はありませんでした。

まず現れたのはメスだそうです。右翼の第4風切り羽の先端が欠けているのが目印だとか。
_0190530.jpg

_0190530_01.jpg

_0190530_02.jpg

_0190530_03.jpg

ここからオスですね。クマタカはメスの方がわずかに大きいらしいが、並んで飛ばないこの時期は見分けがつきません。
_0190530_04.jpg

_0190530_05.jpg

_0190530_06.jpg

この場所はクマタカまで近いので知られていますが、下から上向きの撮影に限定されるようです。

スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -