FC2ブログ

久々の大阪

育った故郷の大阪です。なん年ぶりだろうか。現役時代に取引先に招待されて甲子園球場に来て以来だから、5年ぶりくらいか。
今回は高校の同窓会です。大学院生時代に一回あったきりで、今回が二回目だから44年ぶりか。今日は関東は曇りですが、飛行機が上昇するときれいな雲海でした。


伊丹空港から昔は無かったモノレールで蛍池に行き、そこから阪急で梅田に出ましたが、全く変わっていて、迷子になりながら会場にたどり着きました。昔の阪神、阪急百貨店が見えないし、ガラが悪かった北側は再開発されて、きれいな街に。


驚いたのは、出席者がなんと160名強で、三人に一人は出ていることになります。ものすごい出席率ですね。


全く忘れていた世界で、会って名前を聞き、話しているうちに記憶が蘇って来ます。懐かしかったのは、恩師の英語教師のHTJ先生がご健在だったことです。当時、学校の先生全般をバカにしていたのですが、高校に入って一年生の担任がこの先生でした。彼の英語力は、訳すと同じに見えても細かなニュアンスの違いなどを教えてくれて、プロとは何かを学び、その後の人生に多大な好影響を受けて、今の自分が形成されました。
もう一人、体育の先生。随分喧嘩しました。ある時、小生が我慢ならず職員室に怒鳴りんで行き、何時間が二人で話をし、随分相互に理解できました。それ以来、小生を応援してくれました。

中学時代からの旧友とも、会えました。彼が繰り返し言うには、ライバル心で小生には絶対負けたくなかったと。人生に勝ち負けなどないのですが、中高生なら仕方がないでしょう。こんなコメントも上から目線になってしまってますね。反省!

昔の憧れのマドンナも今では普通の婆さん。ガッカリ!もっと期待していのに。でも、会えて嬉しかったです。
スポンサーサイト

クリスマスローズの育苗とツミ

白と紫の花のクリスマスローズはたくさんあるのですが、新しく買ったピンクの株は一株しかないので、種を採取して増やしていました。

発芽した苗を一株づつに分けて、大きめの鉢に植え替えていたら、大分大きく育ちました。調べると今頃からは強い日差しになるので、日陰に置いておく方がいいらしい。


種からなので一気に数が増えました。全部で40株も出来ました。八ヶ岳の清涼な気候がとっても合っているようで、大勢に育つのでクリスマスローズでグランドカバーにする計画です。

昨日も今日も最高に良い天気ですので、何か野鳥を撮影したいのですが、フクロウは終わったし、キビタキ、サシバは飽きたし、アオハズクは退屈。サンコウチョウの山はヤマヒルが大発生だというし、今季のツミでもちょこっとだけ見に行きました。もう抱卵に入ったようで、とっても動きが少ないです。しばらく待つとオスが獲物を運んできましたが、一瞬見えただけでした。可哀そうに足に雀を押さえています。
_0190517.jpg

今年も玉ねぎは失敗

ジャガイモはすくすく育ってますが、少し緑が薄いように見えます。元肥は、牛糞に鶏糞なんですが、鶏糞は窒素が足りないみたい。化成肥料をまいて水をやっておきました。そこで気がついたのですが、鶏糞では玉ねぎの長い生育期間は、持たないのでは?しかも、窒素が不足するのでは?


玉ねぎ栽培はここ何年も失敗続きです。今年も苗が十分育たず。有機肥料だけの栽培をあきらめて、真冬に化成肥料を追肥したのですが、また、ダメでした。手入れする意味がないので、雑草もそのままにしてあります。


思えば、上手くいかなくなったのは、籾殻が手に入りにくくなって、マルチを籾殻から黒のビニルシートに変えてからですね。そこで色々調べてみました。多分最大の問題は、ビニルマルチの下にまいた化成肥料は、乾燥してしまい肥料として効果がないのではないか。

そこで次回の改良は、
1. まず石灰を多めにして、pHをもっとアルカリ側にしてみます。
2. 肥料で窒素分を少し増やそうと思いますので、鶏糞に油粕を元肥に加えます。
3. 追肥は化成肥料ですが、ビニルマルチの下に入れたのでは、雨に当たらずそのまま残っているので、多分効いていない。株間に穴を空けて、追肥して、土を被せて水撒きします。

みたびフクロウだが

今朝は6時にはフクロウの営巣地に着いて、早朝の給餌シーンを狙いました。現地に着くと既に10人以上のカメラマンが来ていました。知り合いに挨拶して仲間に加えてもらいました。一番子は二日前に、二番子は昨晩巣立ちしたようです。親鳥がどこで餌を与えるか分かりませんので、大型レンズはやめてタムロンSP150-600と軽量な三脚で機動性を重視しました。

メス親鳥はオスが餌を運んでくるのを待ちわびて、活発に移動しますので、撮影はしやすいのですが、同じような写真にしかなりません。
_1905111.jpg

_1905111_01.jpg

_1905111_02.jpg

雛鳥はお腹を空かせているのか、これも活発に動きました。ほとんどが葉の陰になったり、枝かぶりなのですが、わずかなチャンスに抜けて見える瞬間がありました。
_1905111_03.jpg

腹が空いたのか、木の葉を食べるように嘴でちぎっていました。これも練習なのでしょう。
_1905111_04.jpg

_1905111_05.jpg

そしてようやく親鳥が餌を運んできて給餌を始めました。が、二番子への餌やりはまったくの木の陰で、ちらちら動くのが見える程度です。撮影できません。二番子への給餌のあとは、一番子のところにやって来て餌を与え始めましたが、残念なことに雛はわずかに移動して葉の陰になってしまいました。
親鳥がモグラを持っているのが見えますか?
_1905111_07.jpg

嘴で肉を細かくちぎって雛に与えています。
_1905111_08.jpg

残念ながら、わずかな葉っぱが邪魔していています。給餌が終わったらしばらく動きはないだろうと8時には家に帰りました。

またフクロウの営巣

今日も又フクロウの営巣を訪ねました。フクロウは珍しいようですが、意外とそうでもなく、千葉の里山でもよく鳴き声が聞こえます。ただ、人が近づける営巣地はそう多くはないでしょう。

フクロウは動きが少ないので、今年も過去と変わりのない図柄になってしまいますが、それでも小生も含めてカメラマンが何人か居られました。
今日は巣立ちが近い雛が、樹洞の入り口まで出てきて外を眺めています。
_0190509_01.jpg

親鳥を探すと暗い葉の陰に居ました。
_0190509.jpg

親鳥の餌運びを期待したのですが、今日も動きはなく、何の変哲もない記念写真になりました。

フクロウの営巣

今日はとっても良い天気になりました。風邪が少し残っており、まだ体がだるいのですが、勿体無い天気なので近くにフクロウの雛の状況を見に行きました。他のもう一箇所の営巣は、今朝巣立ちしたらしいが、そちらは巣箱なので絵にならないし、カメラマンも殺到しているだろうから、自然木の木洞の方の巣に行ってみました。

雛は大分大きくなり、時々巣穴から顔が見えています。でも、暗い森の中なので、撮影しにくかったです。雛は二羽以上居るみたいです。
_0190508.jpg

親鳥は近くに止まってるはずですが、姿は見えません。粘って待っていれば親の餌運びが見られるでしょうが、風邪でしんどいので午前中で切り上げました。

リフォーム 二日目。窓枠の剥がれた合板の表層を剥がして新たに張り替えが終わりました。素材は住友化学製の戸外でも使える樹脂だそうで、日光には強いらしい。


小リフォーム

窓枠の合板の表面が剥がれてしまっています、これは窓の結露が原因かと思っていたら、もっと悪いのは日光だそうです。それで北側は起きてないのに、南側は激しくめくれています。


修理は高そうなので相談してみました。根本的には窓枠を外して枠ごと取り替えるらしいが、この作業は壁紙まで貼り替えることになるし、結構な工事になるそうです。今更古い家にあまり金をかけたくない。より簡単で、安価にできる方法を提案されました。採用したのは、合板の表面だけを剥がして、シーラーを下塗りした後に新たな樹脂製のシートを貼るそうです。これだと窓 8つで三日でできます。今日は、合板の表面を剥がす作業ですが、下地の木が健在なのでよかった。


出窓部分もきれいに剥がされてます。


今日はこれにパテを塗って、シーラーを塗って終わり。

少しは働かないと

アカゲラの巣穴掘りは今日で9日目。まだ、掘り進んでいます。

随分暖かくなったので、家庭菜園も頑張らねば。
ジャガイモは随分大きくなりましたので、枝を二本にしてイモを太らせるため間引きしました。


下準備を終えていた畑 三畝に苗を植え付けました。ナス 三種類、ピーマン、トマト、キュウリ、カボチャ、ズッキーニ、ゴーヤ、バジル、インゲン、里芋です。


まだ、畑が余ってるので何を植えるか迷っています。
その前に明日は草刈りせねば。

庭の夏鳥 第二陣

アカゲラの作業は今日で8日目です。巣穴に入って中で削り続け、木屑を外にまいています。
_0190505_05.jpg

_0190505.jpg

昨日から風邪気味なので出かけるのはやめて、部屋の中から庭を眺めていると、今朝は夏鳥第二陣がやってきました。
コムクドリがやってきて巣箱を覗いていました。
_0190505_01.jpg

渓流脇にはクロツグミが来てました。彼も常連です。
_0190505_04.jpg

コサメビタキもやって来ました。
_0190505_10.jpg

初めて庭に来たのがガビチョウです。だんだんと標高の高いところまで住むエリアを広げて来たようです。まあ、囀りがきれいだからいいか。
_0190505_08.jpg

ついでにイカルもパチリ。
_0190505_07.jpg

最後は、イタチでした。
_0190505_09.jpg

後は、カッコウ、ジュウイチ、ホトトギス、サンコウチョウとコルリを待つばかりですね。

青い鳥を求めて

アカゲラの巣作りは今日で7日目。朝から陽が沈むまでオスメス交互に巣穴を掘っています。
もう体がすっぽり入る広さになったので、中に入って部屋を広げているようです。
_0190504.jpg

オオルリ、ルリビタキと青い鳥に会えましたが、今季もコルリには出会えていません。去年はコルリがたくさん居る場所を見つけたのですが、どれも藪から出てこないので、見ただけで、撮影はできませんでした。コルリは渡って来てすぐは、藪から出て囀るが、ペアーができてしまうと藪から出ないとありますので、去年訪れた5月20日過ぎでは遅すぎたようです。一方コルリがやって来るのは連休明けのようなので少し早いがコルリ場に行ってみました。ここは誰もカメラマンが居ない場所です。

現地に着くと芽吹きが遅れていてまだ全くの冬枯れの景色でした。今年は夏鳥が少し遅れていて、去年の今頃はサンショウクイはもう営巣し始めて、オオルリやキビタキはしきりに囀っていたのですが、今年はまだやって来たばかりのようで縄張りもできていないらしいし、囀りはほとんどしません。そのためかコルリの囀りはゼロ、もちろん姿はなし。今年はまだ到達していないのかも知れません。居たのはオオルリとキビタキでした。ついでに寄り道して八岳の滝に寄ってみると、渓流は完全に埋まって、道は全くなくなっていました。新たに道を作り直しておりました。今季は近寄れません。来年はどうなりますやら。

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -