FC2ブログ

三ヶ月ぶりにゴルフ

真冬と真夏はゴルフはしない上にこの冬は練習もサボっていました。三日前に練習に行ったら散々で、特に長いものが芯に当たらない。

今日は天気に恵まれ申し分ない。真名カントリー、ここは広くて気持ちの良いコースで好きなのですが、朝看板を見ると今日は高麗芝グリーンだと。あぁ心配。


案の定、ほとんどが三パット。小生だけだなく共もとっても苦しんでいた。芝目がきつく、逆目、順目がはっきり分からないととんでもない曲がり方をするし、順目の下りなどは最悪。スルスルとカップを通り過ぎて1m以上行きすぎることしばし。そしてその返しが大変で、皆んな1m程度のパターが入らないのです。カップの縁でボールに勢いがなくなると芝目に押されて、クルッと曲がる。肝心のショトは不思議なことに、練習ではダメだった長いものが調子よく、アイアンは引っ掛けたりダフったり。それでも100台でなんとか収まった。開幕にしてはまあまあかな。

ところが事件がおきた。朝カートに乗る時に目の前に「リモコンを無くされた場合、5万円を保証金に頂戴したします」と書かれたカードがある。なんども来てるのに始めて見た。その訳は後で分かることになった。
リモコンは小生が担当なので、ベルトに付けようとすると金具はゆるゆる。普通は金具が固くてベルトに入れにくいものだが。そのためプレー中に3度も落とした。一、二度めは足に当たったりしたので気がついたが、問題は3度目の落下に気がつかなく、8番ホールを終えたところで無いことに気がついた。

上がってきて係員に告げると、全員が同時に「紐をベルトに通してから金具をベルトに掛けます。皆さんそうしておられます」と。これには驚いた。紐をベルトに通している人などこれまで見たこともない。どうやら同種の紛失事件が度々起きていて、係員に対応を指導していたようだ。不愉快なのは、こんなゆるゆるの掛け金具を修理もしないで使っておいてその責任を全て客に押し付けるゴルフ場の態度であった。自分に都合の良いルールを個人に押し付けるのは、どの法人も同じか。

風呂に入った後仲間とコースをたどって探すと、やはり8番ホールのスタートのカートの停車場付近に落ちていた。見つからなければ5万円だそうだ。こんなちゃちいリモコンが5万円?リモコンが落ちやすいのならその旨を明記して、ベルトへの付け方を指示しておくべきでは無いのか。
スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -