FC2ブログ

チーズとチキンの燻製

今日から下り坂ですが、千葉は夜までは天気が持ちそうです。そこでデッキの上で久しぶりに燻製を作ることにしました。

チーズの燻製が最も喜ばれますので、これをホワイトデーのお返しにします。チーズは雪印のファミリアチーズです。カットされていないチーズを置いてあるスーパーは少なく、ちょっと離れた所まで買いに出かけます。


コストコで他のチーズのブロックを買ってきて試したのですが、チーズが溶ける温度が低いものが多くて、形がいびつになってしまいました。このチーズが作りやすいし、ウィスキーのお供にぴったりです。温度は60℃台に保たないと柔らかくなって形が悪くなってしまいます。


今日のチップは、ヒッコリー、ベーコンを作った時の余り物ですが、チーズに合うか分かりません。


チーズの余ったスペースでついでに鳥もも肉も燻製しました。塩、胡椒をして一晩冷蔵庫で馴染ませます。水での塩抜きはしないので、塩は一つまみ程度をなじませます。これを70℃くらいのお湯で30分火を通しました。その後、燻製炉内で熱して乾燥させてから煙を掛けました。火は通っているのでこの時温度を上げる必要はありません。

ソラマメの救出

春になってやっぱり雨が多いですね。木曜日は雨のため一日中部屋でテレビ。金曜日は畑はまだドロドロ状態なので、もう少し水が引いてから野良仕事をしようと土曜日に野良仕事を始めました。

ソラマメとエンドウが雑草に埋まりつつあります。春の陽射しと畑の肥料を利用して、畝の脇の雑草はものすごい勢いで伸びてきます。


千葉の天気は下り坂なので、今日中にソラマメを雑草から救出しないと。
まずは、雑草を根こそぎ取りましたが、粘土質のためこれだけで4時間弱かかりました。


お次はジャガイモ畑に牛糞、鶏糞をたっぷり入れて耕運機で土とよく混ぜて、種芋を植える穴を掘っておきました。


女房殿の故郷の菜っ葉、かき菜を間引いていなかったので密集してしまいました。もう遅いですが、今からでも間引きましたが、大きくなり始めたかき菜がもったいないので、ホウレンソウの後に植えておきました。この菜は強いのでこれでも大丈夫でしょう。


これで当面必要な畑作業は終わりです。9時から4時過ぎまで作業をして腰は悲鳴をあげています。次は、四月末に実物野菜を植える準備まで一休みです。

赤のルバーブ

軽井沢でカシス農園を営んでいる友人が赤いルバーブも栽培しており、その苗を分けてもらった。青のルバーブの苗は、八ヶ岳界隈ならどこでも
手に入るが、赤は門外不出なのかホームセンターなどでは売っていない。女房殿は青のルバーブは栽培して、ジャム作りを楽しんでいる。千葉では珍しいので、喜ばれるらしい。でも、青のは正確にはくすんだ緑色のジャムになるので、色はさえないので、前から赤の苗を探していました。

千葉の古い友人が脱サラして軽井沢に移り住み、農園で赤を栽培していることを知り、頼んでみたら千葉の家までわざわざ持って来てくれた。なんでもレッドシャンパーニュと言う種類らしく、友人はフランスから直輸入したらしい。
随分大きな株なので、植えるときは株分けして植えたら良いと教わった。全部で10株くらいはありそうだ。しばらくは千葉の畑に植えておいて、もう少し暖かくなってから八ヶ岳の庭に植えよう。


オシドリは北に帰り始めた

雨の合間の晴れ間。暖かいのでそろそろゴルフの練習を始めようかと思うが、せっかくの晴れ間なのでオシドリ池に行ってみました。
春なのでオシドリは随分北へ帰ったようですがまだ少し残っています。この辺りでは一部は留鳥として残って、子育てするものもいますが、問題は巣になるような樹洞がある大木はほとんどないことです。そのためか鉄骨橋梁に営巣しているものがいます。

2019-03-05-01_00001_01.jpg

2019-03-05_00001.jpg

2019-03-05-01_00001.jpg


いよいよ春野菜の季節

今日土曜日は陽射しが強くいよいよ春野菜のシーズンが開幕したのがお日様から伝わって来ます。畑はやはりジャガイモから。

草で埋まった畑を耕して除草するのですが、これが一番厄介な作業です。ここ千葉は関東ローム層のため粘土質で雑草が手では抜けないのです。スコップで掘り起こして、絡みついた土を手で揉みながら落とします。


ジャガイモには向いていない土質であり、ジャガイモ農家はありません。せいぜい自家用に栽培する程度です。八ヶ岳南麓はジャガイモにとっても適しており、気候が清涼なためか葉は1m以上伸びますし、ジャガイモは大人の男のコブシ大がぞろぞろできます。一方千葉は、その半分程度の大きさで、皮肌はきれいではありません。

三時間近くかかってやっと草を抜く作業が終わりました。


ジャガイモは石灰をまく必要はないし、種芋は芽出ししてから植えるのであとはゆっくり堆肥をすき込むだけです。

ベニマシコを探して結局ヒクイナ

千葉に移って数日、ここではそろそろ畑の準備を始めないといけませんが、昨日の雨で畑の土はドロドロで重い。もう少し水が引くのを待った方が良さそう。そんな訳で今日は探鳥に出かけました。そろそろベニマシコは婚姻色になり始め赤く綺麗になってるはずですが、鳥の数がとっても少ないので出会えるやら。

タムロンSP150-600を肩から下げて歩き回ってベニマシコを探しました。沼の周りを歩き回って、10000歩以上。結局 ベニマシコは見つからず、写せたのはヒクイナだけでした。ヒクイナは何度か見てますが、撮影するのは初めてです。

追伸
このブログをご覧になって頂いてる方から指摘がありまして、ヒクイナではなくてバンでした。修正指摘ありがとうございます。
2019-03-01_00001.jpg

2019-03-01_00001_01.jpg

それにしてもこの写真は、解像度が悪い。遠くでもないのに、何かスッキリしない画像ですね。原因は、レンズ?腕前?
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -