FC2ブログ

身近で野鳥はこれしかいない

 降り続いた雨が上がったものの千葉は午前中は濃霧と曇り。野鳥撮影に出かけたいが、今の時期は野鳥はほとんどが営巣し、抱卵しているために動きが悪く撮影できる対象がとっても限られます。仕方ないので、近場で早朝から撮影に出かけました。フクロウの雛が巣立ちしているはずです。現場に着いてみると既に人で一杯。この場所は年々人に知れ渡り、カメラマンがものすごく増えています。昨日の日曜日は100人くらい居たらしい。
 尋ねると雛は昨日巣立ちしたそうです。雛は葉陰に遮られて見通せない場所に移動してしまっていました。4時間は待ったでしょうか。少し移動したもののどこからも見通せません。多分これが一番子でしょう。ほとんど目を開けません。
18-05-14_00001.jpg

少し離れた散歩道のすぐ脇に二番子がいましたが、ほとんどのカメラマンは知らないようです。そっとスマホで撮影できる距離でした。
18-05-14_00001_01.jpg

少し離れた木の高いところで母さんが見張っています。雛に人が近づいても威嚇してきません。人慣れしてしまっているのでしょう。「仕方なく」と最初に書きましたが、フクロウはこんな図柄にしかなりません。ダイナミックな動きはないので飽きるのです。とってもラッキーな方は、明るいうちの給餌風景を撮影された方もおられますが。昨日はそんな給餌場面を撮影しようと頑張った方がおられ、6時半に給餌したそうですが、真っ暗で全く絵にならないと。
18-05-14_00001_02.jpg

この後はツミの様子を見に立ち寄りました。今年は営巣がとっても遅れています。ようやくメスが巣に入ったようです。オスは餌を獲って来て、しきりにメスを呼んでいますがメスは出てきません。お腹が減っていないのでしょう。オスは狩ってきた獲物を枝の上に放置して、暇そうに止まったままで動きません。オスは真っ赤な目がきれいです。
18-05-14_00001_03.jpg

18-05-14_00001_04.jpg

明日も天気はよいらしい。何をして遊ぶかな。
スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -