FC2ブログ

東京で飲み会

久しぶりに会社の気の合ったOB達との飲み会で東京に出かけました。主賓は三月に退職した営業マンで、彼は仕事で口が肥えてしまったのか好きな店を指定してもらったら都内の寿司屋。おかげでこちらは2時間前に家を出る羽目になった。陽が高くなったので、お日様が高い中を飲み会に出かけるのも変な気持ちだ。これも40年勤め上げた特権かな?ここで思いついた。人は40年は働いてないので、人生の半分しか働いてないことになる。人生60年の頃は、2/3は働いていたのだから、現代なら50年は働かないと。日本の経済が伸びないのも当たり前か。なんてことを思っていたら東京に着いた。
場所は薬研堀。なるほどこの界隈は江戸の昔薬問屋や病院が集中していたらしい。金鳥の本社があるし、順天堂の発祥の地でもある。


さて、飲み屋だけど昔ながらの寿司屋。主人がお任せで握ってくれる。常連さんの一人にプロの歌手がいて生声で美空ひばりを歌ってくれた。流石にプロ。小さな飲み屋で生声だと圧倒される歌声でした。天宝ふく丸さんありがとうございます。そんな訳で今夜は飲みすぎました。

近くのチョウゲンボウ

 久しぶりにカワセミの様子見に出かけてみると知り合いのカメラマンが5人来ておられました。最近は抱卵していて餌を必要としないのか餌取りはほとんどしなかったのですが、ここ数日はメスも現れ、再び活発になったらしい。雛が孵ったのではないかとの見立てでした。もうすぐ雛たちがそろう様子が見られるかもしれないです。ところが午前中待つも、オスは現れても餌取りをせず、一度もシャッターを押せませんでした。

午後、靴を買いに行ったついでにチョウゲンボウの営巣の様子を見に立ち寄ってみました。まだ、雛たちは巣立ちしておらず、オスだけが橋の鉄骨に止まっているだけでした。面白くもない構図ですが、記録写真だけ載せておきます。
18-05-16_00001_01.jpg

18-05-16_00001.jpg

ちょっと遠くのヤマセミ

近場の野鳥は撮影しましたので、良い天気そうなのでちょいと遠くに出かけました。50kmはあるかな。千葉のヤマセミの様子を見てきました。まだ、少し早いのですが、ベストシーズンになるとヤマセミ撮影のための隠れ小屋は満員になりますので今頃の方がゆっくり撮影できます。
しかし、早すぎたのでヤマセミの出はとっても悪いです。三時間待ってようやく現れましたが、どこにも止まらず目の前を飛んだだけ。撮影できません。さらに待つこと二時間。ようやく目の前に止まってくれました。ラッキーです。
警戒して冠羽を立てて、空を見上げて居ます。
18-05-15_00001_02.jpg

警戒を解くと、冠羽を畳んでしまいます。
18-05-15_00001_01.jpg

最後にもう一回現れましたので、飛び出しを待って撮影しました。
18-05-15_00001.jpg

身近で野鳥はこれしかいない

 降り続いた雨が上がったものの千葉は午前中は濃霧と曇り。野鳥撮影に出かけたいが、今の時期は野鳥はほとんどが営巣し、抱卵しているために動きが悪く撮影できる対象がとっても限られます。仕方ないので、近場で早朝から撮影に出かけました。フクロウの雛が巣立ちしているはずです。現場に着いてみると既に人で一杯。この場所は年々人に知れ渡り、カメラマンがものすごく増えています。昨日の日曜日は100人くらい居たらしい。
 尋ねると雛は昨日巣立ちしたそうです。雛は葉陰に遮られて見通せない場所に移動してしまっていました。4時間は待ったでしょうか。少し移動したもののどこからも見通せません。多分これが一番子でしょう。ほとんど目を開けません。
18-05-14_00001.jpg

少し離れた散歩道のすぐ脇に二番子がいましたが、ほとんどのカメラマンは知らないようです。そっとスマホで撮影できる距離でした。
18-05-14_00001_01.jpg

少し離れた木の高いところで母さんが見張っています。雛に人が近づいても威嚇してきません。人慣れしてしまっているのでしょう。「仕方なく」と最初に書きましたが、フクロウはこんな図柄にしかなりません。ダイナミックな動きはないので飽きるのです。とってもラッキーな方は、明るいうちの給餌風景を撮影された方もおられますが。昨日はそんな給餌場面を撮影しようと頑張った方がおられ、6時半に給餌したそうですが、真っ暗で全く絵にならないと。
18-05-14_00001_02.jpg

この後はツミの様子を見に立ち寄りました。今年は営巣がとっても遅れています。ようやくメスが巣に入ったようです。オスは餌を獲って来て、しきりにメスを呼んでいますがメスは出てきません。お腹が減っていないのでしょう。オスは狩ってきた獲物を枝の上に放置して、暇そうに止まったままで動きません。オスは真っ赤な目がきれいです。
18-05-14_00001_03.jpg

18-05-14_00001_04.jpg

明日も天気はよいらしい。何をして遊ぶかな。

千葉のフクロウとツミ

  6日ぶりに晴天が広がりました。近くのフクロウの雛を見ようと出かけました。すぐ近場は、先週既に巣立ちしたとの情報があり、もう日にちが経って居ますので、フクロウ家族は森の奥に入って居るかも知れませんが、念のため見に行くと、やはりフクロウもカメラマンも全く気配なし。仕方ないので、もう少し離れたところに行って見ました。ここは巣箱で毎年営巣している場所ですが、雛はまだ巣箱の中で面白みがありません。でも、折角来たのだから証拠写真だけでも撮影しておきました。
雛は巣箱の中で眠そうにしております。近くの木に母鳥が止まって外敵に備えて居ました。これも夕方にならないと多分このまま止まっているだけでしょう。毎年同じような写真になってしまいます。
18-05-11_00001.jpg

18-05-11_00001_01.jpg

 フクロウの場所に行く途中にあるアオサギの営巣です。少しだけ雛の頭が見えています。
18-05-11_00001_02.jpg

 家の中でじっとしているのがもったいないような晴天なので午後も鳥見です。近くの公園にツミの様子を見てきました。まだ雛が居ないので親鳥は餌を運ばず、じっとしているだけでした。これも毎年同じ構図ですね。
18-05-11_00001_03.jpg

18-05-11_00001_04.jpg

タマネギがおかしい

千葉に戻ってから今日もずっと雨。梅雨のような日が続きます。

インゲンは種を蒔いていたのですが、ナメクジに双葉を食べられてしまって全滅です。苗を求めてジョイフルホンダまで出かけました。流石にこのホームセンターは品揃えがいいですね。蔓有りのインゲンの苗は近くの店を探してもなかったのですが、ここには沢山ありました。下仁田ネキの苗もありましたので、雨の合間に植えつけました。

タマネギは、八ヶ岳から帰ってびっくり。球が大きくなってないのに、もう葉が黄色になってしまっています。今年もタマネギは不作です。このタマネギの状態は、お隣のも同じ状態なので、土や苗の問題ではないようです。去年も同じだったのですが、暖かくなるのが早く、球が肥大化する適温である12~17℃の時間が短すぎるのかも知れません。来年からは苗の植え付け時期を、早める必要があるかも。

八ヶ岳の庭の花々

  今日八ヶ岳は朝から雨。明日以降も天気予報が良くないので、もう少しいる予定でしたが、早めて千葉に移動しました。今回は随分野鳥撮影が堪能できました。
サンショウクイが近くに止まってくれたし、クロツグミがまあなんとかそれと分かる撮影できたし、アカハラ、センダイムシクイは初撮りだし。まだ、来ていない夏鳥のコルリ、ジュウイチ、サンコウチョウは次回といたします。それとプロのガイドさんから野鳥情報をいただいて、なんと自宅から徒歩10分にコルリ、15分にサンショウクイが居ることを教えてもらいました。確認に出向くと、確かに、サンショウクイは飛び回ってました。コルリはまだですが。車で出かけなくても良い、灯台下暗しですね。八ヶ岳に住み始めてから野鳥撮影を、始めましたが、本当にここは野鳥サンクチュアリィですね。
このブログは最近、野鳥に偏ってますが、少しは庭の草花のことを記録しておかないと、後でいつだったか思い出せなくなります。八ヶ岳南麓の1200mの高地は千葉より7~8℃くらいは涼しいので、庭の花々が咲く時期は、かなりずれます。
まだ、水仙が咲いてますし、ムスカリは今が盛りです。
ムスカリ

ようやくミツバツツジが満開になりました。
ミツバツツジ

ヤマツツジは咲き始めです。
ヤマツツジ

コナシ(ズミ)も咲き始めました。
小梨

その他、タイツリソウ、オダマキ、ユキヤナギが咲きました。
タイツリソウ

オダマキ

ユキヤナギ

白雲木は植えて5年目ですが、いままで一度も花を付けませんでしたが、今年は花芽が一つだけできていました。
オオヤマレンゲは6年目ですが、未だ一輪の花も付きません。

カモシカとコマドリ

明日から下り坂ゆえ混雑覚悟で有名な野鳥撮影場所に行ってきました。ここは餌付けコマドリが有名でしたが、ついに県が乗り出し餌やりを禁止しました。コマドリのお立ち台の丸太が撤去され、緑のネットが張られ、警告が貼ってあります。



簡単に飼育コマドリが撮影できた場所でしたが、朝6時から三時間待ってようやく野生のメスが現れ、次に野生のオスが現れました。9時過ぎるまで囀りも聞こえませんでした。コマドリを待つ間、ミソサザイが至近距離でしきりに囀って居ます。ここのは囀る時に尾羽を広げませんね。不思議
18-05-06_00001_11.jpg

その直ぐそばでセンダイムシクイが営巣のため巣材を繰り返し運んでいます。結構可愛い目をしてますね。
18-05-06_00001_08.jpg

18-05-06_00001_10.jpg

待つ間に目の前にカモシカが現れました。望遠では顔しか入りませんので、i phoneで撮影です。10mも離れていないのに、全く人間を無視です。


望遠だとこうなります。
18-05-06_00001_01.jpg

三時間以上待ってようやく囀りが聞こえ、その場所で待っているとまずメスが、次にオスが現れてくれました。待つ間、数人のカメラマンが諦めて帰られました。渓流沿い全体のどこに現れるか分かりませんので、探し回るしかありませんし、以前のように場所取り合戦も必要ありません。喧嘩も起きないでしょう。
まずは地味なメス。
18-05-06_00001_03.jpg

次はオスですが、同じような写真ばかりですが、知人への情報提供を兼ねていますのでご容赦ください。850mm望遠でこの大きさです。残念ながら囀ってくれません。
18-05-06_00001_05.jpg

18-05-08_00001.jpg

18-05-06_00001_04.jpg

18-05-06_00001_06.jpg

18-05-06_00001_07.jpg

バードウオッチングのマイポイント探し

今日も良い天気で野鳥撮影日和なのですが、連休真っ只中のため有名なバードウオッチングの場所は混雑して居るでしょう。サンコウチョウのように私だけのマイポイントを作ろうと山の中を小鳥を探して歩き回りました。コルリやコマドリが居そうな高度の高い所で渓流沿い、かつ熊笹の多い場所を三ヶ所ほど歩き回りました。八ヶ岳南麓には、オオルリ、キビタキ、クロツグミなどはどこにもいますので、マイポイントの対象にはならないのです。

結局、見つからなかったのですが、そのかわり滝を見つけました。
山道を歩き回ったので疲れました。


連休が終わったら有名場所に様子を見に行こうと思ってたのですが、どうも週明けは元気が悪いらしい。明日は連休最終日なので、皆さんはお帰りになるだろうから、混み方は少しはましだろうと、コマドリでも撮影に行くつもりです。

高原でもそろそろ畑を作らねば

今日の八ヶ岳南麓はものすごい混雑で、主たる観光スポットでは駐車場に入る車の列が出来るほどです。買い物に長坂まで下りると、高速から降りる車で交差点が信号待ちの渋滞。

午前中に少しだけ野鳥を探しに行って来ました。コマドリポイントにはミソサザイだけで、コマドリは居なかった。どうやらここのコマドリは去年足を怪我して居たので死んだかもと知人の情報です。ここは連休でも先行者はゼロ。コルリポイントには、キビタキ、オオルリだけ。ここも一部の人だけ知っている場所なので、他に人は居ませんでした。そしてサンショウクイの場所に行ってみると、4人もバーダーがおられました。その上プロのガイドさんが二人。これはここでは大勢です。この場所は時々車が通るので、カメラを据えていると通りがかりの人にすぐに見つかってしまうので知れ渡ってしまいます。

サンショウクイが巣作りに励んで居ました。
18-05-04_00001.jpg

18-05-04_00001_01.jpg

時々イカルがやってきます。逆光でおまけに手持ち撮影で、ボケ写真です。
18-05-04-1_00001.jpg

野鳥を追いかけてばかりでしたが、そろそろ畑も作らないと間に合わないので、午後は野良作業です。ジャガイモの連作を避けるために新たに畑を作りました。ストーブにたまった草木灰、牛糞、鶏糞を入れて出来上がり。ここ1200mの高原では今頃ジャガイモを植えます。


去年のジャガイモ畑も堆肥と鶏糞を入れて耕しておきました。ここでは5月の連休中にも雪が降ることがありますので、こちらは20日ごろに夏野菜の苗を植える予定です。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -