FC2ブログ

散歩で野鳥 瑠璃のお嬢さん

千葉は自然豊かなところで、ご近所散歩でも野鳥を楽しめます。
今日は午前中は10日ぶりにゴルフの練習、午後は近くの公園にTAMRON SP150-600片手に探鳥散歩しました。

ノスリがすぐ上を飛んでいきました。オオタカも居ましたが、撮影できず。
18-02-14_00001.jpg

日陰のブッシュの周りにチョロチョロ小鳥が動いています。日向に出てきたところを撮影すると、ルリビタキのメスでした。この鳥はあまり人を怖がらず、じっとしていれば目の前に出てきます。ビタキは目が大きくてかわいいですね。
18-02-14_00001_02.jpg

18-02-14_00001_03.jpg

ハイイロチュウヒ なかなか満足いきません

今日は晴れ、微風。やっぱり2月になると陽ざしが強く、温度以上に暖かく感じますね。陽気に誘われて今日も鳥見なのですが、近場の印旛沼には何にもいない。そこで少し足を伸ばしてハイチュウ ポイントに移動です。

現地に着いて握り飯を食っていると、目の前にハイチュウが。慌ててカメラに寄るも、撮影できたのは後姿だけでした。ここは狩場ですから昼の1時前でも飛ぶのですね。
それから待てど、ハイチュウは現れず。この場所は成田空港発の航路なので、次々に飛行機がやって来ます。見かけない派手な塗装の飛行機なので撮影して確認すると、ベトナム航空でした。この後シンガポール、ドイツ、中国、日本航空、全日航など次から次に頭の上を通過していきます。あっという間に3000人以上の人を世界に運んでいることを実感しました。
18-02-13_00001_04.jpg

飛行機を撮影しても切りがないので、トビの遊びを撮影しました。
まずは、チョウゲンボウにちょっかいをかけるトビ。
18-02-13_00001_02.jpg

トビ同士の縄張り争い。
18-02-13_00001_03.jpg

4時前になってようやくハイチュウが現れました。
18-02-13_00001.jpg

18-02-13_00001_05.jpg

何か獲物を見つけたようです。
18-02-13_00001_06.jpg

18-02-13_00001_07.jpg

18-02-13_00001_08.jpg

今一納得のできる撮影ではないですが、満足な写真がそんなに簡単にできるとこの趣味は長続きしませんよね。できれば、こちら向きに狩りをして、足に獲物を捕らえて飛んでほしい。もちろん目の前で。too demandingでアホカと言われそうですね。でも、こんな期待ができる鳥は、繰り返し撮影する気になりますが、そうでないものも多いですね。たとえば雀。

坂田が池の野鳥

今日は風が強いので、印旛沼散歩はやめて、丘陵公園の坂田が池公園に出かけてみた。
カメラを肩に歩くも何にも出会わない。仕方ないのでオシドリでも撮影しようと池まで下りたが、これもいない。
水鳥は好きではないが、目の前に居るので撮影してみた。いずれも初撮りになります。

図鑑と見比べないと名前が分かりません。これはハシビロガモのオスらしい。
18-02-12_00001.jpg

コガモ
18-02-12_00001_01.jpg

カルガモ
18-02-12_00001_02.jpg

こうしてみるとなかなか美しいが、居場所を探す、推理するなどポケモンゴーのようなワクワク感が水鳥にはない。野鳥撮影の面白さの一つが、この推理ゲーム感ですね。

クイナは初撮りですう

孫が東京に帰り、我が家には老夫婦の日常がもどって来ました。朝から暖かいので、ウォーキングを兼ねて印旛沼に出かけてきました。
撮影のお目当ては、赤色の濃いベニマシコなのですが、なかなか出会えません。

知り合いもお二人撮影に来ておられました。野鳥談義をしながらベニマシコを待っていると、エナガの群れが現れたので、練習がてらパチリ。TAMRON SP150-600のAF修理ができたので、その状況をチェックしました。反応が速いとは言えませんが、AFは作動するようになりました。お散歩カメラが復活しました。
18-02-11_00001_03.jpg

18-02-11_00001_02.jpg


目の前の沼の中に水鳥らしいのが出てきました。なかなか、藪から出ないのでうまくは撮れませんでしたが、証拠です。
クイナは初見ではないのですが、関心が薄かったので初撮りになりました。
18-02-11_00001.jpg

18-02-11_00001_01.jpg

ハーフバースデー?

ハーフバースデーってご存知でしたか。誕生日をまず6ヶ月で祝うらしい。今はこんな習慣が出来たのですね。パーティの飾り付けにもちゃんと1/2 birthdayが準備されている。バレンタインデイなどと同じように、ケーキ屋が仕掛けたのだろうか?

こんな飾りつけもセットで売られている。
18-02-10_00001.jpg

ケーキ屋もちゃんとHalf Birthdayと書いている。
18-02-10_00001_01.jpg

爺さん視点では、なんだかなとは思うが、孫可愛さで余計なことは言わない。息子も同じように思ったらしいが、若嫁のペースには逆らえないようだ。でも、孫を中心に楽しい時間を過ごすことができた。まんざら悪いものではない。

孫がしばらく我が家にやって来た

可愛い初孫が5日間ながら我が家で過ごすことになりました。嫁の心遣いに感謝。


でも、孫を迎えるって大変ですね。愛犬の小鉄がいるので、いたずらできないように、まずはサークルを買って来ました。


でも、小鉄はチワワなのでサークルの隙間から中に入れてしまう。コテツ返しにビニル紐を張りました。


これにベビーベッドも買って来ました。


さらに、頂き物のベビー用のラック。


これで我が家のリビングは、とっても狭くなってしまいましたが、嬉しい、楽しい悲鳴ですね。

ちょっと残念な御神渡りからイスカ撮影に

新雪を被っていた御神渡りは迫力がないらしいが、昨日は雪が風で飛ばされて、それらしくなったようなので、諏訪湖に行ってみました。諏訪は底冷えしますね。八ヶ岳の1200mのところより寒い。皮膚にピりっときます。車でゆっくり走りながら目視で探してもそれらしいものは見えず。諏訪湖ランドのところにわずかに所々50cmほどか盛り上がった氷かありますので、携帯で撮影してみました。
諏訪湖ランドの受付の女性に聞くと、低いながらも御神渡りだそうです。写真の白い部分ではなく、その奥にとっても小さいですが、氷が割れて盛り上がった黒い影がそれですと。下諏訪の方がもっと良く見えるらしい。それでも、膝上くらいの高さのようなので、退散しました。


早々に帰って来てまた野鳥です。でも、イスカしかいませんでした。
まずはイスカ夫人の肖像です。
18-02-06_00001_01.jpg

お食事中です。
18-02-06_00001_05.jpg

18-02-06_00001_02.jpg

もうイスカはペアーになっています。次は、旦那さんの肖像。
18-02-06_00001_03.jpg

18-02-06_00001_04.jpg

18-02-06_00001_06.jpg

よく見ているとイスカって、松ぼっくりを取って運んでから食べるのですね。
18-02-06_00001_07.jpg

そして最後に定番の雪山をバックに夕暮れのコミミ。
18-02-06_00001.jpg

薪ストーブのご馳走

薪ストーブは暖かいだけではありません。ストーブでしかできない美味い料理があります。

まずオススメは、ピザです。市販の冷凍ピザでも、十分美味しくいただけます。ただ、専用の鋳物のパンが必要です。冷凍ピザにお好みでたっぷりトッピングするのがコツかな。薪の煙で燻されて、本格的なピザが味わえます。

それと直火に当たらないように、耐火煉瓦などの台で底上げした方が、生地が焦げにくく焼きやすいです。


これは少し失敗作。数分で焼きあがるので、回転させて均一に焼く手間がかかります。


お次は、焼き芋。濡れたペーパータオルとアルミホイルで包んで、炉の中に。ホクホクの安穏芋の出来上がりです。

八ヶ岳で一日中野鳥探し イスカ、マヒワ、コミミなど

今日は朝から一日中野鳥を探していました。朝 9時前で気温は-8℃でした。

目的はベニヒワで、ヒワが多いと所に行ってみると、車が2台留まっていて、やはりベニヒワ探しの人たちでした。話しているうちに、ハギマシコとコミミの場所を教えてほしいと頼まれ、車で案内しました。群馬から3人、TRTさん、NSさん、埼玉からHKNさんです。野鳥写真家方々とのどんどん顔見知りになります。皆さん今日はありがとうございました。また、どこかでお会いしましょう。

小生一人、元の場所に戻ると、目の前の松にイスカが3羽止まっています。一人だけなので、逃げでも良いつもりで10m以内まで接近して撮影できました。
18-02-05_00001_07.jpg

18-02-05_00001_05.jpg

18-02-05_00001_06.jpg

イスカの場所のすぐ近くが、ヒワの場所でマヒワの群れが入っていました。
18-02-05_00001_04.jpg

18-02-05_00001_02.jpg

マヒワに混ざってベニヒワを期待したのですが、そうはいかずベニはゼロでした。代わりにコガラ、ゴジュウカラが混ざっていました。
18-02-05_00001.jpg

18-02-05_00001_01.jpg

一旦昼ごはんに帰ってから、2時過ぎにコミミの場所に行って来ました。
雪山を背景に飛ぶコミミです。
18-02-05_00001_13.jpg

雪原でネズミを探すコミミ
18-02-05_00001_12.jpg

18-02-05_00001_10.jpg

18-02-05_00001_09.jpg

いつも同じようなコミミですが、会心の一枚が撮れません。それでもきっと明日も行きますね。

凍える八ヶ岳のハギマシコ

今日は昨日より随分冷えました。そのおかげで空の青は八ヶ岳ブルーになりました。


ツララも溶けません。


午後からベニヒワ、ハギマシコを求めて出かけましたが、ベニヒワどころかマヒワも全くいない。仕方ないので、コミミの場所に移動して、待っているとハギマシコの50羽くらいの群れが飛んでいます。うまい具合に目の前の草原に下り、色の綺麗なオスがすぐそこです。ファインダーを覗いて、やったと思っていたら、カメラに「SDカードが入っていません」と。がっかりしましたが、待っているとまた群れが目の前に下りました。どうにか撮影はしましたが、先ほどの色の鮮やかなハギマシコではありません。ちょっと残念な気持ちもありますが、今日はこれで良しとしました。
雄雌のハギマシコ。
18-02-04_00001.jpg

18-02-04_00001_02.jpg

18-02-04_00001_04.jpg

少し萩の花の色が見られるオスのハギマシコです。
18-02-04_00001_03.jpg

この後、コミミの出を待ちましたがものすごい寒さに強風となり。たまらず帰りました。

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -