FC2ブログ

カワセミを題材にいろいろ勉強中

今日も池にカワセミ撮影に出かけました。野鳥写真初心者なのでいろいろと試したいことが多いのです。
午前中は池には2匹のカワセミが居て、お互いに相手を追い出すべく、喧嘩ばかりしていました。喧嘩に気が行って、餌取りをしようとしませんので、撮影は午後にして女房殿とコストコに買い出しです。ここで大量に買って失敗したものは、一つは豚肉、冷凍焼けしていました。2つ目は牛のミンチ。獣臭くて食べられませんでした。それ以外は、失敗はないかな。

それで午後にカワセミ撮影でいろいろ試してみました。次の写真は、絞りを変えた時に、画質がどう変化するかを確かめたくて撮影したものです。
絞り 6.7です。
17-11-10_00002.jpg
絞り 7.1
17-11-10_00003.jpg
絞り 9.1
17-11-10_00004.jpg

距離が近いためか差が分かりません。

次は今日の餌取りダイブです。練習の成果で、ダイビングは遅れることなく撮影できるようになりました。でも、ダイブを終えて枝に戻る飛行は、ピントが池のギラギラに持っていかれて、うまく撮影できません。
17-11-10_00004_01.jpg
17-11-10_00004_03.jpg
17-11-10_00004_02.jpg
17-11-10_00004_04.jpg
17-11-10_00004_05.jpg

どれも飛び出しのコースと光がまずくて絵になりません。ようやく絵になったのは、枝に戻る瞬間の写真だけでした。ただ、羽の上端が切れてます。
17-11-10_00001.jpg


写真処理soft Google NIK Collection でいじってみた

今日は朝から雨。畑も野鳥撮影もできずに、午前中は久しぶりにゴルフの練習に行ってきた。腕の動きより先に足を送り始め、インサイドからクラブが出るスウィングが身についてきた実感がある。実はこのスウィングは、足腰の動きが大きいので、練習ではできてもフィールドでは怖くて実現できなかったのです。おかがでアイアンの方向性が格段に良くなり、前回のスコアーは相当に改善された。先生について練習している成果がようやく表れてきた。

午後も天気は回復しないので、写真処理soft Google NIK Collectionでカワセミの写真をいじってみた。このsoftがプラグインできるのは、有償softのlightroomなので、これの無料の試用期間中に有効性を実感できるまでに使いこなさないといけない。

最初の写真がNikonが無料で提供しているRAW画像の処理soft Capture NX-Dで現像した写真です。
17-11-8_00001.jpg

2枚目がGoogle NKでさらに手を加えた画像です。
威力を感じるほどの違いがないように思う。
17-11-8_00002.jpg

またカワセミ。画質を向上できないのはなぜ?

今日もカワセミ撮影に挑戦です。今日は湖面の反射があり、ピントがなかなか来ませんでした。水のギラギラとした反射があると撮影は難しいですね。

lightroomにGoogle Nikをプラグインしていろいろ写真をいじっているのですが、たいして良くなりませんね。
まだ、お試し期間はたっぷりありますので、試行錯誤です。

特に、シャープさを増した上で、ノイズのザラザラが現れないような処理なんですが、うまくいきません。
カワセミが水中から現れる瞬間です。
17-11-6_00001.jpg

17-11-6_00001_01.jpg

カワセミのダイビング撮影練習

今日の午後はカワセミのダイビングの撮影の練習に出かけました。大分練習したので、急に動くカワセミの動きを大分捉えることができるようになりましたが、まだまだ、実力不足です。今日のような休日には、雑誌 バーダーでカワセミの撮影方法を著述されている千葉さんも来られているので、大変勉強になります。

では、今日一日のカワセミのダイビングシーンです。
17-11-3_00001_04.jpg

17-11-3_00001_03.jpg

17-11-3_00001_05.jpg

17-11-5_00001_02.jpg

17-11-5_00001_01.jpg

17-11-5_00001.jpg

アマピンだったり、後ろ向きだったり、目を閉じて居たり、餌を取っていなかったり、なかなかうまくいきませんが、最後の1枚は今日1でした。


近くの池の野鳥も大分入れ替わってきたかな

千葉に戻って近くの池に野鳥観察に行って来ました。
その前に、畑を点検すると、先の台風で風にあおられ、マルチのビニールが苗に擦れてタマネギの苗がずいぶん傷んでいます。約1/3を植えなおしました。ソラマメもついでに種まきしました。

池に着くと、祭日のためカメラマンが5名 カワセミを待っていました。いろいろ情報交換すると、イスカが千葉のある公園に出ているそうでしたが、八ヶ岳ではそう珍しい鳥でもないので焦って行く気にはなりませんでした。カワセミが居ない間は退屈なので、現れる鳥を撮影してみました。

まずは、久しぶりに現れたセグロセキレイ。
17-11-3_00001.jpg

冬鳥のホシハジロはもう100羽以上来ています。その中に3羽だけキンクロハジロが混ざっていました、
17-11-3_00001_01.jpg

カワセミはいつものカワセミではないようで、青色が鮮やかな美しいカワセミです。ダイビングを期待したのですが、まったく狩りをしませんでした。
17-11-3_00001_02.jpg

写真処理にlightroomを使ってみる

野鳥の撮影はいつもRAW画像で撮影してNikonの無償提供のCapture NX-Dで現像しております。伊吹山でイヌワシの出を待つ間、ベテランの方からいろいろ教えていただきました。その一つが、RAW画像の現像は、PhotoshopのlightroomにGoogleのNIK Collectionをプラグインして使うとすごいらしい。なんでも専門家の間では、撮影5割、画像処理5割で写真が決まるらしく、RAWで撮影したらほぼ終わりの小生の撮影姿勢は反省ものです。

昨日八ヶ岳から千葉に戻ってきて、それらを調べてみて分かったこと。
1.最新のlightroom6とCC(Creative Cloud)は64ビットのOSにしか対応していないので、小生のPCでは使えない。
2.仕方ないので1世代前のlightroom5をダウンロードして使ってみた。30日間だけ無料らしい。
3.lightroom5はそれより新しいカメラのNIKON D500のNEF RAWには対応できておらず、読み込めない。そこで調べてみると、Adobeから無料でダウンロードできるDNG ConverterでDNG形式のRAWに変換するとlightroom5でも読み込める。

そこでさっそく、いくつかの写真を現像してみた。
まずは、Capture NX-Dでの写真。カワセミを明るくするとバックの森の木々が現れてうるさい画像になるのでカワセミを明るくできない。
カワセミホバ4


次のが、lightroom5での写真です。カワセミだけ明るくできるので、暗いバックにカワセミを浮かび上がらせることができた。
カワセミ1_00001_02

次のがイヌワシのCapture NX-D
イヌワシ_00001_02

そしてlightroom5での現像が次の写真です。元写真が逆光で遠いので限界があるが、少しはましかな。
カワセミ1_00001_04

まだまだ結論ではないですが、無料のお試し期間の間にいろいろ検証しようと思います。次は、無料のGoogle Nik Collection をlightroomにプラグインして試してみます。

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -