FC2ブログ

伊吹山のイヌワシに再アタック

台風の影響で伊吹山の天気が変わったので、予定を切り上げて八ヶ岳に戻って来ました。しかし台風一過の米原の天気予報を見ると小雨模様だけど風が強く、しかも北西。これならイヌワシは撮影ポイントを上昇気流に乗って飛ぶだろうと期待して、朝八ヶ岳を出発し、日帰りで伊吹山に行って来ました。片道280kmです。

悪天候を予想して、防寒着は高山用の装備を持参しました。普通の冬装備では持ちません。現地には10時過ぎに到着。早朝は高空を飛んで居たらしい。山頂近くは、三脚が倒されるかもしれないほどの強風で、危なくて三脚から手を離せません。高山仕様の防寒着でも寒い。おまけに時々、雨か霙が落ちて来る。

昼過ぎに後ろの尾根筋に現れて、そのまま尾根の岩に止まったが、前回と同じ全くの逆光でしかないので、大きなカラスに見える。露出を変えて、いろんな条件で撮影した。待つことしばし。飛び出したが、逆側で尾根の後ろに消えて行った。撮影はできましたが、後ろ姿でしかない。
イヌワシ_00001

さらに待つ。3時過ぎにまた同じ場所に止まって居た。今日は尾根の向こうばかり飛んでいるらしい。今度は、こちら側に飛び出したので、一応撮影はできました。
イヌワシ_00001_01

イヌワシ_00001_02


逆光のため目は出ないし、数百m先と遠いし、証拠写真です。飛び姿はすぐに後ろ姿になってしまう飛行ルートでした。正面側の西側斜面を上昇してくるのを期待しましたが、空はさらに暗くなって来たので、4時前にギブアップして、八ヶ岳に帰って来ました。なかなか、一発で思うような撮影はできませね。結局、3日通って、証拠写真程度のチャンスが3回だけでした。近くて、順光の機会はゼロでした。
待つ間に各地のベテランの方や地元の方に教わったので、イヌワシを撮影してみようとの方に参考に書いておきます。
1.風がないと滑空して飛ぶイヌワシは現れないので、風のある日を選ぶ。
2.撮影場所は北西向き斜面故、南風より北寄りの風の方が撮影ポイントに現れる可能性が高いらしい。
3.岩に止まることが多いが、どの岩も500m以上遠い。絶壁の向こう故近寄るすべは全くない。ご一緒したカメラマンがゴルフ用の計測器で測ってくれました。
4.飛ぶ速度は、恐ろしく速い。1飛行で1チャンスで撮影しないと、あっという間に点になる。ラッキーだと目の前で旋回してくれるらしい。


スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -