カワセミばかりです

今日は朝から快晴で、日当に出てもそう暑くないすがすがしい一日でした。
午前中は、地元の写真倶楽部の写真展を見に行きました。A3版に引き伸ばしても鮮やかな写真、一瞬を捉えた絶妙の構図の写真など小生には無理なハイレベルな写真に刺激されました。

昼ご飯を食べたらいつものカワセミ撮影の練習に出かけました。まず、目を引いたのが、ホシハジロが2羽に増えていました。今後、数十羽やってきます。
ホシハジロ

カワセミのダイビングを撮影しようと粘りましたが、満足いく撮影はできませんでした。
例えば、次の2枚の写真。
わずかに早く、カワセミの姿が水滴で隠れています。
カワセミ3
その次のショットは、わずかに遅く、カワセミが完全に水から出てしまっています。
カワセミ4

でも、ホバリングはうまく撮影できました。
カワセミホバ1

カワセミホバ2

カワセミホバ3

カワセミホバ4

カワセミホバ5

カワセミホバ6

カワセミホバ7

ダイビングを狙っていましたので、SSが速すぎて、羽ばたきの躍動感が出ていないのが反省です。
スポンサーサイト

ゆで落花生

千葉ならではと言えるものの一つがゆで落花生でしょう。千葉では今の時期のみ生の落花生が手に入る。大きな落花生「おおまさり」が500g 600円。1kg買ってきた。


これを3%の塩水で、圧力鍋鍋で10分間、その後20分蒸らして出来上がり。


またまたオオタカ(サシバ?)

そろそろタマネギ畑の準備を始めないといけないのに、朝からカワセミのダイビング撮影の練習に出かけました。今年のカワセミは安全でかつ餌が豊富な場所に入って3時間待っても出てきません。葦で囲まれたワンドができており、その中でとっても平和に過ごしているようです。

カワセミを待っていると今日もオオタカ兄弟3羽が現れました。これで3日連続で池に様子を見にやってきています。仕方ないので、と言えば贅沢ですが、オオタカを撮影して今日も終了です。
オオタカ17-9-27-1

オオタカ17-9-27-2

オオタカ17-9-27-3

オオタカ17-9-27-4

追記
その後猛禽に詳しい方から指摘があり、風切羽が5枚なのでサシバとのこと。オオタカは6枚あるらしい。

カワセミに振られてまたオオタカ

カワセミの素早い動きをカメラに捉える練習で、今日も飽きもせず、近所の池に通いました。止まり木から池にダイブするカワセミが水から上がる瞬間をもっと素早くとらえないと良い撮影ができません。生来どんくさいので人一倍の努力をしないと。
池に行くと先生のようなベテラン諸氏が居られるので、いろいろ指導いただいてだいぶ良くはなりましたが、まだまだ0.数秒ベテランより遅れます。昼ご飯時以外はほとんどカワセミと付き合っていましたが、飛び回るだけで餌取りのダイブをしてくれません。

すると驚いたことに今日もオオタカが見回りにやって来ました。餌場の候補なのかな。この池は冬になるとホシハジロの群れが来るので、館林のガバ沼のようなオオタカの餌場になるかもしれません。期待を込めて。
まずは、止まりもの。
オオタカ1

オオタカ2

飛び物をうまく捉えることができました。これもカワセミでの訓練の成果かも。でも、カワセミはゼロでした。
オオタカ6-1

カワセミ再度チャレンジ

夕方再び近くの池にカワセミのダイビング撮影の練習に出かけました。一つのコツは、雲台の動きをかなり固めにするようです。
そうするとカメラを振った時に行き過ぎないでカワセミをセンターに捉える時間がわずか0.何秒か早くできるようです。池に着いてしばらく練習しました。
かなり陽が傾いたときにようやくカワセミが現れて、目の前でホバリングしました。もう周りは暗くなり始めていましたので、カワセミが暗いバックに浮かび上がる写真が撮れました。
ホバ1

ホバ2

ホバ3

ホバ4

ホバ5

ホバ6

ホバ7

近所のオオタカ4兄弟

今日は朝から快晴です。朝から近くのカワセミの住む調整池に出かけました。カワセミのダイビングを追う練習をもっとしないとうまく中央に捉えられません。2回のダイブでようやく捉えたのがこれだけです。ボケてるし、顔が陰になってボツ写真です。小生のカメラの連写は1秒間に6コマなので、この一コマ前は水の塊が写ってだけです。
カワセミ

カワセミの出が悪く、待っていると猛禽が時々飛んでいました。最初は、チョウゲンボウかなと思ったのですが、留まてくれたので撮影できました。オオタカの若のようです。
オオタカ若1

オオタカ若2

オオタカ若3

するともう一羽が別の池の柵の上に止まっています。しかもその隣にもう一羽。2羽並んでいました。
オオタカ若5

さらにその左に別にもう一羽が止まっています。全部で4羽のオオタカが池のまわりをうろついています。
オオタカ若6

オオタカ若

午後はもう一度練習のためカワセミ撮影に出かけました。写真が多くなりすぎるので次のブログにアップします。

鳥は飛ぶ

昨日の雨も晴れ、朝からほぼ一日カワセミを撮影に近くの池に行って来ました。晴れ時々曇りのはずが、ほとんど一日曇りでした。
昨日の荒天のためカワセミは腹を空かせて、今日は盛んに餌を取るものと思ったのですが、それは人間の勝手な想像でした。午前中はほとんど餌を取るダイブはなし。仕方ないので、目の前の飛ぶ鳥を撮影して練習をしました。
まずはホシハジロ。カイツブリに追われて逃げています。
ホシハジロ

池にはコサギもやってきて餌を探しています。
コサギ

夕方には歓迎されざるアオサギがやって来ました。この鳥は、食べられない大きな魚を取って、食わずに捨てるだけなので、池が荒らされます。
アオサギ

さて目的のカワセミですが、午前中はほとんど坊主。
止まっているだけ。
カワセミ1

カワセミ2

昼ごはんに戻って、3時過ぎから再度池に。それでもほとんど餌を取りませんが、かろうじて1回だけ餌を取りました。ボケボケの写真です。
カワセミ3

そして、みんな帰った後にようやく餌取りを始めました。まだ飛ぶ鳥はうまく撮影できる技量はありません。
カワセミ4

カワセミ6

カワセミ7



ようやくゴルフシーズンですね

真夏はゴルフを控えていますので、ほぼ3ヶ月ぶりのコースです。場所は真名CCで、なかなかよいコースです。


フェアウェイは広く、藪はないのでボールをなくすことはなく、距離もそう長くないのですが、スコアーはまとまりにくい。それなりに難しい箇所があります。グリーンは広く、どちらかと言うと中央が盛り上がっている饅頭型なので、パターは難しい。簡単に3パットにしてしまいます。その上今日は高麗グリーンで芝目が強かった。

週間予報では当初は曇りがちだったのだが、近ずくにしたがい快晴になり、午後は暑さに負けました。

シーズンオフでも野鳥撮影に行ってきた

久しぶりにカワセミのダイビングを狙って近くの公園に行ってみました。現地には野鳥撮影の方々が4人もおられ、皆さん撮影シーズンが待ち遠しいのですね。

昨日はカワセミの出が良かったらしいですが、今日はさっぱり餌取りをしてくれません。仕方ないので、目の前で遊んでいる鳥でも撮影です。
魚を捕まえたカイツブリです。
カイツブリ1

ホシハジロもやってきています。
ホシハジロ1

このホシハジロは人を恐れず、目の前までやって来ました。これでトリミングなしです。
ホシハジロ

午後4時過ぎにもう一度池に行ってみるとようやく1回だけダイビングをしてくれました。でも、魚はなしの空振りでした。その上、シャッターチャンスをわずかに逃しています。やはり連写速度の速いカメラに変えようかな。
カワセミ1

八ヶ岳の庭用の竹柵

八ヶ岳の野原の庭は少しづつ植木や竹で囲い、私有地であることを明確にしつつあります。土地を購入した当初は何もない野原でしたので、知らない人が勝手に庭に入り込んだりして居ました。ただ、立派なフェンスなどは景観を損なうのでこの地では歓迎されません。出来るだけシンプルに私有地を囲むために、錦木、ドウダンツツジを植えたり、U字の竹を刺していくだけにとどめています。

まだ、囲ってない部分が残っているので、竹で囲うべく、千葉の山から青竹を切り出してきて、縦に裂き、バーナーで温めてU字に曲げて、準備しました。


竹をきれいに割くのは簡単そうで、なかなか難しい。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30