FC2ブログ

テラス椅子の塗装と鳥見

今朝は6月とは思えないような空気の透明度でした。
甲斐駒ケ岳に雲が湧き、勇壮にそびえて居ます。
駒ケ岳


4年前に作ったテラス用の椅子の塗膜がずいぶん劣化してきました。
八ヶ岳倶楽部の真似をして青色キシラデコールで塗装していました。
椅子1

塗膜を研磨して、再塗装しました。
椅子2

夕方サンコウチョウの場所にもう一度行って見ました。姿は見えるもまたカメラは間に合わず。しばらく待つも出てきたのは、クロツグミとアオゲラでした。クロツグミは暗すぎてISOが上がり、ノイズでザラザラの写真になったのでボツ。アオゲラはそれと分かる程度の写真しか撮れませんでした。暗い場所でタムロン150-600の手持ち撮影は無理ですね。かといって、突然現れるサンコウチョウですので、三脚立てての大砲レンズでは追いつけません。
アオゲラ1


八ヶ岳のサンコウチョウ

好天に誘われて女房殿と散歩を楽しんできました。まずは兼ねてより気になっていた神社を訪ねました。森の中に神社の案内があるのですが、それらしい建物は見えず。


単に石を積んだだけの神社ですが、なぜかパワースポットを感じます。


次に向かったのはサンコウチョウ探し。着いてすぐに声が聞こえてきました。目の前から囀りが聞こえるのですが、構えるも見えず。女房殿は姿を捉えたらしい。長い尾が見えたと喜んでいました。

悔しいので夕方もう一度行ってみると、目の前に止まっていましたが、撮影する前に森の中に消えてしまいました。その後も2度姿を見るも撮影できず、残念。また、明日でも行って見るか。

話は変わって、森の餌台ですが、試しにヒマワリの種を出してみたらリスがまだ住んでいました。大きいのと小さいのが現れたので、巣立ちした子リスもいるようです。
子リス

遅すぎる芝刈り

標高が高く寒いので野芝を植えています。今シーズン初の芝刈りです。前回来た時に芝刈りするべきだったのですが、天気が悪くなり機会を失ってしまいました。そのため、芝生は伸びすぎています。
芝1

伸びすぎて花が咲いています。
芝2

こんなに伸びてから芝刈りすると当然茎刈なるので、枯野になってしまいました。
芝3

芝生の中の雑草はずいぶん増えてしまいました。とくに野原との境界域はどうしても雑草が増えます。年を経るに従った芝庭は劣化していきますね。

八ヶ岳のノビタキ

今日八ヶ岳にやって来ました。八ヶ岳は緑一色に染まり、我が家では、ヤマツツジ、アヤメが咲いていました。

昼過ぎから近くにノビタキの様子を見に行って来ました。ポイントに着くとノビタキだらけ。さっさと撮影して、10分程度で終わり。高原なので夏羽の黒くて綺麗なノビタキです。

まずはオスの姿から。
ノビタキ3

ノビタキ7

ノビタキ6

ノビタキ4

ノビタキもメスは地味です。
ノビタキ8

つがいでなわばりを張って営巣するそうですから、夫婦でしょうね。
ノビタキ5

廃墟に住むチョウゲンボウ

明日から梅雨入りとの観測もあり、今日ですっきりした晴れ間もしばらくは見られないかもしれないので、知り合いから教わったチョウゲンボウの営巣を撮影に出かけました。小生の勤めていた会社のすぐ近くでした。

何と巣はもう使わない工場の空気抜き用の小さなダクト穴。なんとも絵になりませんね。おまけにカメラからは結構遠いし、工場の壁が白いのでピントも来ません。結局保存する写真はゼロに終わりました。
チョウゲンボウ7

オスは工場の屋根に止まってから狩りに出かけていました。
チョウゲンボウ5

ようやく獲物を持ち帰りました。遠いので雀かムクドリか分かりません。
チョウゲンボウ6


オスの狩りが下手なせいか、メスがたまらず巣から出て狩りをしていました。
チョウゲンボウ1

空腹で焦っているのか、屋根に止まっていた鳩を追っています。
チョウゲンボウ4

もうちょっとなんですがね。やはり取れません。
チョウゲンボウ3

近場で鳥見 オナガ

ほぼ毎日良い天気が続くが、菜園をやっているといかに降水量が少ないかよくわかる。雨が降っても大した量ではなく、土壌は相当に乾燥している。そんな良い天気に誘われて今日も鳥撮りで遊んできた。行先は近所の公園である。近所ではあるが珍しい鳥が営巣しているので結構遠くからカメラマンがやって来る。今日も4人ほどが撮影していた。雛が巣立ちすると、10名以上が訪れるけっこう有名な場所なのである。

午前中はツミのオスが狩りに出てしきりに獲物を持ち帰っていた。一度などは、目の前で狩りをしてくれたのだが、カメラを構えていなかったので撮影はできなかった。ここは午前中は逆光になるので午前中はただ見るだけ。午後 もう一度出かけたのだが、雀は取ってきてもメスに渡すのは枝の陰で撮影ができなかった。

ただ、珍しくメスが砂浴びと言うか蟻浴のために地面に長い間伏せていた。蟻を羽に群がらせて、ギ酸を羽につけることでダニなどを駆除するらしい。
ツミ1

オスは撮影できたのは止まり姿だけになりました。
ツミ2

退屈なのでツミには付き物のオナガでも久しぶりに撮影して今日は終了です。オナガも姿の良い鳥なのですが、撮影の対象にはなりにくいですね。関東では一般的な鳥ですが、西日本では珍しい鳥なんですがね。
オナガ1

オナガ2


早起きしてサンカノゴイ

朝早くから野鳥撮影に出かけてきた。目的は希少種であるサンカノゴイ。日が高く上がってから行くと、葦の間でじっとしているので見ることもできない。早朝と夕方に餌を取りに出かけるらしい。日の出と同時に家を出て、30分ほどで目的地に着く。

先日サンコウチョウの場所でお会いしたバーダーが来ておられて、畑の道に出ているよと教えてもらった。近くではないが、ぜいたくは言ってられない。早速カメラをセットして撮影を始めると、サンカノゴイは餌を探し出し、遠ざかる方向に行ってしまった。珍しいだけで、見た目の良い鳥ではないので、これで良しとしよう。
サンカノゴイ1

サンカノゴイ2

サンカノゴイ3

ものの10分で撮影を終わったので、飛び交っているヨシゴイをちょっと撮影して、7時前には家に帰ってきた。
朝日を浴びて飛ぶヨシゴイ。
ヨシゴイ7

ヨシゴイ8

ヨシゴイ9

ツミの夫婦の関係

今日は朝からよく晴れていたので近所にツミの様子を見に出かけました。午前中は草刈りの最中で砂埃がすごいのであきらめて帰り、昼食後もう一度出直し。

着いてすぐにオスが餌の雀を取ってきて、メスに渡したが、カメラをセットする前でその瞬間は撮れなかった。と言うとこは、しばらくは餌取りはないだろうと思って、東京から来られた方と雑談などして待っているとほどなくオスが餌を持って帰ってきた。
目の前の開けた枝に止まって餌の羽をむしり始めた。大きいので犠牲はムクドリのようだ。
ツミ1

オスは一声鳴いて、巣にいるメスを読んだら、メスが餌をもらいに出てきた。
ツミ2

驚いたことにメスはすぐに餌を取るのではなく、一旦オスに感謝のチューをしている。人間では給料日にこんなに感謝されないですよね。
ツミ3

それから餌はオスの足からメスの足に移った。オスは「ちょっとだけちょうだい」と言ってるかのように、メスが餌を食べるのを眺めていた。
ツミ4

オスはわずかな分け前をもらって枝の端に行って一口だけ食べている。
ツミ5
ツミ6

一方メスは悠々と大きな獲物の毛をむしったり、自分も食べてから巣に持って行った。なんともオスとは対照的なのが印象的だ。
ツミ7

ツミ8

今年の野球は期待しています

今シーズン初めての野球観戦に行きました。地元のマリンスタジアムで贔屓チームの阪神とロッテの交流戦です。ロッテは主力選手を欠き、今年は今の所最下位で、阪神は糸井の加入と控え選手の活躍で首位争いをしています。今年は期待しても良いかも?

この三連戦、阪神は二連勝で、さて今日はどうなりますやら。阪神は先頭打者ホームランで、幸先は良かったのですが、コテンパンにやられました。

ロッテの唐川は、ピンチで見送りの三振を取っていたので、よほど球が切れていたのでしょう。

阪神の高山は、守備は使い物になりませんね。打率が落ちるとすぐに二軍でしょう。

ロッテの外人はどれもスカ。まともなあたりはない。当たりそうなスイングもしていない。サッサと解雇して、入れ替えたいだろうが、金がなければどうしょうもないか。

福留です。

鳥谷です。器用過ぎて当てるだけのバッティングが、大成しない原因だろうな。


メッセンジャーです。


ロッテは、
角中です。


鈴木です。


投手の唐川です。今日は彼にやられました。


以上の写真はコンデジ キャノンのパワーショットで撮影しました。すごいですね。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -