FC2ブログ

雪で覆われ餌不足かな

今朝の野鳥の餌台は、大賑わいです。

リスも地表の餌が探せないのか、餌台にやってきて占領して、腹いっぱい食べていきました。

リス

リスに代わってやってきたのが、これまた珍しいお客のカケスです。
カケス

こう大型のお客に餌台を占有されては、小鳥たちは周りでじっと待つばかりです。これはアトリ、雀、カワラヒワの集団です。
小鳥

餌台が空いて、ようやく小鳥たちの番になりました。
エサ台

雪の中の生き物たち

昨日の午後から降り出した雪は20cmくらいの積雪になりました。千葉なら交通麻痺するとこですが、八ヶ岳はこの位ならなんら問題はありません。幹線道路はすぐに除雪車が稼働します。

雪の森を楽しんでいると、木の枝に雪をかき分けて進むものあり。雪の中から現れたのはリス。
リス7-1

今日も杉の木に行ってますから、また、皮を剥いで巣材にするのでしょう。雪のリスは引き立って写りますね。
リス6-1

シメも現れました。目の前なので、トリミングなしでこの大きさです。「なにじっと見てんだよ。」とすごんでいるシメでした。
シメオス7-1

待望の雪ですから、雪原に舞うフクロウかコミミを撮影しようと出かけてみました。
雪原の上の飛翔を期待したのですが、そうはいきませんでした。
コミミ野辺山4
コミミ野辺山5

夕暮れの雪の中で佇むコミミ。この後、飛ぶことはありませんでした。
コミミ野辺山6
コミミ野辺山7

自宅の森で鳥観察

今日は昼過ぎから雪の予報でしたので、出歩かず一日家で過ごしました。

我が家のリスは巣作りを始めたらしく、杉の皮を剥いで、いつもの巣に運び込んでいます。すでに伴侶も得たらしく2匹いるようですので春になったら家族づれが楽しみです。

裏の森はたくさんの野鳥がやってきました。特にアトリが群れできています。
写真の2羽は表情が異なります。上がオス、下がメスのようです。
アトリ1-2
アトリ2ー2

雪が降り始めて、餌台は一層にぎやかです。
アトリ3-2

ひまわりの餌の争奪戦にシメも参戦です。
シメオス5-2

餌台を見ていると、周りの木には時々キツツキがやってきています。
まずはアカゲラ。
アカゲラ

次はアオゲラです。
アオゲラ5-2

八ヶ岳は野鳥の宝庫と言われますが、そうなのかなと最近つくづく思います。フクロウ、コミミズク、サンコウチョウ、コマドリ、オオルリなどなどが20km圏内で楽しめますし、上の写真は全て家の中から窓越しに撮影したものです。キツツキはいくらでもいますね。

諏訪湖のオオワシ

一年ぶりに諏訪湖にオオワシを見に出かけました。2016年12月に18年連続で飛来したそうです。もう22歳だとか。18年前に衰弱していたところを保護されて以来、グルとの愛称で地元の人たちに大切にされています。

今日は快晴で風はなく暖かな一日でした。おかげで湖畔でオオワシを待つこと5時間耐えられました。待ち受けポイントは何個所かあるようです。風のある日は、上昇気流のできる丘の上が良いらしい。
風がほとんどないので、オオワシは上昇気流を利用しないと考えて、湖畔で待つことにしました。それでも待つこと5時間。ようやくオオワシが現れましたが、10分ほど湖上を飛んで、山に戻ってしまいました。その後、また待つこと1時間。今日は2度の飛翔です。

いずれもかなりの距離がありました。
オオワシ6-1
オオワシ5-1
オオワシ4-1

オオワシが飛ぶたびに森からハヤブサが出てきて、オオワシを追いかけまわしています。オオワシが往復するたびに必ず森からハヤブサが現れるのです。何を思っているのでしょうか?
最初は、鷹類を追うのは定番のカラスと思いましたが、なんか色が黒くないので地元の人に聞くとハヤブサでした。
オオワシ7-1

八ヶ岳のコミミ

昨日から八ヶ岳にやってきております。早速、コミミズクのポイントに行ったのですが、気温は―7℃の上風が強く、凍えました。日没まで粘りましたが、結局現れず。

今日は昼過ぎからまずはフクロウのポイントへ。前日は2時から飛んで狩りを始めたようですので期待したのですが、今日は出ず。あきらめて昨日のコミミ ポイントに移動すると、すぐ脇の木に留まっていました。
野辺山のコミミは初撮りです。
コミミは毎冬来るのですが、広大な高原で狩りをするので、場所の特定が難しいのです。
コミミ野辺山1

コミミ野辺山2

コミミ野辺山3

新年事始め

明けましておめでとうございます

もう新年4日目です。3日間飲み過ぎました。食っちゃ寝くっちゃねを繰り返していました。
今日は千葉神社に初詣です。
千葉神社

今年の目標。
1. 今年こそ禁煙すること。年末からもう10日我慢しています。
2. 赤岳に登る体力をつける。毎日、10000歩は歩きたいのですが、1時間も時間を取れません。他のことをやめないと無理かも。
3. 野鳥観察のマイポイントを見つけたい。八ヶ岳南麓は、野鳥の宝庫で、声は聞こえるのですが、なかなか姿を確認できません。例えば、アカショウビンやサンコウチョウなど。

今年も訪問いただきたくお願いいたします。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -