FC2ブログ

北関東で野鳥撮影 コミミ

昨日から女房殿の実家にお世話になって北関東の野鳥を撮影しています。きのうは渡良瀬遊水地でコミミを待ったのですが強風のため日没になってもなにも出ず。今朝は朝から近くのがば沼でオオタカの狩りの瞬間を狙ったのですが、目の前を横切るだけで狩りをせず。退屈なので白鳥などを撮影して遊びました。実は水鳥の撮影は好きじゃないのです。退屈だもの。

コハクチョウ
ハクチョウ

オナガガモ
カモ


午後は渡良瀬遊水地に移動してコミミに専念しました。ここは大砲レンズを据えて待ち構えてコミミを撮影できる有名ポイントです。なんと150台以上のカメラが林立します。

待つこと3時間。4時を過ぎるころから遠くでコミミが出始めましたが、遠すぎます。近くに来るまで待つしかありません。移動する人もいますが、追いかけてもしょうがないでしょう。待つ間両隣の人に恵まれ楽しい野鳥談義を楽しめました。埼玉のYSDさんありがとうございます。楽しい経験談を聞かせていただきました。結局、近場のカワセミあたりに落ち着くのでしょうかね。

夕方4時を過ぎたころに遠くでコミミが出たということでカメラマンが続々移動しましたが、我々はそのうち来るさ、と待っていたら、目の前までコミミがやってきました。コミミは前を行ったり来たりで、写真は撮り放題だったのですが、こちらを向いて飛んでくれません。でも、証拠写真だけアップしておきます。バックの草はらがうるさいですね。

以下証拠写真です。
まずは証拠写真として正面から。
コミミ」1-1
コミミ3-1
コミミ2-1

途中から2羽が出ましたが、正直なにか飽きてしまいました。変化がなさすぎです。単に目の前を行ったり来たり飛んでるだけ。次回はやはり野辺山で雪原のコミミを撮りたいな。

今日も近場で野鳥

今日は雲が多いので野鳥撮影にはちょっと向かない日和ですので近くの谷津田に出かけて撮影です。

モズが目の前を横切っていきました。
モズ

しばらくするとチョウゲンボウがやってきて電信柱の上で餌を探しています。
チョウゲンボウ10-2

田んぼに降りて何か捕まえてきました。藁ごと餌を捕まえたようです。別の写真にバッタの足が写っていました。バッタばかり食べていますが、真冬になると何を食べるのだろう。
チョウゲンボウ11-2
チョウゲンボウ12-2

野鳥撮影の繰り返し練習

飛ぶ野鳥の撮影を繰り返し練習しています。昨日は遠くを飛ぶハイチュウを照準器だけで追って、ピントが来るか試してみました。
結果は、すべてボツ。被写体がやはりある程度の大きさにならないとフォーカスポイントが画面全面にあってもAFは捉えられないようです。照準器だけでは無理で、やはりファインダーでピント位置に正確に捉えるしかない。

今日も練習です。改良は、連写スピードを上げたことです。ゴーヨンの手振れ補正をOFFにして、1.3倍クロップにして、少しは早くなるなずです。シャッターはレリーズモードにしてピントが来なくてもシャッターを切れるようにしました。

いつもの場所についてみると、鷹がゴルフ練習場の柱に止まっているようです。遠くなので種類は分からなかっらのですが、トリミングで拡大するとオオタカでした。
オオタカ5-1

さて、カワセミの連写ですが、そこそこ速くなりましたが、ダイブから出て、羽を広げたきれいな瞬間がとんでいました。ニコンのD7100の連写は最大7コマ/秒ですから、上位機種に比べて遅いのです。これはもう仕方がない。
ピントは来たり来なかったりで、51点で拾うはずなんですがね?腕前の問題で、改善できるでしょう。
カワセミ20-6
カワセミ20-7
カワセミ20-3
カワセミ20-4
カワセミ20-5

今夜はゴルフ仲間と忘年会なので、早めにブログを更新しておきます。

飛びものの撮影練習

昨日習った飛ぶ鳥の撮影の練習をしました。

猛禽の動きは早くないので、ファインダーでもそこそこ追えるのですが、カワセミの動きは早くファインダーで追うとカメラで捕らえられません。そこで、照準器がファインダーの中心と正確に一致するように照準器の取り付け具を若干改良し、かつ現場で微調整して、照準器で撮影する練習をしてきました。

まずは照準器だけで止まりものを写してみました。ほぼピントはきています。
カワセミ19-2

しばらく待つと目の前で飛び込みです。残念なのは水滴で目が隠れていることですが、ほぼ捉えることができました。
カワセミ10-2

次はその後の止まり木への帰りの飛行。
カワセミ17-2

カワセミ18-2

教えていただいた成果で1回の飛び込みをほぼカメラでとらえることができました。これで猛禽の飛びの撮影でシャッターチャンスを逃す回数は激減するでしょう。この先生のブログは、「My photo life」ですので、関心のある方はご覧になってください。

紅葉の池で撮影訓練

近くの池に野鳥撮影に出かけると、紅葉が湖面に映り込んで実に美しい。

ここでカワセミを写そうとカメラをセットして隣のカメラマンと話すとその技はあまりにもすごすぎる。カワセミの飛び込み場面など100発100中でその場面をとらえているのである。もちろんピントに寸分の狂いもなく、小生の撮影など足元にも及ばない。
そこでいろいろ教えてもらった。
1.雲台の動きはもっと固くしてブレてはいけないらしい。これまで飛びものを追う時に雲台はゆるゆるにしていたのであるが、これではブレるらしい。
2.飛びものはファインダーを覗いて追っていたのですが、猛禽なら動きがそう早くないのでそれでも追えたが、カワセミの飛翔にはとても追いつけない。彼は、照準器を正確にセットして照準器で鳥を追い、シャッターを押すらしい。

早速、真似てカワセミの飛び込み撮影に挑んだが、とても追いつけなかった。そのため今日の写真は、動かないもの中心になってしまった。
まずはカワセミだが、紅葉のベストのところに止まらなかったので、背景の赤はいまいち。飛び込みシーンはもちろんボケボケ。
カワセミ紅葉

ホシハジロは池を泳ぎ回るので、紅葉がきれいに映りこんだ瞬間に撮影してみた。
ホシハジロ1-2

チュウサギも魚を取っていた。もっと動きのある写真を撮りたかったが、シャッタースピードを昨夕のハイチュウ撮影でずいぶん遅くしていたのを忘れてそのままで撮影したものだからどれもボケ写真になってしまってすべてボツ。
チュウサギ紅葉

チュウサギ紅葉2-2

今日は家に帰ってから照準器の精度を上げるためにいろいろ改良してみた。明日、また撮影練習をしてみよう。

ハイチュウ三昧

今日は快晴かつ風もなく撮影日和です。

早速霞ヶ浦までハイチュウの様子を見に行きました。現地に着いてみるともうカメラマンが来ています。その方に聞くと、今シーズンは出る日もあり、出ない日もあるようです。
ハイチュウのメスはまだ明るいうちから目の前を飛んでくれます。おかげで撮影もしやすい。
ハイチュウメス6-2

ハイチュウメス5-2

ハイチュウメス7-2


でも オスは夕暮れまで戻ってきません。日が沈んで残照のころようやくオスが帰ってきました。
ハイチュウオス5-2

ハイチュウ5-2

もう薄暗くなって帰ろうかとするころハイチュウのオスが2個体同時に飛んでいます。もう暗くてマニュアルフォーカスも良く分かりませんのでピンボケですが、2羽同時飛行の証拠写真として載せておきます。
ハイチュウ8-2

暗くなるとISOが高くなりノイズが相当激しく出ていますので良い写真ではないですね。

千葉でチョウゲンボウ

昨日朝方野辺山方面にフクロウ、コミミズクの出の様子を見に行くと、昨日と同じ場所にオオモズが出ていました。これまでで最も近いノイバラに止まっています。早速、ゴーヨンを準備した途端に霧が覆いつくして何も見えなくなり、残念ながら撤収しました。午後千葉に戻りました。

今日はこの地域の写真クラブを主宰されている知り合いの方のブログを頼りにチョウゲンボウを撮影してきました。この辺りではチョウゲンボウと言えば印旛沼周辺が多いのですが、広々しているので逆に被写体までは遠いことが多い。でも、この方に教わった場所は谷津田なので狭く、被写体まで近くて撮りやすかったです。

まずは目の前の電信柱にとまったチョウゲンボウ。ノートリでこの大きさに撮影できます。
チョウゲンボウ6-2

畑に何か見つけたのか飛び立って元の電信柱に戻ってきました。バッタを捕まえて食べています。
チョウゲンボウ7-2

ついでに飛翔シーン。遠いのでトリミングして拡大すると、やはりぼけていますね。
チョウゲンボウ10-2

チョウゲンボウ8-2


冬鳥の探索 オオモズ発見

今朝は冬鳥を探して野辺山に出かけました。

野辺山から見る富士山は甲府盆地の霞の上に浮かんで朝日をあびて輝いていました。実に美しい。
富士山

北岳はひときわ雪が白く見えます。
北岳

しばらく野鳥を探すも何もいませんでしたが、オオモズポイントでカメラマンを見かけました。車を降りて聞いてみると、オオモズが来ていると。

早速、ゴーヨンに2×のテレコンをつけてと三脚にセットして撮影しましたが、オオモズは警戒心が強く、近くに来ることはありませんでした。この写真で170mくらい先です。
オオモズ4-2

オオモズを待っていると目の前を横切る小型の猛禽が。撮影して確認すると、ハヤブサにしては目の下の黒斑が薄すぎるようでもあり、ハイタカのようでもあります。どちらか分かりません。
ハヤブサ

薪作りに励む

遊んでばかりで夜は薪ストーブを焚くので薪棚の薪が急速に減って来ました。来年用の薪作りに励んで原木の玉切りと薪割りに励みました。腰が疲れるので3時間が限界でした。

この労働で作れた薪はこの程度でしかなく、薪棚に置くと1/4程度しか埋まりません。
薪

3時間の労働の内2時間半はチェーンソーでの玉切りで、薪割りはサクサクと進みました。チェーンソーでの玉切りは中腰の姿勢なとで腰に来るのです。

友人の訪問

昨日から友人がゴルフ&酒宴で八ヶ岳に来てくれました。

昨日はゴルフ。天気予報が悪く、どうしようかと相談していましたが決行することにしました。ところが前日になって予報がどんどん良くなり、当日は晴れ、風なし、気温も高く、まるで秋に平地でゴルフしているような天気に恵まれました。

場所は清里丘の公園ゴルフコースです。しかも12月1日からは大変な割引料金で、昼食と温泉込みで5000円台です。このコースは比較的高級感のあるコースで好きな方なんですが、問題は芝目がきつく、パッティングがむつかしい。4パットが2回、5パットが1回もありました。最悪は、上りと見えたグリーンが下っていて、球はグリーンの外へ。
ゴルフ

そして今日。三分一湧水を案内したのち、八ヶ岳俱楽部でお茶を楽しんんでからアフガンでショルダーベーコンエッグカレーとラッシー。このカレー屋は週末とハイシーズンは2時間待ちは当たり前の人気店なのですが、今の時期なら待ち時間なしで楽しめます。
ただ、写真のように量が半端でないので、女性は注文するときに気を付けられたほうがよろしい。
カレー

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31