FC2ブログ

アオハズクの巣立ち

アオハズクの雛の様子を今日も見に行って来ました。
ついてみるとすごい数のカメラマンで、ざっと50人は居るでしょうか。ご覧の通り、森の中などではなく、向こうに住宅も見えているような場所です。
撮影風景1
撮影風景2


仲間に入れてもらい隣の人に聞くと今朝雛が巣から出たようです。雛は2匹かな。
横を向くと産毛がよく見えるので雛と確認できます。
雛2ー2

でも正面からは産毛が目立たず親とあまり変わりはないですね。その点がフクロウの雛と全く異なるところですね。
雛1-2


またまた山の家を改造します

リフォームと日曜大工を繰り返しもう十分に便利で快適になったと思った山の家ですが、友人の富士見の別荘を訪ねてからまた一つ改造したくなりました。友人の家のウッドデッキは、庭などから土足では上がれないで、リビングから出入りするようになっているのです。

感心したのは、土足で歩き回らないからデッキが泥汚れしないし、リビングと一体的にデッキでくつろげる点です。
一方、我が家のデッキは、玄関から回り込む構造であり、デッキでくつろぐにしても玄関で履き替えねばならないし、何よりも問題なのは野良作業の長靴のまま歩き回るので泥汚れで汚い点です。これではリビングの延長にはなりえません。

そこで思いついたのが、リビングの腰窓を掃出しに、デッキをわずかに延長して、リビングから直接デッキに出られる構造へのリフォームです。
この腰窓を掃き出しにします。これは大工さんにお願いしました。
リフォーム箇所


デッキの拡張は自分でやります。そこで問題は、おそらく家の脇の地下には水道管が通っており、束石を据えるのに掘り込めないことです。そこで対策は?
家の基礎のコンクリートにハンマードリルで穴をあけて、そこにアンカーボルトをつけて桁行きを固定することです。

アンカーはメカニカルアンカーとケミカルアンカーの二種類がありますが、強度の高いケミカルアンカーで固定します。
さっそく長坂のJマートに探しに行ったのですが、ケミカルアンカーは置いていないし、使いたいサイズのボルトも置いてありません。千葉に帰って非常に大型のホームセンターであるジョイフル本田に資材を購入に出かけました。

やはりここなら全て揃いました。しかもケミカルアンカーはバラ売りしているので助かります。アンカーボルトは3個しか使わないので、一箱買いだともったいない。次回八ヶ岳に行った時にデッキ拡張工事をします。工程は2日程度でできる目算です。
日曜大工の課題が見つかるとうれしいですね。

アオハズクの子育ては?

ちょっとアオハズクの雛の様子を見てきました。そろそろ雛が巣から出るころです。

行ってみるとカメラマンがずらり。期待したのですが、未だ雛の姿は見えず。でも、アオハズクの夫婦が巣から出ていましたのでそろそろ巣立ちでしょう。

アオハズクはほぼ一日じっとしていますのでさっさと撮影して帰ってきました。また、数日後に来てみます。
どちらがご主人か分かりませんが、眠そうなオスかな?
アオハズク5-2

もう少し表情があるオス。
アオハズク6-2

少し離れたところにメス?
アオハズク3-2

風が吹いて少しびっくりしたメス
アオハズク4-2

千葉への途中 クマタカへ

今日、八ヶ岳から千葉に戻りました。帰る途中寄り道をして佐久経由関越道で戻りました。

寄り道をしてクマタカのポイントに行ってみましたらカメラマンが一人しかおられません。毎日クマタカを観察しておられる方だそうです。親切な方でいろいろ教えたいただきました。千葉にも撮影に来ておられて、話が弾みました。
風景はこんなところです。
妙義山

2時間弱待ちましたが、さっさと帰ってきました。まず、今の時期は現れても非常に遠く、見た感じでは500m以上先でした。
現れるのはこの山の稜線付近とか。遠すぎですね。
妙義山クマタカ

今日の10時過ぎに現れた写真を見せてもらいましたが、今の時期羽が生え変わる時期で、飛ぶ姿は羽がボロボロ。これでは何時間も待ってもしかたない。クマタカが美しい時期は羽が生え変わる秋から冬が良いらしいのでその時期にまた来てみます。

千葉に帰り着くと気温は29℃なので猛暑ということはないが、夜になっても下がらず、湿度が高くて蒸し暑い。これじゃエアコン漬けになってしまいます。

暑い!夏が来た

昨日は夜になっても蒸し暑く、風も通らないので夜はデッキで夕涼みです。
森では早くもヒグラシが鳴き始めました。森を歩くと幼虫や成虫になった蝉を見つけらます。もう、真夏が始まったような高原です。
IMG_0781[1]

IMG_0774[1]


渓流釣りと庭仕事

今日も週間天気予報は外れて、朝から晴れて1160mの高地でも日向は暑い。

買い物に出かける前に久しぶりに裏の渓流で竿を出してみました。と言うのも、昨日の早朝アオサギが下りて魚を漁っていましたので、鳥にくれてやるくらいなら自分で食おうと。餌は野原のミミズ。夏は葉が茂っているし、蜘蛛の巣が多くてとっても釣りにくい。
image1[1]

ものの30分の釣りですが、ご覧のイワナを2匹ゲットしました。このサイズなら塩焼きにできますね。
image2[1]

そろそろ店もオープンする時間になったので、一度は様子見もしたくて韮崎のくろがねやまで出かけてみました。物置に行く階段を作る材料探しです。韮崎まで出かけても格別品ぞろえが豊富と言う訳でもなく、長坂のJマートで十分でした。
さて、階段の材料ですが、森の中なので枕木調の踏み石にしたかったのですが、コンクリート製の模擬枕木でも1000円強。1万円近くかかってしまうのでヤメ。単にコンクリートブロックだと1400円。物置行きの階段なので安く済ませました。
階段

各段は一応鉄筋を打ち込んで止めてあります。これで蹴躓くこともないでしょう。でも、冬に浸み込んだ水が凍結して割れるかも。

夕方井富ため池に野鳥撮影に出かけると、なんと2日前に天龍村で出会った船橋の方とばったり出会いました。世の中狭い。この方移動は電車と歩きだけだそうで、今日は朝から歩き通しだそうです。で、明日から北海道だとか。タフですね。


また、天龍村へ

今日も梅雨委の晴れ間の八ヶ岳です。昨日の夕立で遠くの山々がクリアーに見えています。
富士山の前の甲府盆地は薄雲に覆われた朝です。
富士山

庭のホタルブクロが咲き始めました。
ホタルブクロ

今日も梅雨の合間の晴れ。天気予報によるとこの先曇りがちになるようです。ブッポウソウの巣立った雛を見るにはまだ少し早いのですが、天気に誘われて朝から天龍村まで出かけてきました。天龍村までは千葉からは遠いのですが、八ヶ岳からだと日帰り旅行圏内ですね。

朝10時に現地に到着。船橋から来られた方。水戸から来られた方。名古屋から来られた方などみなさん遠方から泊りがけで来ておられます。通常は珍しい鳥の撮影地は公表しないのですが、天龍村のブッポウソウは村挙げて保護に乗り出しておられ、かつ、村の広報でもリアルタイムに状況が載せられていますので、ここで紹介しても構わないでしょう。

小生の天龍村訪問は今度が3回目です。その中で知ったことなどを紹介します。
一番の問題は、非常に狭い山間の谷の村故駐車場はほとんどありませんので、遠くに止めてでも徒歩で撮影サイトに向かうなど一層の気遣いが求められます。

一番の有名場所は、村役場の屋上の巣箱を隣のお寺の一角から撮影することですね。ここは鳥まで一番近いのですが、問題は役所の屋上のアンテナに止まるので、真っ黒に写り、小型のカラスになってしまうことと止まりものが人工物なので図柄がいまいちです。近くの木に止まることはめったにないようです。駐車スペースも限られています。

2番目の場所は、一つ上流側の鉄橋に掛けられた巣箱。
ブッポウソウ13-2


今年は巣箱が天龍川の中ほどでかなり距離があります。ここで一番留まる場所が鉄橋の上ですが、近くの木に止まることもしばしばです。こんな風に鉄橋が写り込みます。
ブッポウソウ2

ブッポウソウ11ー2
ブッポウソウ12-

ここは地域の人たちのゲートボール場の脇なので駐車スペースはあってもゲートボールが開催される時にはバーダーの車が邪魔になってしまいます。小生は12時には退散しましたが、ゲートボールが始まるのかご老人が集まり始めていました。今後撮影者が増えると、地域の問題になるでしょう。

3番目の場所が、村役場の下流の鉄橋。景色はいいですが、お勧めできません。
巣箱2

ここの問題は駐車スペースが全くありません。路上駐車する人がいるとその内禁止になるでしょう。遠くに止めて歩く覚悟が必要です。でも、一番景色がきれいな場所です。
天竜川1

鉄橋の付け根から相当遠いし、かといって河原に下りて撮影すると、ほとんど空抜けになります。

今回は巣立ち前ですので、まだまだ木に止まった姿をじっくり撮影はできませんでした。所詮、巣箱の野鳥撮影。粘っても皆んな知ってますので、希少価値などないし、2時間で退散しました。

アナベルの成長

2週ぶりの八ヶ岳です。昨日は次男が友人たちとBBQ、釣りを楽しみに来ていました。その後始末も気になったのでやってきたのですが、随分きれいに後片付けしており、安心しました。もう30台も半ばの男たちですから、若い時のようなはしゃぎ方はしないのでしょうね。ただ、暑かったのか天井ファンは動いたままでした。

今日は八ヶ岳でも室内は27℃と決して涼しくはありません。千葉は34℃となっていますから、それでも7℃ほど涼しいのですが。そのうえ3時過ぎから雷の夕立で土砂降りの雨。真夏が来るのが早すぎますね。

2年前に小さな苗を植えたアナベルはこんなに大きくなり今年はたくさんの花が咲きそうです。
アナベル白

一方、同時に植えたピンクのアナベルは、未だにこんな感じです。ずいぶん成長に差がありますね。
アナベルピンク

今年で5年になるブルーベリー。3-4種類で7株植えてあります。ようやくたくさんの実をつけるようになりました。収穫はまだ先ですが、写真のように10円玉大の実もできました。
ブルーベリー

森を眺めていると、ミツバツツジの脇に大きな土筆のような野草が。これ何?でしょう。葉っぱが落ちたマムシソウにも見えるが、葉がなく、節があります。
これ何

明日はブッポウソウを見に行きます。もう巣立ちが始まっていることが期待です。

サンコウチョウ 嗚呼残念

今日は朝から風が強い。これでは印旛沼は強風だろうとサンカノゴイをやめにして、森の中に行きました。今年は巣作りはいったん失敗したのかサンコウチョウは諦めていたのですが、まあ暇だし、行くだけ行ってみました。家から1時間はかかりますが、ゴルフでよく行くところなので遠い感じはありません。

行ってみるとカメラマンが4人いました。聞いてみると営巣しているとのこと。
早速三脚とカメラを準備して、巣の場所を教わるもののしばらく分かりませんでした。暗いし、巣は小さいし。何度もカメラを覗かせていただきしばらくしてどうにか巣を捉えることができました。

写真を撮って、よくよく見るとメスが卵を温めているようです。ずいぶん拡大しましたから分かりますが、500mm望遠カメラを覗いても巣だとはわかりません。AFでは手前の枝にピントを取られるので、マニュアルです。
サンコウチョウ3-2

抱卵をメスとオスが交代するのを待つこと2時間。ようやくオスを捉えましたが、なんせ枝と葉っぱの向こうに隠れていますので、これが精一杯でした。目のアイリングと長い尾が見えますので、とりあえずはこれでよいか。
サンコウチョウ2ー2
サンコウチョウ1-2

草との格闘 千葉

この梅雨は、千葉は曇りは多いものの雨はたいして降っていないように思います。今日は雲が多いものの晴れ間が広がり、気温、湿度も一気に上がりました。

畑はジャガイモ、タマネギを収穫した後放っておいたらご覧のような雑草になってしまい、トマトは草の中に入らないと取れないと女房殿に文句を言われてしまうほどです。
畑

昼前の気温が上がる前に畑の除草周辺の草刈りを済ませました。
畑aft

ついでに分葱を植えておきました。キュウリは第1陣はそろそろ終わりで、第2陣を植えないといけませんね。明日植えましょう。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -