FC2ブログ

ソラマメの収穫

今日も快晴でした。早朝から真名カントリーでゴルフを楽しみましたが、暑いくらいの天候で、途中気持ちが少し飛び始めました。でも腰痛がだいぶ良くなったので、ゴルフも回復基調ですので結構楽しめました。

ソラマメが収穫の時期になりました。さっそく、ソラマメを塩ゆでしてビールを一杯。新鮮なソラマメは美味いですね。

ソラマメの欠点は、一気に収穫時期になるために、食べきれないし、少しでも収穫が遅れると黄色になり、固くなります。毎年、半分以上の豆を無駄にしてしまっていますので、明日はできるだけ収穫して、茹でてから冷凍保存します。
ソラマメ

千葉の里山の猛禽

今日は朝から快晴です。光がよいので野鳥を撮影に出かけました。こんな光ならやはり原色系のカワセミでしょう。と言う事で近くの調整池に出かけたのですが、1時間ほど待っても姿を見せませんでした。退屈なので通りかかったヘリをパチリ。撮ってみるとドクターヘリでした。
ヘリ1-2

同じ住宅地の公園に毎年ツミが営巣するので行って見ました。カメラマンが一人来ていましたので話しかけると、目の前に止まっているよと。じっとしてほとんど動きがありません。どうやら連れ合いが卵を温めているようです。
ツミオス1-2
ツミオス2-2

場所を変えて、アオハズクが毎年来る場所に行ってみると、アオハズクはまだ来ていないが、フクロウが営巣しているようです。
営巣中のため動きがなく、適当に撮影して早々に帰ってきました。
もうしばらくして雛鳥が巣立ちしたらもう少しは絵になる写真になるでしょう。
フクロウ11-2
フクロウ12-2

千葉の住宅地の周辺でもこんなにいろいろな鳥がいますので結構楽しめます。

アンチョビオイル漬け

今日は朝から雨。雨の日はゴルフの練習にかぎります。
午後、4月8日に塩漬け始めたアンチョビがもう1ヶ月半くらい経っていますので、塩漬けを終了しました。

塩を洗い流し、薄皮やヒレなどを丁寧に取り除きます。それをペーパータオルに並べて水分を拭き取ったらビン詰め開始。
鰯


ビンは予め煮沸消毒してから乾燥してあります。その中にイワシを並べていき、オリーブオイルを入れます。この際、イワシの間に空気が残らないように注意しながらオイルを入れていきます。
ビン詰め


これをさらに冷蔵庫で1〜2ヶ月熟成したら食べ頃のアンチョビが完成です。ずいぶんたくさん作ったつもりでもバーニャカウダーにしたらあっという間になくなります。

友人の別荘で宴会

土曜日から友人の館山の海の家で宴会兼釣りを楽しんできました。釣りはおまけのように短竿 1本に小物仕掛けを持参して、キスでも釣れれば宴会の魚になるねっと、気合の入らない釣りです。

友人の海の家は津波を嫌って山頂に建っており、館山湾が一望できる立地です。その代わり風が半端でなく強いのが玉に傷。
image1[1] (2)

途中、この界隈では人気のラーメン店「やまき」によって昼食。野菜ラーメンがお勧めです。野菜たっぷりでその出汁がでてうまい。野菜炒めラーメンと呼んだほうが的確な味ですね。
写真は野菜ラーメンにチャーシューのトッピング。
image1[1]
image2[1]
入り口にこんなポスターが貼ってありました。多分、この土地の歌い手さんでしょう。何か懐かしいのでパチリ。

image3[1]

さて、腹いっぱいになったところで釣り開始。目的のキスは堤防全体でも多分ゼロ。友人がどうにかタカノハダイを釣りました。荒磯の釣り師として名誉のために断っておきますが、通常はリリース対象の魚です。が、塩焼きは旨かった。
友人

そして日曜日。
今日の昼食は、漁師料理で有名店の相浜亭。
昼食

写真は食べかけのたしか「その日丼」。具は決まっておらず、その日次第だそうです。
その日丼

これで1200円だったかな。大盛りですので女性には完食は無理かな。

雑草との格闘

千葉の庭は雑草が伸び放題です。タチが悪いのは、クリスマスローズや秋明菊などの間に蔓延るドクダミでして、地下茎で伸びるのでいくら取っても次々に生えて来る。きりがないのです。昼から半日かけて雑草と格闘しました。でもまだ明日の分が残っています。

雑草がはびこった庭
庭1
庭2

除草したら少しはすっきりした。
庭3
庭4
庭6

放ったらかしの千葉の菜園

八ヶ岳で楽しみにしていた紅花栃の木、小梨、ヤマツツジの満開の姿を楽しめずに17日ぶりに今日千葉に戻ってきました。多分、次回八ヶ岳に行ったときは散った後でしょう。千葉は、湿度が高く、気持ち悪いような蒸し暑さです。

留守の間にニンニクは一変していました。葉が全体的に黄色に見えるのです。
ニンニク1


そろそろ収穫時期かなと思って近くで見ると、葉が黄色に見えるのは、さび病のようです。茶色の斑点がたくさんできていました。試しに茎の太いものを抜いてみると、ご覧のとおり、球根は大きくなっていません。アーア、今年もニンニクは失敗の模様です。
ニンニク拡大

エンドウは誰も収穫しなかったので食べきれない量の実がついています。今日食べる分だけ収穫して、明日は全部収穫して冷凍保存しておこう。
エンドウ

ジャガイモは今のところ順調ですが、ジャガイモの場合はやはり梅雨に入ってからの病害ですね。農薬は使いたくないのでこれも仕方ないですね。

しばらくは千葉からのリポートになります。

萌木の村のナチュラルガーデン

今日は朝から曇天で、昼からは雨の予報でした。明日は千葉に帰りますので、芝生が濡れる前に慌てて朝から芝刈りです。

芝刈りの邪魔になる芝の中の枕木の踏石を取りましたので芝刈り機だけでできるようになりました。
その後、サッチを丁寧に掃き取って、肥料をまいて完了です。
次回は綺麗な青い芝庭になっているはずです。
IMG_0689[1]

清里の萌木の村にポールスミザーさんが3年前に作り始められたナチュラルガーデンの様子を勉強に行きました。彼の庭をお手本にして庭を作りつつあるのです。彼の庭は花が中心ではなく、いろいろな葉を組み合わせて美しさを演出するものであり、葉ゆえに長い時間楽しむことができます。花は、そのアクセントとして使っておられる。
IMG_4044[1]

IMG_8728[1]

3年を経過して大分庭らしくなってきましたね。これを真似しようとすると、一気に植栽して、グランドを雑草よけのために砂利やウッドチップでカバーしないといけないので、大変高くつきますね。小生は、毎年少しづつ株分けして増やそうとしていますので、グランドを覆うことができずに雑草との格闘の繰り返しで、遅遅として進みません。

八ヶ岳南麓は春本番

八ヶ岳南麓 1200mの高原でも桜は散ってようやく安定した暖かさになりつつあります。こちらにやって来て4月末に植えたズッキーニはその後の寒さで一発でだめになってしまいました。やはりゴールデンウィークが終わらないとこの高原には春は来ていませんね。

わが庭のミツバツツジは満開になりました。
ミツバツツジ2

でも、ヤマツツジはようやく咲き始めたばかりです。
ヤマツツジ2

ベニバナトチノキの蕾がようやく開花直前になって来ました。
栃の花2

今日は近くのパノラマの湯の隣にあるパノラマ市場で苗の安売りと山菜のてんぷらのサービスをしていましたので、苗を手に入れてきました。宿根草の苗がなんと100円から150円ですからものすごくお徳でした。早速、新たに花壇を拡張するのに雑草退治です。
花壇2

早速植えつけました。夏が楽しみです。
花壇

ドウダンツツジを植える

前から気になっていたのですが、我が家の道路から駐車場、芝庭には何の柵もないので締りがありません。誰でも通行自由の状態です。
篠田植木屋さんが比較的大きなドウダンツツジを1500円で売っていたので、お買い得と、10株手に入れて植えてみました。実は5年前に千葉で買ったドウダンツツジを八ヶ岳に植えたら枯らしてしまいました。ドウダンツツジは耐寒性は強いのですが、暖かいところで育った苗は着きにくいみたいです。今回は、高原で手に入れた苗木ですから大丈夫でしょう。

まずは野芝をはがしていきます。

ドウダンツツジ

ドウダンツツジを植えた姿です。
ドウダンツツジ2

4-5年経って木が力強く発芽し始めると見かけがよくなるはずです。高原での紅葉が楽しみです。

友人の山の家訪問

今日は会社の後輩が作りつつある山の家を訪問しました。場所は駒ヶ岳の麓というか日向山でした。まさに山林の中で周囲に家はありません。その森の一部を切り開いて、トレーラーハウスを据えて一家5人で楽しんでいました。今からログハウスを自分で建てるのだそうです。

感心するのは、ロシア人の奥さんとその子供たち。虫だらけ、動物だらけの環境を楽しんでいます。広葉樹の森ですから、鹿、猪、猿、熊はもちろん生息しています。昨晩は周りでフクロウが鳴いていたそうです。電気は小型発電機で発電しているのですが、テレビ、水洗トイレ、風呂はもちろんなし。できるだけ原始的な生活がよいのだとか。日本人の感性では多分無理な生活ですね。

ついでに我が家の庭で今朝写した野鳥を載せておきます。

まずはセキレイ。
セキレイ1-2

ホオジロです。
ホオジロ1-2
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -