FC2ブログ

睡蓮の植え替え

今日は時間がたっぷり。寒い中で我慢して水仕事して指先が凍えました。
睡蓮を水から上げて古い根と茎を取り除いて、新芽の部分だけにして、水生植物用の土に植え替えました。普通の土だと水に入れたら浮き上がる物が多くて、水が汚れます。




底の浅く、広口の鉢に植えて完了です。


夜になると小鉄は8時になったらもうお眠。だんだん瞼が重くなります。




スポンサーサイト

カメラレンズによる画質の違いは?

暇を持て余して望遠撮影の比較をしてみました。愛好家のブログには見事な猛禽の写真が載っていますが、小生の写真はいつもちょっとボケ写真。何が原因かな?

遠い猛禽を想定して、150mくらい離れた瓦屋根を撮って比較しました。
1. canon power shot SX50HSで650mm撮影
焦点深度が深いので背景まで明確に写るため立体感に欠けますね。
パワショット2
2. タムロン 150-600mmで650mm撮影(カメラのクロップで1.3倍ですから、焦点距離は500mmです)
2.1 絞り開放 で6.3
タムロン2F63

2.2 一段絞りで7.1
タムロン2f71

3. Nikkor AF-S 500mm単焦点レンズ(ニコンD7100 のクロップで1.3倍=650mm相当)
3.1 絞り開放 で4.0
ニコン2 f4

3.2 一段絞りで4.5
ニコン2 F45

3.3 2段絞りで5.1
ニコン2 F51
タムロンのズームレンズとニコンの単焦点レンズの違いが今ひとつ言葉では言い表せませんが、ニコンの方が立体感があるような印象ですが、どこがとは言えません。ただし、被写体と距離によっては価格差ほどの差が出るのか疑問です。散歩の共はタムロンの持ち歩きで十分かな?

次はテレコンによる画質の劣化の検証です。nikkor500mm単焦点レンズにkenkoのpro300のテレコン 1.4倍と2倍を付けて比較です。ただし、写真の外側の画質が劣化するのは分かっていますので、ニコンD7100のクロップ機能で中央部の写真の比較です。このカメラなら2倍のテレコン付けてもAFは機能します。

4.1 1.4倍のテレコン(焦点距離 900mm相当)
ニコン2 14倍

4.2 2.0倍のテレコン(焦点距離 1300mm相当)
ニコン2 2倍

ニコンD7100は、F8でもAFが機能することを確認できたことが収穫で、2倍のテレコン付けても十分な画質ではないでしょうか。鬼瓦が鳥なら遠くの猛禽もそこそこ撮れますね。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -