FC2ブログ

山暮らしの知恵 薪ストーブ考

別荘を楽しむことを計画しておられる方々に薪ストーブの使い方を小生なりに参考にしておきます。

薪ストーブはこの寒冷地、特にほとんど留守で冷え切った家を使われる別荘族にとっては必須のアイテムですね。冷え切った家を温めるのに石油ストーブではまったく力不足です。想像してください。家の柱から壁まで全てが0℃の家。これをどうやって温めるのか?薪ストーブは表面積が1~2平米の鉄の塊が200~300℃で放射熱を出しているのです。もちろん薪ストーブのサイズによりますが、70~80平米位だと家中が穏やかに温まり、翌朝などは千葉よりも暖かいくらいです。別荘をお考えの方には是非お勧めです。

ですが、薪ストーブの専門家の記事で同意できないことがたくさんあります。

1. 広葉樹がほとんどない国で生まれた薪ストーブがどうして針葉樹を燃やすことを勧めないのか。煙突が汚れるとか高温で鉄が傷むとか言われますが、おかしな話です。欧州や北米にコナラやクヌギなど広葉樹はほとんどありません。

2. 焚き方で、煙突を汚さない、鉄を傷めないためにストーブの天板の温度が200℃以上になるように燃やすように書かれていますが、確かに、その方が煙突の引きは良いし、燃焼も安定して、煙が少なく完全燃焼するようですが、それでは暑くてたまりません。室温が25℃、ロフトは28℃になってしまいます。煙突が汚れようとも小さな燃焼は必要です。

3. 寝るときは朝まで火が持つことを第一にして、煙突やガラスの汚れなど気にしていません。汚れなど掃除すれば済む話で、暑くなりすぎや朝の冷えなどの方が大事です。快適さが第一。大きな薪を入れて、全体に火が回ったら朝まで火が持つように空気を絞ります。朝の室温は18℃でした。快適です。

もともと薪ストーブは別荘族のためにあるのではないのです。別荘族は急速に温めたいし、暑くなりすぎるのも嫌。快適に過ごすためには、煙突の汚れなんか関係ない。薪ストーブを使っても時間は常駐者の1/10にもならない。少々煙突が汚れるような使い方しても、たいして汚れません。

毎日薪ストーブを使われる方は、煙突の汚れは気になるでしょうからこんな焚き方はまずいでしょうが、たまにしか使わない人はまったく別の炊き方の方が快適です。





野鳥レストランで悲しいできごと

野鳥が沢山集まるのを楽しんでいましたら、可哀想な事故が起きてしまいました。森のデッキにカワラヒワが2匹落ちているのです。1匹は意識があるようで、じっとうずくまっていますが、もう1匹は横たわって動きません。



多分窓ガラスに衝突したのでしょう。デッキの手すりに水を準備してあげたのが、まずかったのかな。水場と窓ガラスが近すぎたのでしょう。小鳥たちに申し訳ないことをしました。今後は窓には必ずカーテンをするようにします。

しばらく様子を見ると1匹は飛んで行きましたが、他方は死んでいました。森に埋めて拝んでおきました。

野鳥レストランは大繁盛

新装オープンした餌台は2週間留守しても十分にヒマワリの種が残っていました。そのせいか野鳥レストランは来客が多く繁盛しています。

まずは常連のシジュウカラとカワラヒワさん、ご来店。




次は、シメご夫妻。初のご来店です。でも、シメさんは店を占有して、シジュウカラとカワラヒワが餌台に近づけません。

シメの夫




シメの嫁


こうして小鳥が集まるとアカゲラ、コゲラ、キジバト、ヒヨドリたちも集まりました。

もうフクロウウォッチングは十分楽しみましたのでちょっと他の野鳥を探しに出かけました。

ベニマシコやキレンジャク、オオモズ、コミミズクが居たら最高なんですが。コミミはようやく現れたとの情報を得ました。でも、居たのはノスリだけでした。

森のテラス作製の下準備

2016年が始まりました。今年は庭造りは何を目指すかな?課題がいくつかあります。どれもDIYにとっては大工事です。

一つは、女房殿のリクエストでテラスを作って欲しいと。写真が計画した場所です。森の渓流の脇で焚き火炉の横ですから雰囲気は最高でしょう。でも、元を取れるほど使うかは疑わしいですが、景色を楽しむだけでも良しとしましょう。


この冬は1160mの高地でも緩く、土壌が凍っていません。今年は未だに土掘りができますので、下準備をしておくことにしました。テラスの脇になるだろう大岩の周辺を掘って、テラスと岩の完成した時の姿をイメージします。この岩は椅子に使えそうですね。


次に傾斜地の下端を掘り取るのでここに土留めが必要ですね。


土留めになりそうな岩を庭で探して、試し掘りして動かせる大きさか確認しておきました。
(八ヶ岳南麓の高原はおそらく太古の昔山容が崩落してできたのでしょう。そのためか土を掘ると岩がゴロゴロ出てきますし、泉が多い)

テラスに使う枕木が根太に3本、床に20本。その他斜面の階段に18本。テラスに23本ですから合わせて41本ですが、枕木は曲がっていたり、腐れていたりしますので、予備も入れて45本は必要です。

安い枕木をインターネットで探しましたが、運送費が高いので、結局単価は高くても地元で買うのが最安でした。
工事開始は4月ですね。

水道管が破裂した

新年初めての八ヶ岳です。ゆっくり千葉を出て途中食材を買ってから山の家に着きました。

水道の元栓開けて、キッチンの蛇口を開くと何か変。勢いがとっても弱いのです。外に出てみるとボイラー周りの配管から水が噴き出しています。

保温材を外して見ると本管からボイラーに分岐するフレキシブル チューブが外れかけていました。


これなら部品があれば自分で直せると思い長坂のJマートに行くと、フレキシブルチューブが有るにはあるが、どれも室内配管用で細くて使えません。

仕方なく水道屋さんに頼んでようやく洩れが止まりました。これでトイレも使えます。ヤレヤレ。


凍結の原因は何なんだろう(水抜した後は、電気ヒーターは切っています。空の配管をヒーターで加熱すると電気代が4000円くらいかな)。水抜きしてるのにどうして凍結するのかな。ようく考えてみると。
フレキシブルチューブは溝に水が多少残ることは避けられません。



ゴルフ初め

31日から飲み続け。体を動かして少しはアルコールを抜かないと。
そんなことで新年初ゴルフを楽しんで来ました。今年の抱負は格別なし。あるがままに。As it will be, です。

場所は、成田東CC。千葉で一番レーティングが高いコースらしいです。見てください。どこにもフラットなところがないコースや長いミドルコース、390ヤードクラスが二つ。還暦越えのじいさん達には酷でした。おまけにグリーンが難しいです。パーオンを3回しかないのですが、それも全部ダブルボギーにしてしまいました。パターは練習もしないが、本当に下手です。


池が多くて、水鳥が沢山。カメラを持って来るんだった。これi phone撮影です。


真冬なのに春のような暖かさで、天気は最高だった。バカタタキはなし。それでも残念な結果です。

新年のあれこれ

新年あけましておめでとうございます。
今年も週末の野良仕事を中心に週記を記してまいりますので宜しかったらアクセスして下さい。

静かで平和な新年を迎えています。暖かい冬なので山にはまだ餌があるようですが、ようやくシジュウカラが野鳥レストランにやって来るようになりました。


今年の新年は子供達の家族が入れ替わりやって来るので、酔ったり覚めたり。作った燻製は子供達に持たせてようやくなくなりました。
我が家のお節料理の定番は、筑前煮、棒ダラ、ごまめなどなど。これに加えて飲助の自作の燻製、ナマコ、あん肝。


小鉄の大好きなパパ(長男)とお兄ちゃん(次男)が帰ったら、興奮しすぎたのかお疲れ気味。


酔い覚ましに善哉を頂いてます。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -