FC2ブログ

巣箱の住人

昨年森に万能巣箱なるものを掛けておきました。シジュウカラの巣箱より大きく、穴も80mm径です。何が住みつくか楽しみにしていました。リスやムササビが利用することもあるそうです。

この巣箱をカラスが覗きにきたりしていました。カラスの場合は、巣としての関心より、卵ねらいかも知れません。カラが小さな穴の巣箱を好むのも納得です。

さてその危険な巣箱の住民が現れました。初めて見る鳥で、図鑑で調べてみると、コムクドリのようです。せっせと夫婦で巣材を運びこんでおります。




もう一方の入り口が27mm径の巣箱には今年もシジュウカラが住んでいます。こちらは抱卵中のようです。こちらは入り口が小さいので、カラスの頭は入らないでしょう。安心です。

山菜が揃った

5月3日も快晴。1167mの我が家の周辺では桜が満開です。


我が家の森を庭を観察しているとタラの芽を発見。八ヶ岳に植えようと千葉でタラの芽の苗を栽培しているのに、すでに八ヶ岳の家にもありました。

(タラの芽)

これで、自分の家の庭に、サンショウ、コシアブラ、タラの芽、ワラビ、コゴミが揃っています。でも、正直言うと千葉の家では、タラの芽はあっても取って食べたことはないですね。

(コシアブラ)


(ワラビ)

植木を植えてもらう

次男の結婚記念樹のジュンベリーが樹皮の下を虫に食べられダメになったので、新たな木を植えてもらいました。長男の記念樹 ヤマボウシと並んでいます。 お隣との境に、目隠しのコニファー。自然な庭にしたいので、常緑樹はあまり好みではないのですが、目隠しには仕方がない。黄緑のエレガンテシマと青系のブルーエンジェルを交互に計7本植えました。青系のコニファー、ブルーエンジェルは1200m近い我が家では冬を越せないかも、と言うことで、植木屋さんの篠田さんが試してみたいと言うことで、ダメだったらブルーアイスに変えてもらいます。 完全に、視界を覆ってしまうと閉じた空間になってしまいますので、間を広くしました。円錐形のコニファーの間に丸型や這い性のコニファーを入れてコニファーガーデン風の一画もありかな。 西の森の庭は、一冬越すと枯れ枝が沢山散らかっていますので、自作の焚火炉で焼却しました。

芝生の手入れから

5月1日今朝は快晴。でも、少し霞がかかっている。

山々は雪を残し、コントラストが美しい。高い順にアップ写真です。

富士山


南アルプス 北岳


南アルプス 駒ケ岳


八ヶ岳 赤岳

さて、春の庭作りは、芝生の手入れから開始です。

まずは熊手でサッチをかき集め、ローンスパイクでエアレーションしたら、肥料をまいて新芽の発芽の準備完了です。

芝生の成長は早く、花壇に侵入してきましたので、花壇の芝生を剥がして、境界に根止めのプラスチックの板を埋め込んでいきます。


根止めを埋めたら、石を並べて出来上がり。これで芝生を止められるかな?
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -