FC2ブログ

来春の支度の庭仕事

昨晩の夜空は快晴で、夏の大三角形に天の川が見えました。

土曜日は朝から快晴。



八ヶ岳ブルーの空の下で朝食です。




朝ご飯を食べていると、コゲラがやはり朝食を食べていました。

これCANON POWER SHOT SH50HSで手持ちで撮った写真です。ブレません。

畑の花豆は順調に実を結んでいます。このまま放っておいて、完全に枯れてから収穫です。楽しみです。


まずは、森に何が入るか分からない万能巣箱を掛けました。カラ類には大き過ぎですが、ゲラやリスなどが使うかもしれません。高さは、5m位は欲しいと書いてありました。ちなみに、カラ用の巣箱は2つとも使った跡がありました。


八ヶ岳の春、夏は短く、隔週の訪問では、1000平米の庭はまだ、手付かずの場所ばかりです。来春は、庭作りに集中しないと。女房殿と小生担当のエリアに分けて庭作りです。女房殿の担当は、今畑にしている明るい日向の庭。小生は、玄関アプローチの半日陰。

まず、女房殿の担当エリア。耕すのは小生ですが。
アジサイを2年前に千葉から移植植したのですが、今や瀕死の状態で、寒さに耐えられないようです。で、今回は寒さに強いアナベルを植えます。ポールスミザーさんによると、アナベルは集めて植えたが良いと。白が二本に、ピンクが一つです。ただ、秋植えで大丈夫か心配です。冬の前に、根元に落ち葉で布団を掛けておこう。

杏とゆすら梅を植えました。さらに千葉のボケを移植しました。後は、春になったらジュンベリーを植えて、周りに草花を植えて一段落です。

次は小生担当の玄関アプローチ。落葉樹の下なので、半日陰に向いた草花の庭にします。ギボウシ、クリスマスローズは植えてあるのですが、まだまだ野草だらけです。今の内に少し準備をしておこうと、雑草を抜いて、好きな草花を植えましょう。
去年の秋にクサソテツの苗を植えたのですが、全滅でした。森からシダを掘って来て移植しました。その脇に、フウチソウをかためて植え、さらに、その前面にスノードロップの球根です。


野良作業を終えたらパノラマの湯へ。5時には超満員で、駐車もできません。露天風呂は、身の置き場がありません。明日は、早く帰らないと渋滞がひどそうです。

シングル煙突を二重断熱煙突にDIY

金曜日の夜、会社から帰って来て、首都高の渋滞が無くなるのを待って千葉を出ました。今回は久しぶりに娘も来ると言うので、恵比寿に寄り道です。

土曜日は、八ヶ岳は秋の空気で、北風が冷たく、庭のモミジは日当たりが良いところから紅葉が始まっています。


天気は雲が多いものの山々が見えています。



今年は雨が多く、涼しい日が続きましたので、ひょっとしてもうジゴボウがでてるかな?と思い、早朝から近くの落葉松の林に探しに行きました。ありました。ありましたよ。ジゴボウが。


ジゴボウは、ぬめりがあり、汁物にとろみが出て美味しい。塩水にしばらく漬けて虫を出し、味噌汁でいただきます。

キノコ狩りのついでに、森で見かけた花。野の花の名は何にも知りません。






涼しくなってきましたので、屋根の仕事もできるようになりましたし、八ヶ岳ではそろそろ薪ストーブの時期です。今回は煙突のDIYです。ちょっとした作業だし、煙突外して途中で、残りはまた再来週とはいかないので三連休を利用しての作業です。

今使っているのはシングル煙突ですが、言われているような排気力の不足は全く感じません。でも排気力を増して、ダンパーを付けた方が燃焼を制御し易くなることを期待して、屋外だけでも断熱煙突に改良します。と、言うよりも、なんだか、いじりたいのが本音ですが。

今の煙突は、規格外なのか外径135mmなので外筒は、150mmの煙突でできます。ホンマの煙突はこの上は200mmになるので、太過ぎです。断熱層は7mmしか取れませんが、セラミックの断熱テープ3mm厚さは巻けます。断熱層は薄くても、直接外気に接しないので、多分90%程度の改善効果はあるでしょう。



まず、既存の煙突をはずして地上に下ろします。肉厚が厚く、結構重いので、安全対策のため屋根の反対側に有る白樺の幹にロープを結んで安全ベルトにつないで屋根での作業です。


地上で溶接で付けて有る煙突トップやサポートのブランケットをグラインダーで削って外し、ニチアスの3mmの断熱テープを巻いて、所々ステンレス線で固定します。

次に、外筒を被せますが、工夫が必要なのは、内筒と外筒の隙間の上端をどう納めるか?
でも、やってみると3mmの断熱材で一杯で、外筒がぎりぎり入りましたので、断熱層の空気の動きは気にしなくて良いようです。

後は、屋根に取り付け、風で倒れないようにワイアで3方向から引っ張ってできあがり。

DIYなら材料代、2万円ちょっとで2mの断熱煙突が出来上がりますね。

二重化工事のついでに自作ダンパーを取り付けます。煙突径が特殊なので市販のダンパーは合いませんので、ダンパーは、草払機の古い刃を切って、Uボルトで締めて作りました。不安な点は、熱膨張でボルトが緩まないか?です。




(自作のダンパー)
これで排気する力と制御性は増すはずです。

スーパームーン

昨晩は千葉は晴れ。最も大きな満月らしいです。スーパームーンを楽しめました。
キャノンのコンデジPOWER SHOT SX50HSで撮ってみました。これは手持ちで撮影しました。望遠の手振れ補正は素晴らしいてすが、ちょっと鮮明さがイマイチ。設定が小鳥撮影用だったのもまずいですが、夜空は苦手かな?


今週末の八ヶ岳は、晴れの予報。天の川の撮影が楽しみです。

秋野菜の植え付け

千葉の休日。午前中は小雨で畑作業はできません。しばらく小鉄と遊んで雨が上がるのを待ちます。

チワワの小鉄は、家族には甘えん坊ですが、よその人には警戒心がとっても強く、少しの物音でも吠えながら音の方向に走り、外では他人には全て吠えかかり、機嫌を悪くすると飼い主にさえ噛む動作で威嚇する、とっても気性が激しく、家族意識が強い性格です。これは小鉄の個性かな?と思っていたら、チワワはどこも同じような性質のようです。こう書くと、可愛くないペットのようですが、とっても家族を守る意識が強く、感じていることが直ぐに顔にでて分かりやすい。賢く、日本語が分かります。小生は犬語は分かりませんが。可愛いワンコです。

今日は、そんな小鉄特集です。


ハンサムな小鉄です。


何を憂いているのか?


嬉しいな。散歩に行ける。


小鉄は、シマウマのマサオがおもちゃです。


トト、もう寝ようよ。

雨が上がるのを待つ間、トトにくっ付いて昼寝です。


千葉の畑に石灰、堆肥を入れて2週間経ちました。この間、雨は十分降りましたので、もう土は馴染んでいるでしょう。

大根、白菜は種を蒔いてから新芽がバッタ、コオロギに食われないようにシートで覆いました。周りが草原なのでこれをしないと全滅します。大根の新芽は食われないはずですが、念のため。
白菜は初期の生育が大事で、土作りで結果は大きく変わりますね。だもんで、白菜の畑には、さらに自家製堆肥をすき込んでいます。

ほうれん草、春菊も種まきしました。春菊は、霜が降りるとダメになるので、11月には、ビニールで簡単に覆います。

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーは、色々な種類の苗を買って植えます。種類を変えないと、一時に食べ頃になってしまいます。カリフラワーは特に、全部同時に収穫時になります。でも、種類を変えると収穫時期が微妙にずれます。収穫時期を植え付けの時期で調整しようとするとなかなか面倒ですね。


苗を植えたら全体を網トンネルで覆ってバッタ、青虫から苗を守ります。家庭菜園ですから薬は一切使いません。周りの草原のバッタ、コオロギ、蝶々まで薬で駆除はできませんから。


畑作業のついでにニンニクを植える準備もしておきました。三家族分ですから、100個位は植えよう。

もうしばらくしてから玉ねぎ、ソラマメ、エンドウ豆の畑を準備したら春まで土作業は休みです。やれやれ。

ゴルフ 千葉 真名カントリー

また、ゴルフです。こんなに遊ぶと女房殿の怒りを買いそう。何かなだめる物でも買ってあげないと。

今回は、千葉の真名カントリー。ソウルオリンピックの時に、アメリカの選手達が事前調整に滞在した長柄ふるさと村の一画です。カントリークラブにしては、モダンな建物です。


九十九里浜と海が一望できる丘の上にあります。


今回は友人たちとのお気楽ゴルフです。もう、暑くはないし、ベストシーズンになって来ました。スコアーを作るよう頑張ります。

と、思ってスタートしたら?やっぱり、ライオンズクラブでした。
練習場と本番では同じスウィングができません。広々としているのですが、池は多いし、グリーンはポテトチップみたいにうねっています。トホホ。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -