FC2ブログ

ナチュラルガーデンと畑作り

八ヶ岳の春は、5月から始まります。
新緑と南アルプスが綺麗です。



ポールスミザーさんの本を参考にして多年草の苗を買いましたので、野原にイメージしながら配置を決めます。

去年芝庭作りのために手に入れたミニ耕運機で力ずくで耕しました。と言うのも、この耕運機は軽量なため未耕作地では土が硬く、表面を転がるだけで耕してくれません。なので体重を載せないと耕せません。これが思いの外重労働です。しかも枯れ草が車輪にまとわりつき、面倒です。でも、一度耕した所は快適、スピーディに土を細かくして、堆肥を均一に混ぜてくれます。


イトススキを奥に配置して、背の高さの順に花の苗と葉物を組み合わせて手前に植えました。
まずは、ルドベキアとアガパンサスを植えて、花の間にカレックスの葉物、手前にヒメツルニチニチソウのつるを這わせます。今は、苗が少なく貧相ですが、数年経ったら自然な庭が出来上がるでしょう。だんだんと庭全体に広げていくつもりです。しかし、ポール スミザーさんに相談したら、庭全体を花壇にすると疲れてしまいますよ、と。野草の間に小径を作って、野草を整理してやるだけで、自然な庭にした方が良いと。



つぎがアプローチ脇のクルミの半日陰の庭です。クサソテツ、クリスマスローズ、ギボウシ、シュウメイギク、竜のヒゲが植えてあるのですが、奥側にフウチソウ、アジュガを取り混ぜました。


次にジャガイモ、花豆の畑の耕作です。千葉は土が悪くジャガイモには向いていませんが(粘土層なのでジャガイモの肌がザラザラになるし、収穫が梅雨時のため腐りやすい)、八ヶ岳は清涼な気候で美味しいジャガイモ、花豆が期待です。ただ、花豆の葉は鹿の好物らしいので、周りにネットを立てないと。面倒ですね。

植木を植える

森のカタクリが咲きました。


今日は八ヶ岳の植木屋さんにお願いしてあった木を植えてくれます。
まず、野原側から。一本づつ位置と方向を検討しながら植えて行きます。
まずは、デッキの脇にヤマボウシ。デッキでお茶している時に道から丸見えは、嫌ですので。長男の結婚記念樹と目隠しを兼ねて居ます。


次が道からリビングが丸見えなので、イロハモミジを植えます。


後は、ヤマツツジとレンゲツツジを植えて、野原側は一旦の完成です。




最後に、森に赤い紅葉を加えたく、日当たりの良い所にヤマモミジを植えました。


隣のダンコウバイと赤と黄のコントラストの鮮やかな紅葉が期待です。


以上で野原、森も当面の植木計画は完了のつもりです。でも、また、植木市で衝動買いもあるでしょうね。

今日、萌木の村に行ったらポール スミザーさんが庭作りをして居られました。少し話していたら、TVカメラが回り始めました。NHKが取材に来ていて、11月頃プロフェッショナルとの番組で放送するようです。女房殿は、以前TVで放送していたスミザーさんの番組を楽しんでいましたので、しばらく話し込んでいました。化粧もせず、スッピンの顔でTVに出るかも。

明日は、ナチュラルなガーデン作りです。

また、パノラマの湯を楽しんでから、ダッチオーブンで鳥のもも肉を焼きます。が、焼き過ぎて、焦げました。

ウッドデッキDIY 床板張る

今日は、晴れ。ウッドデッキ作業の再開です。

ハードウッドだとネジの下穴用のドリル刃は6個も焼き切れてしまいました。プラスドライバーの刃も3個だめになりました。ハードウッドは本当に硬いです。

兄夫婦が助っ人に来ていただきましたので作業ははがどりました。根太、手摺りまでできました。手摺りだけは手触りを重視して材料をレッドシダーにしています。手摺をテーブルも兼ねようと400mm幅にしました。



床板は表からネジで止めずに、裏から止めると綺麗で、かつ、水の侵入する所が無いので良いらしいです。でも、コースレッドの裏からの斜め打ちはとっても面倒でした。

ここまで出来たら一休み。後は落下防止にフェンスを取り付けたら完成ですが、これは後回し。


森のデッキでビールにしよっと!

そして翌日。デッキの足が長いので、デッキを手で揺すると揺れます。筋交いを入れると全く揺れません。小鉄用の簡単なフェンスを付けて、完成です。フェンスは手抜きしましたが。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31