ジャガイモ畑の準備

今日は小春日和の暖かい一日でしたね。午前中はゴルフの練習して、午後はジャガイモ畑を作るのに、堆肥と鶏糞を撒いて耕し、畝立てをしました。お陰で腰が悲鳴をあげています。

例年は二月中には、種芋を植えていたのですが、今年は芽出しをしてから三月に植え付けようと思います。畑の水はけはとっても悪いので、梅雨前に収穫したくて、早めに植えていたのですが、芋が小さいので、今年は少し遅く植えつけてみます。

梅雨時の収穫になるでしょうから、水はけを良くするのに、高畝にして、畝幅は50cmにしました。
後は種芋の下に元肥を入れて出来上がりです。
スポンサーサイト

2018年も野良作業はジャガイモから

昨日は南西の風が吹き、畑の脇の梅も咲きはじめ、春はすぐそこです。
18-02-16_00001.jpg


そうなると寒いからと外での作業をさぼっているわけにはいきません。野良作業は、当然、ジャガイモ畑の準備から始まります。雑草を抜いて、一度耕しておきました。去年は2月27日に種イモを植えましたが、4月から5月が高温だったため、実が大きくならず、全くの不作でした。今年こそは立派なジャガイモを息子の家庭に配りたいものです。
18-02-16_00001_02.jpg

畑を耕すと、周りに野鳥がやって来て、出て来る虫やミミズを待っています。ツグミが、「早く畑を空けてくれないかな」とすぐ脇でお待ちかねでした。
18-02-16_00001_01.jpg

タマネギを植える

毎日が雨で、明日からまた雨だそうだ。慌ててタマネギを植えましたが、不安もあり。
タマネギの苗が大きいので、春になったら球が肥大化せずに、董立ちしてしまうかも知れません。多分、そうなるでしょうが、わざわざ遠くのホームセンターまで買いに行くのも面倒です。

150株植えましたが、董立ちを防ぐ方法をインターネットで調べてみます。


午前中はさわやかな晴天に誘われて、またまたカワセミの池に行って来ました。久しぶりの晴天なので、知り合いのバーダーさん達も皆さん撮影に出てきておられました。ところが肝心のカワセミは、もう腹一杯なのか、狩りはほとんどせずにうろうろするばかり。その内、2羽居たカワセミも全く姿を見せなくなりましたので、今日の撮影は午前中でおしまいにしました。
わずか1回のダイビングでしたので、肝心のショットはピンボケでした。
カワセミ_00001_08

カワセミ_00001_09

カワセミ_00001_10

そして止まりものを1枚。
カワセミ_00001_07

またまたオオタカ(サシバ?)

そろそろタマネギ畑の準備を始めないといけないのに、朝からカワセミのダイビング撮影の練習に出かけました。今年のカワセミは安全でかつ餌が豊富な場所に入って3時間待っても出てきません。葦で囲まれたワンドができており、その中でとっても平和に過ごしているようです。

カワセミを待っていると今日もオオタカ兄弟3羽が現れました。これで3日連続で池に様子を見にやってきています。仕方ないので、と言えば贅沢ですが、オオタカを撮影して今日も終了です。
オオタカ17-9-27-1

オオタカ17-9-27-2

オオタカ17-9-27-3

オオタカ17-9-27-4

追記
その後猛禽に詳しい方から指摘があり、風切羽が5枚なのでサシバとのこと。オオタカは6枚あるらしい。

秋野菜の時期ですね

秋雨の晴れ間に秋野菜 ブロッコリーとカリフラワーを植えました。キャベツも植えたいのですが、連作を避けるために場所がありません。
ブロッコリ

まだまだ虫が多い時期なので苗を虫除けの網で覆っています。
虫よけ

大根、インゲンも発芽しています。
大根
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -