FC2ブログ

夏野菜の準備完了です

今日は天気が良かった。明後日のゴルフのため朝から練習場に出かけました。自分でも分からないが、ゴルフはあまり好きではないのかも知れない。というのも、最近は本チャンの二日前に練習する程度になりました。あるいは練習の成果が上がらないので、あきらめの境地か?

そして午後は畑作業です。牛糞、鶏糞、草木灰をまいて、


耕運機で耕しました。これで三畝が準備できました。後は今夜から降るであろう雨にさらして、堆肥が馴染むのを待ったらマルチで覆い、苗の植え付けです。


畑が余ると思ってましたが、ズッキーニ、モロヘイヤ、インゲン、バジル、紫蘇を追加するので、畑は使い切ることになりました。
スポンサーサイト

雨の合間に畑作業

今日は午前中は雨。午後のわずかの間だけ晴れ間が出ました。明日、明後日は医者通いなので今日中に石灰をまいて耕しておきたく苦土石灰をまいて耕しました。耕すのは耕運機ですからあっという間に完了です。


あと一畝が雑草で覆われています。


この畑は急ぐ必要がないので、草刈りだけしてから根こそぎ耕運機で耕しました。
その上石灰をまいて耕しておきました。


かなり荒っぽいやり方ですが、この畝はしばらく使う予定がありませんので、これでもしばらく放置しておけば草は土の中で腐ってしまうでしょう。

これで一見、畑の草退治は完了です。次は牛糞、鶏糞をまいて耕して畑の準備は終わりです。

今日は野良仕事とクリスマスローズ移植

今日も暖かい晴天で、野鳥撮影にはもってこいの天気なのですが、冬鳥は去ったし、夏鳥にはわずかに早いので、太陽の下で野良作業の一日でした。

まずは、発芽して大きくなり始めたクリスマスローズを一つづつ大きめの鉢に移植しました。一鉢に種を3個づつ蒔いてましたので、鉢は三倍近く増えます。


一鉢に一苗を移植すると、結局40鉢出来ました。種はピンクと白のツートンカラーの花から採取したので同じ色を期待しているのですが、クリスマスローズはそうならないらしい。一年鉢で育てて、来年の早春に庭に地植えします。


午後は強風の中畑の草取りに、土起こしです。
元の畑は雑草で覆われています。


三時間かかってようやく一畝だけ除草を終わりました。明日は石灰を撒いて耕します。

ソラマメの救出

春になってやっぱり雨が多いですね。木曜日は雨のため一日中部屋でテレビ。金曜日は畑はまだドロドロ状態なので、もう少し水が引いてから野良仕事をしようと土曜日に野良仕事を始めました。

ソラマメとエンドウが雑草に埋まりつつあります。春の陽射しと畑の肥料を利用して、畝の脇の雑草はものすごい勢いで伸びてきます。


千葉の天気は下り坂なので、今日中にソラマメを雑草から救出しないと。
まずは、雑草を根こそぎ取りましたが、粘土質のためこれだけで4時間弱かかりました。


お次はジャガイモ畑に牛糞、鶏糞をたっぷり入れて耕運機で土とよく混ぜて、種芋を植える穴を掘っておきました。


女房殿の故郷の菜っ葉、かき菜を間引いていなかったので密集してしまいました。もう遅いですが、今からでも間引きましたが、大きくなり始めたかき菜がもったいないので、ホウレンソウの後に植えておきました。この菜は強いのでこれでも大丈夫でしょう。


これで当面必要な畑作業は終わりです。9時から4時過ぎまで作業をして腰は悲鳴をあげています。次は、四月末に実物野菜を植える準備まで一休みです。

赤のルバーブ

軽井沢でカシス農園を営んでいる友人が赤いルバーブも栽培しており、その苗を分けてもらった。青のルバーブの苗は、八ヶ岳界隈ならどこでも
手に入るが、赤は門外不出なのかホームセンターなどでは売っていない。女房殿は青のルバーブは栽培して、ジャム作りを楽しんでいる。千葉では珍しいので、喜ばれるらしい。でも、青のは正確にはくすんだ緑色のジャムになるので、色はさえないので、前から赤の苗を探していました。

千葉の古い友人が脱サラして軽井沢に移り住み、農園で赤を栽培していることを知り、頼んでみたら千葉の家までわざわざ持って来てくれた。なんでもレッドシャンパーニュと言う種類らしく、友人はフランスから直輸入したらしい。
随分大きな株なので、植えるときは株分けして植えたら良いと教わった。全部で10株くらいはありそうだ。しばらくは千葉の畑に植えておいて、もう少し暖かくなってから八ヶ岳の庭に植えよう。


月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -