FC2ブログ

ソラマメとエンドウを植える

秋、冬野菜が順調に育っています。大根と蕪は収穫時期になりました。ホウレンソウはあまり食べなかったので手抜きのため毎回失敗していたのですが、サラダでの生食が美味いのでちゃんと育てました。と言っても、苦土石灰の量を倍に増やし、こまめに間引きして株間を開けただけですが、見違えるほど大きく育ちました。


蕪も大きくなりました。これも今回からこまめに間引きしてやると大きく育ちました。


そろそろワケギも収穫時期です。我が家では細かく刻んで冷凍保存して、カツオの刺身や麺類などに手軽に加えています。


今日は育てていたソラマメとエンドウの苗を畑に植えつけました。それと種も植えて実のなる時期をずらせました。もう少し寒くなると虫除けのネットをかけます。こうすることで霜がつかなくなるためか苗の生育がとっても改善されます。


スポンサーサイト

エンドウ、ソラマメの準備完了

朝から雲が多いものの晴れ間ものぞくのでしばらくぶりにカワセミの様子を見に出かけました。小川は子供達が遊んでいるのでカワセミは居ない様子です。公園の池に回ってみたが、カワセミはどこにもいないようでした。野鳥撮影は諦めて今日は畑の準備をしました。

ようやく秋の長雨も一息ついたか畑の土はちょうど良い湿り具合なので、牛糞と鶏糞を入れて耕し、マルチをかけてソラマメとエンドウ豆の準備ができました。

玉ねぎの苗を植え付けた

千葉は朝から曇り時々小雨の寒い一日でした。

去年のブログを調べてみると、もう玉ねぎの苗を植えていましたので慌てて苗を買って来ました。玉ねぎは色々な種類が売っていて、収穫翌年の1、2月まで長持ちするとうたったものがありましたので、試してみます。去年は早生も買ったのですが、保存していると発芽が早いようで、もう芽が出ています。今回は晩生と中晩生にしました。 全部で160株植えました。

玉ねぎ、エンドウ、そら豆の準備

温暖な千葉も大分秋らしくなりました。庭のムベがたくさんなっており、大分熟してきたようです。


一つ食べてみると、甘い。でも、アケビの方が甘みは強いですね。中の種を取って、挽肉を詰めて揚げると少し苦味があっておいしいですね。


ようやく夏が終わったと思ったら、もう来年の春収穫になる野菜の準備です。

まずは玉ねぎ。草取りで耕し、苦土石灰をまいて耕し、牛糞、鶏糞を入れて耕し、三回耕してようやく苗を植える仕度ができました。ここの所玉ねぎ栽培の成績が悪いので調べると、玉ねぎは成育期間が長いので、牛糞、鶏糞では肥切れになるらしく12月と2月に追肥する必要があるらしい。今度はもっと化成肥料を使おうと思います。畝建がまずく曲がってしまってます。


スナップエンドウとそら豆も畑を準備する時期になりました。苦土石灰を入れて耕しておきました。

千葉は秋野菜の準備

千葉に戻ってから、暑さで何も出来ず、毎日引きこもりのためブログのネタがありませんでした。

日本中が豪雨やら台風やら、地震で国土は傷だらけですが、千葉は雨さえも少なく、畑の粘土質の土はカチカチ。とても硬くて耕せませんでした。台風がもたらした雨でも土の表面層が少し濡れただけした。最近になってようやく秋雨前線の雨が降り、土が少し柔らかくなったので、雑草を取って、耕しました。その上、ここ数日秋の気温になりましたので、ようやく耕す元気が湧きました。
畑の周りの雑草を刈ってどうにか畑らしくなりました。石灰を撒いて普通なら一週間置くのですが明後日からまた暑さが戻りそうなので僅か数日置いて牛糞、鶏糞を入れて耕してしまいました。

この畝は、ダイコン、カブ、菜の花の種を蒔きました。すこしせっかちに過ぎるかも。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -