FC2ブログ

初孫の初節句

今日、三月三日は、昔の大学一期校の試験が始まる日で、雪のため京阪四条駅から受験会場まで行くのにとっても苦労した思い出の日、その後加わったのが、お袋の命日。

お墓まいりをそっちのけにして、初孫の初節句の祝いに東京 青山まで出かけました。今日は、四月のような陽気で春を感じながらのお出かけは、気持ちが浮かれますね。


長男夫婦が苦労して授かった娘ですから、お祝いは精一杯して上げたいのでしょう。小生のむすめは、それを思うと何もしてやらなかったに等しいかな。

ハーフバースデー?

ハーフバースデーってご存知でしたか。誕生日をまず6ヶ月で祝うらしい。今はこんな習慣が出来たのですね。パーティの飾り付けにもちゃんと1/2 birthdayが準備されている。バレンタインデイなどと同じように、ケーキ屋が仕掛けたのだろうか?

こんな飾りつけもセットで売られている。
18-02-10_00001.jpg

ケーキ屋もちゃんとHalf Birthdayと書いている。
18-02-10_00001_01.jpg

爺さん視点では、なんだかなとは思うが、孫可愛さで余計なことは言わない。息子も同じように思ったらしいが、若嫁のペースには逆らえないようだ。でも、孫を中心に楽しい時間を過ごすことができた。まんざら悪いものではない。

孫がしばらく我が家にやって来た

可愛い初孫が5日間ながら我が家で過ごすことになりました。嫁の心遣いに感謝。


でも、孫を迎えるって大変ですね。愛犬の小鉄がいるので、いたずらできないように、まずはサークルを買って来ました。


でも、小鉄はチワワなのでサークルの隙間から中に入れてしまう。コテツ返しにビニル紐を張りました。


これにベビーベッドも買って来ました。


さらに、頂き物のベビー用のラック。


これで我が家のリビングは、とっても狭くなってしまいましたが、嬉しい、楽しい悲鳴ですね。

初孫の初里帰り

初孫が新年には我が家にやって来る予定だったので、チワワの小鉄のいたずらを心配してベビーベッドまで買って来て、孫の初里帰りの準備を進めていました。ところが孫と嫁両方が風邪をひき、「行けなくなった」との連絡を受けて、ジジババ二人でものすごくがっかりした正月でしたが、ようやく風邪も治り7日に千葉の我が家に孫がやって来ました。

もう5か月なので首もしっかりしており、足をつぱったり、抱っこしていて油断できず疲れました。
莉那とじじ_00001

心配していた小鉄は赤ちゃんにはほとんど興味を示さないので、慣れてきたら大丈夫そうで一安心。ジジババとしては、機会あるごとに来てほしいのだが、一般に息子の子供は嫁方のジジババになつくので、何とかわが方の魅力を高めないといけないなと思う最近です。

初孫のお食い初め

息子の嫁の里が八ヶ岳の小宅からそう遠くない小海で、初孫のお食い初めをそこでやるとのことなので今日は小海の先の佐久穂町まで出かけてきました。
少し早く着いたので周辺をちょとだけぶらぶら。
浅間山は野辺山から見え始めますが、小海まで出ると全容と千曲川が見えます。
17-12-03_00001.jpg

孫に恵まれるのは、世間と比べるとかなり遅く、一時は血統も途切れるかなと思っていたのですが、息子夫婦がずいぶん苦労を重ねた結果、孫娘に恵まれました。息子たち夫婦にとって喜びはひとしおです。お宮参り、お食い初めと正式にしたいのでしょう。小生の子供の時はこんなに正式にしたことはありません。
17-12-03_00001_01.jpg

一連の儀式の後は、専門家のところに行って写真撮影です。
17-12-03_00001_02.jpg

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -