FC2ブログ

まだ停電してます

千葉は24時間経ってもまだ停電してます。お陰で猛暑なのにエアコンは使えず、料理はカセットコンロで出来る範囲で済ませ、夜は懐中電気をトイレットペーパーの筒に入れて建て、上に水の入ったペットボトルを乗せて光を乱反射させて照明にしています。


昨夜は全員車に乗って、携帯を充電しながら、テレビを見て過ごしました。

もう24時間以上停電しており、コンビニに弁当、パンは残っていません。電車は今日もいつ来るか分からず。信号機が動かないためか車の渋滞が激しいです。

東電によると今日中の回復は無理で明日以降になるらしい。信頼できない東電が明日以降と言うのだから、早くて明後日でしょうね。

コストコで買いだめしてあった冷凍庫はもう限界だし、八ヶ岳に逃げることにしました。

ところで強いと言ってもありうべき範囲内の強風で高圧電線の鉄塔が二つも倒れるとは、東電の安全設計など信用できませんね。
スポンサーサイト



やっとナイロビにたどりついた

羽田からドバイまで10時間、ドバイで4時間の乗り継ぎ。キンキラキンのおみやげ屋街です。仕事が石油がらみだったので、この辺りの人とは付き合いが多かったが、正直好きになれない。


5時間の飛行でナイロビにたどり着いた。家を出てから29時間はかかったので、疲れました。


参加者は関西から6名、名古屋から1名、関東から8名で総勢15名です。年齢層は小生と同じくらいですが、リピーターが多い。と言うことは、それくらい魅力があると言うことで、明日からが楽しみですね。


そして夕食。早速ケニアの美女と仲良くなった。

地域の夏祭り

先の土日に地域の夏祭りが開催されました。梅雨の合間かつ台風など荒天の合間を縫ってどうにか無事開催できました。私の住む住宅地の第一世代はとっくに子育てを終えて、定年退職者が大半でしょう。そのためか一生懸命夏祭りの準備をしてくれる方が増えています。小生の兄も同じ住宅地に住んでいるのですが、フルートを趣味で吹いていた関係でお祭りの笛に動員され、今ではすっかり祭りを作る側に回っています。

人出は昔とあまり変わらないものの雰囲気が随分変わったか感があります。子供達の黄色い声が少なく、走り回る喧騒がないので、昔の縁日のような高揚感が不足しているのかな。次の世代の住民の子達がまだ幼いのですね。あと何年かするとまた、回復するかも。


ねぶたは女房殿の友人が毎年書いています。


神輿もあります。

久々の大阪

育った故郷の大阪です。なん年ぶりだろうか。現役時代に取引先に招待されて甲子園球場に来て以来だから、5年ぶりくらいか。
今回は高校の同窓会です。大学院生時代に一回あったきりで、今回が二回目だから44年ぶりか。今日は関東は曇りですが、飛行機が上昇するときれいな雲海でした。


伊丹空港から昔は無かったモノレールで蛍池に行き、そこから阪急で梅田に出ましたが、全く変わっていて、迷子になりながら会場にたどり着きました。昔の阪神、阪急百貨店が見えないし、ガラが悪かった北側は再開発されて、きれいな街に。


驚いたのは、出席者がなんと160名強で、三人に一人は出ていることになります。ものすごい出席率ですね。


全く忘れていた世界で、会って名前を聞き、話しているうちに記憶が蘇って来ます。懐かしかったのは、恩師の英語教師のHTJ先生がご健在だったことです。当時、学校の先生全般をバカにしていたのですが、高校に入って一年生の担任がこの先生でした。彼の英語力は、訳すと同じに見えても細かなニュアンスの違いなどを教えてくれて、プロとは何かを学び、その後の人生に多大な好影響を受けて、今の自分が形成されました。
もう一人、体育の先生。随分喧嘩しました。ある時、小生が我慢ならず職員室に怒鳴りんで行き、何時間が二人で話をし、随分相互に理解できました。それ以来、小生を応援してくれました。

中学時代からの旧友とも、会えました。彼が繰り返し言うには、ライバル心で小生には絶対負けたくなかったと。人生に勝ち負けなどないのですが、中高生なら仕方がないでしょう。こんなコメントも上から目線になってしまってますね。反省!

昔の憧れのマドンナも今では普通の婆さん。ガッカリ!もっと期待していのに。でも、会えて嬉しかったです。

九州旅行 太宰府へ

故郷をゆっくり散策するつもりでしたが、幼児期に過ごしただけなので活動範囲は狭く、早朝散歩で回れてしまいました。二泊の予定でしたが、一泊で十分でした。それでも幼児期を過ごした街で息子達と呑んで、寝て、満足な旅になりました。

帰りの飛行機まで時間があるので、令和の地を訪れることにしました。写真の場所で大伴旅人が催した「梅花の宴」の序文から令和が生まれたらしい。今は小さな神社坂本八幡が残っているだけですが、大伴旅人の万葉歌碑が残されています。
思いがけず日本中が注目する場所になったので、観光地として受け入れ態勢ができてなく、駐車場はタダだし、出店もない、田園の中の神社と言った風情でした。訪れるなら今かも。


八幡宮の隣が太宰府政庁跡。大伴旅人の勤務地ですね。正殿などの礎石だけが残った広い芝生の広場になっています。ここで奈良時代は九州全域の政治と中国、韓国との窓口をやっていたと思うと感慨深いです。ここも観光地というより近隣の人達の犬の散歩広場といったところですね。


まだ、時間があるので学問の神様 菅原道真を祀る太宰府天満宮も訪れました。これで三回目ですね。今は太宰府駅はものすごい人。以前来た時は閑散とした通りでしたが、今は行き交う人は中国語か韓国語がほとんどでした。まさか令和になるので外国から来たわけではないでしょう。こんな日本独自の神社が外国人に何が楽しいのだろう?


参道の風景。


本堂。


猿回しをやってました。これも懐かしいな。奮発して、親子三人分で1000円入れておきました。


月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -