FC2ブログ

いつまで続くの

「感染爆発の瀬戸際にある」と言ってもう何日経つのだろうか。その間感染者は漸増し続けてるのに、それを漸減に転じる具体策は示されないで、「要請」で留まったまま。いつでも、どこでもアホは居るし、生活が掛かっていて店を閉めるに閉められない人も居るだろう。こうなってしまっては、初期の政府の対応策が失敗だったと認めるような、抜本的な対策に転換もできないのだろう。役人と安倍さんのメンツのために、新型コロナに殺される人や職を失う人が出続けるのはあまりにも酷い。

もやもやした気持ちは晴れないが、長期の田舎暮らしで凌ぐしかなさそうです。でも、夫婦二人とも定期的に医者にかかって、薬をもらわないといけないが、たいした病でもないのにわざわざ感染リスクを高めるような医者には行きたくないし、それだけのために千葉にも行きたくない。でも、医者に行かなくて薬をもらう方法は、いつまでも議論していて、その結論もまだでない。これを機会に収入減の道につながるかも知れないので、医師会などが裏で動いてるのかと疑いたくもなる。

そんなことを思いながらも、今日も一日野良作業と野鳥を楽しみました。今日は風も穏やかなので、焚き火炉で落ち葉や枯れ枝を燃やして、庭はすっきりしました。庭仕事の合間に赤岳がすっきり見えてました。
20200404130844eb3.jpg


裏の小鳥の餌台には、毎日リスが2匹代わる代わるにやって来ます。一匹は人馴れしているのか、すぐ近くで撮影していても、ひまわりの種を食べ続けるし、他の一匹は人の影で一目散に逃げ出します。この子はエサ台から逃げ出して、近くの白樺にとどまり様子をうかがっています。二匹のリスのおかげでひまわりの種はすぐになくなってしまう。
リス_00200404

リスが占有しているエサ台の横で待っていたのが、イカルでした。
イカル_00200404

そんな餌台に今日はアトリが一羽だけやってきました。アトリは毎年群れでやって来て餌台に殺到しますが、今年は渡りが少ないのか、今季はアトリは初めてです。今ころになると、頭が灰色から黒に変わります。
アトリ_00200404_02

アトリ_00200404_01

アトリ_00200404
スポンサーサイト



健康診断

昨日は晴れでしたが、気温は低く、野鳥を待っていて寒かったです。チョウゲンボウが目の前の電線に止まったり、キジの雄が2羽出てきたり、ベニマシコが出たりしたのですが、掲載できる写真は撮影できませんでした。昨日のように雨のあとの晴れは水蒸気が上がるためなのか、わずかですが、ピントが狂ってました。そのため写真は全て没。

今日はいい天気で、気温はまずまずの暖かさ。こんな日は野鳥撮影に出掛けたいですが、今日は人間ドックです。朝から通勤電車に乗って東京です。郊外の野原で遊んでいるうちはウィルス感染のリスクはないですが、通勤電車は嫌ですね。でもほとんどの乗客はマスクをして、しかも静か。くしゃみや咳は我慢しておられるのでしょう。このマナ-の良さのおかげで満員電車などでの爆発的な蔓延にはぎりぎりなってないのでしょうね。イタリア人の天性の楽天家は、やっぱり危ないですね。

検診は9時に始まり、11時には終わったのですが、昼の弁当は12時まで食べてはいけないので、ワンコのように弁当を前にして1時間おすわりです。なかなか高級な幕の内弁当でした。
202003161437548b8.jpg


こうして昼食を挟んで時間調整しているのは、この間に血液などの分析を済ませて、この日の内に検診の結果を出して説明してくれます。

嗚呼良かった。小生は肝臓の脂肪と腎臓の石以外は、問題なしでした。

車の故障

水曜日まで八ヶ岳に居る予定でしたが、一日早めて千葉に移動することになりました。ところが中央道で、甲府を過ぎたあたりで、車の警告灯が点灯し、ハンドルが重くてほとんど回らなくなりました。幸い境川SAまで1kmくらいなのでどうにかたどり着けました。走行車線や路側帯で止まってしまわなくてよかったです。
SAから保険屋に電話でレッカーに来てもらいました。ものの30分で無事にレッカーに積んで、甲府の修理屋に運び込むことができました。レッカーは35kmまでは無料だそうで、甲府までは20kmくらいで助かりました。


故障の原因はプ−リ−が固着し、そのためにベルトが破断して、パワステポンプ、充電機、エアコンなどが止まったことらしい。道理でハンドルがとてつもなく重いはずだ。
交換部品は翌日しか届かないので、千葉まで行ってまた明日甲府までは来るより一晩甲府にとどまることになりました。それでも大都市の甲府が近かったので助かりました。
202002041934597f5.jpg


本当に外車は故障が多い。エンジンオイル漏れ、パワステオイル漏れ、ベルト破断。多過ぎ。ただ、一ヶ月前にエンジンシステムの異常の警告が出ていましたが、街の修理屋ではお手上げでそのまま乗り続けたことがまずかったかな。

マスク

千葉でマスクを買おうとウェルシアに行ったら一つもありません。コロナウイルス対策ではなくて、花粉対策なんですがマスクが手に入りません。仕方ないので八ヶ岳に着いたら買おうと、到着してから買いに出かけましたが、アレアレ、ここにもありませんでした。
20200131220837159.jpg


どうして?最近はこの界隈も中国からの観光客が増えた為なのかな?

この1年

いよいよ大晦日です。退職してから一週間の曜日は、捨てに行くゴミの種類で、月の経過は渡り鳥の種類で、季節の移ろいは菜園で知る毎日になりました。会社時代は、仕事には、季節感は全くなく、一時間の経過の積み重ねが一年になり、気がつくと40年が経ってしまっていました。それでも仕事は面白く、夢中で取り組んでいましたので、年末年始の休暇は1年の疲れを癒すことができるので、大晦日は格別の思いでしたが、退職してからは格別の思いもなく、1年の1コマでしかありません。

今日は朝方は曇りでしたが、だんだん快晴になり、さっそくカワセミ池に出かけてきました。でも、カワセミの出は悪く、どうにか撮影したのが次の写真です。
カワセミ_00191231

カワセミ_00191231_01

最近はSSを200くらいにして、ISOの上昇を抑えて、ドアップの撮影を試みていますが、カワセミは羽毛の陰影が出にくい鳥のようです。
カワセミ_00191231_02

カワセミの出を待つ間、千葉のコミミズクの話になり、「今日は風が穏やかなので、出がよさそうだ」との話になり、昼食後車で50分のコミミ場に行ってみました。現地に着くと、風は大きく変化し、強風で三脚も立てられないくらいでした。これでは多分飛ばないでしょうから明るいうちに退散して、本年の鳥撮り納としました。

読者の皆様
本年はこのブログにアクセスいただきありがとうございました。
明日からもよろしくお願いいたします。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -