久しぶりに夜空撮影

昨晩は雲が多くて星の撮影はあきらめました。今日は雲はないものの湿度が高いのか日中は靄がかかっていましたが、星の撮影に2度目の挑戦です。

機材は、赤道儀がポラリエ。軽量の赤道儀ですから望遠レンズがギリギリ搭載できるていどですので、星景写真用です。極軸合わせ用のレンズもなく、かなり粗い軸合わせをしました。

では最初にプレアデス星団(スバル)。300mm望遠で撮影したらちょうどよい大きさですね。露出時間を40秒にすると星が流れてしまいますので、20秒露出です。
プレアデス1-2 300mm, f5.6, iso 2000

お次は本命のアンドレメダ銀河。230万年前の光です。山小屋でツールがないので写真の重ね合わせやノイズ除去はしない生写真ですので鮮明度はいまいちですね。極軸と回転軸が正確じゃないのでこんなもんでしょう。
isoをもっと上げて露出時間を短くした方が良いのかも知れません。
アンドロメダ1-1
200mm, f5.3, iso2000

もう寒くて8時には撮影をやめて熱い風呂に入りました。
スポンサーサイト

天体望遠鏡 赤道儀の手入れ

頂いた天体望遠鏡の三脚を調べていて、これはドイツ型赤道儀だと分かりました。地球の自転に合わせて望遠鏡が星を追尾し続ける機械です。


年代物だし、名盤がないので構造を調べようがない。仕方ないので、インターネットで似たような姿の赤道儀を探すとタカハシの製品に形は似ている(もし、分かる方がいらしたらご教示をお願いします)。オーバーホールしてくれる会社もあるようなので、自分でやってダメだったら最後は頼む手もあるのでダメ元です。

それにしても相当錆びている。重いし、嵩張るので外の物干し台にでも出したままだったのでしょう。今日はのんびりネジなどのサビ落としながら構造を勉強します。




ワイアーブラシ、エメリー紙600番でまずは磨きます。クロムメッキはほとんど剥がれています。家庭で再メッキは不可能なので鉄の地を磨いただけでOKとしときましょう。




細かなネジなどの部品は、サンポールの液(塩酸)に浸して錆び取りを試みました。


見た目は大分良くなりましたが、これは赤道儀なので将来モーターを付けて星を自動追尾するように改造するためには、オーバーホールして隠れた所にあるギアーも分解して、わずかな錆、ゴミも除いておかないとダメかも。

分解しながら構造を学んで、将来のモーター駆動への改造の準備をしておきました。

望遠鏡を載せて、カウンターウェイトを調整して、重さをバランスさせれば、完了です。


でも、極軸望遠鏡(北極星の方向に赤道儀を合わせるための望遠鏡)はないし、星を追尾するためのモーターもないので、しばらくは経緯台として使いながら、慣れてくれば欲しくなるかも。

来週末八ヶ岳で光軸合わせしてからオリオン星雲でも楽しみます。

天体望遠鏡をもらった

今回も夜は雲が出てアンドロメダは撮影できなかった。今年は天の川も撮影できず。春から秋の終わりまで週末ごとに雲がわきました。

今日は亡くなった叔父さんが天体望遠鏡を残していたので、「要らないですか?」と聞かれ、阿佐ヶ谷まで頂きにいきました。

レンズが200mmのシュミットカセグレン式?望遠鏡でした。


調べるとcelestron8 2000mm f/10。1970年頃の名機のようで、未だにオークションで50000円前後で取引されて居るようです。
シュミットカセグレン式は難しそう。さて、小生に使えますかね?
今持っている屈折式は土星は輪が見える程度ですが、これならもっと大きく見えるようです。

星の撮影に再挑戦

今朝も小鳥たちが集まっています。
新顔は、ジョウビタキです。


今回の八ヶ岳訪問の目的の一つが星の撮影です。前回は、赤道儀を北極星に合わせ方が甘く、星が流れてしまいましたし、途中でカメラのバッテリーが切れましたし、自由雲台にカメラ+300mmズームレンズを固定するのに手間取りました。重すぎるのでしょう。

今回は改良して再挑戦です。赤道儀の極軸合わせは、覗いて合わせるのではなく、ポータブルなレーザーポインターで北極星にレーザー光を当てて合わせて見ました。この方がはるかに簡単です。赤道儀ポラリエの穴を覗いて合わせるのは意外と難しいです。

(レーザーポインター)

もう寒いのでレンズに結露防止のヒーターを巻きました。このヒーターは、ペットボトルを温めるもので、1350円ですからカメラ用のヒーターよりはるかに安くつきました。バッテリーは携帯電話充電器です。

(ペットボトルヒーターと携帯電話充電器)

星空撮影は、まだ、二回目ですが、最初よりははるかにスムーズにできましたが、不思議なこともありました。焦点を合わせてテープで留めていたのですが、焦点が随分ズレるのです。温度による熱膨張なのかな。そのためかピントが甘いです。

今頃は、空気が澄んでいるし、気温もそう寒くないので夜中まで粘れました。今回は、探すのが簡単なスバルとオリオン大星雲を狙ってみました。

さて、撮影の成果は千葉に戻ってPCで処理をしてから良いようだとアップします。

追伸
300mm望遠で撮った写真です。千葉で写真を処理しましたが、上手くいかないので取り敢えず撮ったままの写真です。もう少し時間をかけて写真を処理してみます。次回、望遠600mmで再挑戦します。

すばる
(プレアデス星団通称スバル )

オリオン
(オリオン星雲)

スーパームーン

昨晩は千葉は晴れ。最も大きな満月らしいです。スーパームーンを楽しめました。
キャノンのコンデジPOWER SHOT SX50HSで撮ってみました。これは手持ちで撮影しました。望遠の手振れ補正は素晴らしいてすが、ちょっと鮮明さがイマイチ。設定が小鳥撮影用だったのもまずいですが、夜空は苦手かな?


今週末の八ヶ岳は、晴れの予報。天の川の撮影が楽しみです。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30