東京の夜を満喫

女房殿の誕生日に、六本木のホテルと夕食を次男夫婦がプレゼントしてくれました。こんなことでもないと千葉に住んでいて東京のホテルに泊まることはないですね。コテツを失ってから子供達はとっても気を配ってくれます。

最上階の部屋から東京タワーが正面に見えます。


昭和20年代生まれの小生らの世代は、東京タワーを見ることが憧れでした。初めて見たのは、中学の修学旅行の時でした。あれから50年。こうして見ると、東京タワーも低くなったもんです。これでは、東京タワーに襲いかかる身長50mだったゴジラもビルに埋まって、迫力ないですね。このせいか最近のゴジラは100mらしい。昔の最強のキングギドラが100mだった記憶があります。

さすが、部屋は十分な広さです。


誕生日という事で、ホテルからチョコと花のプレゼントもいただきました。


そして夜。窓から東京タワーを楽しんでから、夜よ恵比寿に出かけ、食事とお酒を堪能して来ました。


夜も誕生日のお祝いをしてもらって、女房殿はご機嫌でした。久しぶりに東京で11時過ぎまで飲んでました。

スポンサーサイト

韓国ショッピング街見歩き

今日も良い天気。女性がソウルで一度は訪れたい場所は、ミョンドンでしょう。有名なショッピング街です。午前中は、女房殿とブラブラ。韓国人、中国人、日本人の女性達で賑わっています。それもそのはず。売っているものは、化粧品、服ばかりで、男性の興味を引く店はありません。


昼ごはんは、行列ができている店で、ソルロンタンです。


ソルロンタンは牛肉を一晩煮込んだスープです。見た目は、豚骨スープ。味はマズイわけではありませんが、売れない豚骨スープのラーメン屋のスープだけで飯を食べるようなもので、わざわざ並んで食べるようなものではありません。


午後は、南山公園にロープウェイで登って、ソウルの街を一望です。まあ、見えたと言うだけで、格別何があるわけでもありません。写真は手前がミョンドンと市庁舎などで、奥側が宮廷と青瓦台方面です。


南山公園の林にもカササギが沢山いました。

初めてのソウル観光

ソウルは朝から快晴で、陽射しが強いので寒さは感じません。

何度も来て居るのに、観光はしたことがないのは、忙しいばかりでなく、文化や歴史への関心が薄かったのかもしれませんね。これはかなり失礼なことで、老境に入ってから反省です。

何も下調べしてこなかったので、現地で朝から検討です。やっぱり、最初は李朝の景福宮でしょう。中国人観光客が多かったですね。もっと立派な故宮があるのに、わざわざ来なくてもと思いますが。


お次は隣接する北村韓屋村でしょう。古き良き韓国の街並みが少し味わえます。その中に、「冬のソナタ」で、撮影に使われ、日本人が押し寄せた高校の正門がありました。

この辺りは、路地裏の飲食店街があり、昔の味わいもあります。実はこの辺りは現代建設の役員さんたちと晩御飯をよくごちそうになった界隈でして、夜は知っていますが、昼間は初めてでした。


で、最後は世界遺産の昌徳宮です。景福宮が秀吉に焼かれて以降は再建されず王宮としてこちらが使われたようです。


久しぶり空港

1年以上ぶりに国際線の出発ゲートに来て居ます。独特な雰囲気ですね。現役時代月に何度も来て居たので、懐かしいし、もう、こんな世界とは別れたのだとしみじみ実感が湧きました。

今日から女房殿とソウル旅行です。現役時代のJALのマイレージが期限を迎えるので、マイレージで運賃をまかないます。ただ、昔マイレージを使ってヨーロッパ旅行した時、飛行機代をただにしても、結局、ツアーの方がはるかに安くつくことが分かりましたので、あまりお得感はありません。


夕方千葉の家を出て、10時過ぎにはもうソウルに居るのですから、本当にスピーディな時代になりました。ソウルは数えられないくらい来て居るですが、明日は初めてのソウル観光です。夜のソウルしか知りません。

松茸狩り再び

滋賀から遥々訪ねてくれた友と清里丘の公園GCでゴルフを楽しみました。ただ、滋賀までの帰りがありますのでハーフだけ。


ここのGCは大変お安く、秋の連休なのにハーフで7000円しません。千葉周辺でこの安さのカントリークラブだと、狭い、短いのを難しくするために右に左に曲がって、斜面だらけのコースが定番ですが、清里のコースの印象は、30000円はするような設計です。広い、ほぼ平坦。気持ちがとっても良いコースです。


友を見送って午後は、3時頃から小海の長男の嫁の実家に誘われて、松茸狩りです。今年はとっても不作の様子で、1,2本取れたら良しと言われて山にはいったのですが、女房殿が松茸発見。

(2個あります)

おわってみるとそこそこ収穫できました。まだまだ出始めでしょう。傘が開いたものはありません。去年は、28日でしたので1週間早いです。

(収穫は去年の1/5かな)

他に珍しいキノコ。カラス舞茸だそうです。真っ黒で見た目は悪いですか、美味しいらしい。


山から降りて来ると、猟師の人が丁度鹿を仕留めたと持ってきてくれました。
「肉、持っていくかい?」
「欲しいです。鹿は美味いですから」
「今から解体するのでしばらく時間がかかるけど?」
「じゃあ、次回頂きにうかがいますので、冷凍してとっておいて下さい」


顔の写真は、生々しいのでやめときました。

ああ疲れた。約束の連続は疲れます。小鉄も知らない人に囲まれて、家に帰っるとご飯を食べて、即寝てます。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -