FC2ブログ

小旅行 大鹿村から天竜村へ

何も予定のない1日。八ヶ岳は秋の気配が感じられます。胡桃の木はいち早く黄葉し始め、葉を落とし始めています。直ぐに白樺も落葉を始めるでしょう。

(道に落ち葉が落ち始めています)

今日は近場に日帰り旅行しようという事になり、いままであまり馴染みがない所を選びました。まずは、中央アルプスの駒ヶ根。ここまでなら1時間程度で来れますが、ロープウェイはやはりペット禁止。上に上がる事は諦めて、この近場で行ってみたい所を相談すると、中川村の四徳大橋。リニアー新幹線の工事のため生息するブッポウソウが心配される所です。道路はダンプカーだらけです。

ダム湖は美しい所です。これだけ広い所なら猛禽も住んでいるでしょう。クマタカもいるらしいです。

(美しい大橋です)

ここまで来ると歌舞伎で一躍有名になった大鹿村が直ぐそこらしいので行ってみました。国道152号です。予想以上に開けた美しい村ですね。

(村役場)


(大鹿村の集落)

村の役場で聞くと152号線でシラビソ高原に行けるらしい。国道と言ってもすれ違いが出来ない道です。後悔するほどの道です。対向車に出会うとどちらかが曲がりくねった山道をバックして(長いバック)、すれ違うしかありません。でも道道面白い箇所があります。
安康露頭。日本を上下に分断する中央構造線が地表に現れている所です。


左の茶色の地層と右の灰色の地層の間が黒ずんでいますが、ここが構造線らしい。


急峻でつづら折れの細い道をしばらく走るとシラビソ高原にたどり着く。この道も急峻な斜面に作られており、すれ違いは無理です。


公営のヒュッテが一つだけ。客も疎ら。多分、登山客の出発点かも。帰り道は同じ道は帰りたくありません。細すぎです。ついでに下栗の里、遠山郷を経由して天竜村まで足を伸ばしてみました。途中またまた面白いものが。
巨大隕石が作ったクレーターです。


山襞が集まっている谷合がそうらしいです。


大きさが40mの隕石が900mのクレーターを作ったらしいですが、2~3万年の長い年月の間に、崩れてクレーターの外見はありません。

天竜村は、ブッポウソウで知られる場所で営巣の時期には全国からバーダーが集まるようです。小生も来年は行ってみよう。

(村のパンフレットのブッポウソウ)

という事になり、気がつけば随分遠くまで来てしまいました。さすがに南アルプス。急峻でアプローチが長く、最も開発されていない山岳らしい。日本の秘境めぐりでした。嗚呼、面白かった。これまでで一番興味深かったかも。結局、350kmのドライブになってしまいました。

大砲レンズで野鳥撮影

今日 日曜日は朝から粉雪。超望遠カメラの仕度はできたので撮影しようと待ち構えてますが、小鳥のレストランは来客なし。


10時過ぎにようやくシジュウカラが来客です。小鳥撮影でCanon Power shot SX50HSとTamron 150-600の比較ができます。

最初の写真がTamronレンズでの写真。絞り優先で6.3にしてあります。
2015-03-01 nikon 004_01

次の写真がCanon Power Shot の写真です。
2015-03-01Canon 010_01

Tamronの方が周りのうるさい枝などがぼけて鳥が引き立っています。でも、小枝の中の小鳥にAFでフォーカスするのは難しいですね。(注 power shotの設定を、絞り開放、露出を少しマイナスに設定して次回撮影してみます)

Tamron150-600ズームレンズは、相当に軽いほうですがそれでもこれを片手に鳥を探して散歩してみると、重さが腕に応えます。やはり散歩のお供は、Power Shotですね。

今週の遊びは以上で、天気も悪いので、早々と千葉に戻ります。

超望遠ズームレンズの準備

二週ぶりの八ヶ岳です。室温は0℃。前回よりは暖かいので水はスムーズに開通しました。

野鳥撮影用のキャノンのコンデジに限界を感じ、超望遠にしては格安のレンズを手に入れました。最大600mmですが、フィルムカメラでは900mm相当ですから大砲レンズです。

手に入れたタムロンの150~600mmのズームレンズ。お値段はニコンの超望遠の1/10。これをニコンD200に付けてまずはテストです。

このクラスになるととても手持ちでは長持ちしません。かといって、大型の三脚と雲台はとっても高価なので、天体望遠鏡用のビクセンの三脚と雲台ボルタⅡに取り付けてみて、代用にできないかな?ネジ一本ISOネジを購入すればご覧の通り安定して取り付けられます。カメラとレンズの重心点あたりを支持しており、非常に安定しています。

次は、上下左右の動きの滑らかさの確認です。左右回転は軽いですが、上下仰角方向は軽くはないがスムーズに動かせます。軽いと自重でブレてしまいますが。ただ、動きの速い飛鳥に追従できるか微妙なところです。次回は、ビクセン ボルタⅡのマークの裏にあるであろう雲台の上下動の固定ボルトを取り替えて、上下の動きが調整できるように改良してみます。ボルタⅡは、天体望遠鏡用の雲台なのでとっても安定しており、これで動きの軽さが調整できるようになるとかなりな優れものになるのではと期待しています。



(ボルタのネームプレートの裏に仰角方向のボルトがあるはずなので、次回はネームプレートを剥がして仰角方向の動きがかるくなるよう改造予定)

次は、レンズの試験です。確認したい機能は、AFの反応の速さ、手ブレ補正機能の性能、解像度です。飛ぶ鳥をダイナミックに撮れるレベルにあるのかな?

キャノンのpower shotは止まった鳥は写せますが、飛んでいる鳥は追いかけるのが難しく、AFが遅い、連写が遅いので難しいのです。まずは一眼レフカメラの設定。手持ち撮影でテストのため、シャッタースピードを1/1600に固定にして、ISO800。全自動AFの速さは、まあまあですが、速いとは言えません。ブレ補正もまあまあ。ただ、AFはスイッチを入れるたびにonにしないと動きません。

解像度の比較です。50mくらい先のお隣の白樺を撮ってみました。
上の写真がニコンD200+タムロンで写した写真。下の写真がキャノン power shot SX50HS。

測光、露出、ホワイトバランスなど少しづつ異なるので分かりにくいですが、比べていかがでしょうか?

タムロンの方が、背景がボケて奥行きがあり、細部まで表現され、立体感があるように感じます。
2015-02-28 016_01
(Nikon D200+Tamron ズーム150-600で撮った白樺)


(Canon Power shot SX50HSで撮った白樺)

カメラの準備を終えて、二匹目のドジョウならぬフクロウを目指して、2時から再度フクロウ探索に出かけました。チワワの小鉄を連れて行ったのが失敗。すぐに飽きてきて、「トト、帰ろうよ」と。4時には帰ってしまいました。これからと言う時に。
残念ながらフクロウには会えず、萌え木の里にある斎藤さんのバードショップに寄って、今日はこのフクロウの写真で仕方ない。

ヤンソンス指揮のコンサートを楽しむ

久しぶりに女房殿とサントリーホールでコンサートを楽しみました。マリス ヤンソンス指揮、ピアノ ツィメルマン、バイエルン放送交響楽団、ブラームスピアノ協奏曲第1番とR.シュトラウスのドンファンなどです。


クラッシックは、趣味ではないですが、たまに鑑賞するのがちょうど良いですね。年に数回ですと非日常を楽しむ好奇心で洗練された音楽に強い関心が生まれ、集中できます。

今年は、あと一回。12月25日に第九を楽しむ予定です。

松茸狩り

今朝は、森の餌場にカラ類の集団がやって来ていました。



今日は、長男の嫁の小海の実家から松茸狩に招かれ、甲斐大泉の家から出かけました。長男夫婦、次男夫婦も参加です。次男の嫁は、恵比寿育ちなので、お姉ちゃんの山の中の実家に興味深々です。

(松茸山)

お婆ちゃんは、あっと言う間に見つけるのですが。いや、なかなかむつかしい。落ち葉の不自然な持ち上がりを探すのだそうですが、なにが不自然か分かりません。

(落ち葉が盛り上がっている)


(落ち葉をよけるとその下から松茸が顔をだす)


(落ち葉をどかしたら、松茸の集団が。6個かたまって有りました)

お婆ちゃんが見つけてくれた松茸も頂いて、大量です。

(松茸を並べてみた)

これを三家族で山分けにしました。
あぁ、また、食べ過ぎで胸焼けするぞ。
今夜は、千葉に帰ってから箱の酒はやめて、高級な日本酒で楽しみます。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -