またレンジャク

今日の千葉の天気予報では11時ころから晴れるとのことだったので、自宅から20kmほどのところにあるレンジャクの場所に行ってみました。ここは今季初めてです。着くとすでに20人ほどのカメラマンが池の脇でカメラを構えていました。この場所は、餌場ではなく、水飲みに降りて来るのを待っているのです。しばらく知り合いと話していると、もう一人知り合いのUTKさんがやって来ました。皆考えることは同じと見え、今日は晴れるし、明日は休日なので池は子供の遊び場、大人たちの散歩などで、レンジャクは降りてこないだろうと小生は考えた訳です。小生の期待は、尾が黄色のキレンジャクでしたが、すでに去ったらしく、20羽ほどのレンジャクは全て赤でした。

まずは池の脇にある冬枯の木に止まってから、池に降りてきます。ほら尾の先が赤いでしょ。
18-02-23_00001.jpg

18-02-23_00001_01.jpg

群れで池に来て水を飲みます。八ヶ岳のレンジャクは雪を食べていました。レンジャクはよく水を飲みますね。
18-02-23_00001_02.jpg

水を飲んだら、今度は水浴びです。
18-02-23_00001_03.jpg

18-02-23_00001_04.jpg

ずぶ濡れになって飛んで帰るレンジャクです。
18-02-23_00001_05.jpg

スポンサーサイト

カワセミのダイビング撮影の練習

カワセミのダイニングは動きが速いので、さぼっているとすぐに撮影できなくなりました。近所の池に撮影に出かけたのですが、撮影成功率が低く、その上カワセミの向きが悪く、気に入った写真はできませんでした。
餌を取って、止まり木に帰るカワセミ。
18-02-20_00001.jpg

18-02-20_00001_01.jpg

18-02-20_00001_02.jpg

18-02-20_00001_03.jpg

18-02-20_00001_04.jpg

18-02-20-1_00001.jpg

18-02-20-1_00001_03.jpg

そして、魚を捕る気がなく、杭の上で休むカワセミです。これノートリなんですが、解像度が悪いですね。どうしてだろうか?テレコン1.7倍が悪いのかな?
18-02-20-1_00001_02.jpg

梅にルリビタキ

そろそろ梅が良いころだろうと予想して、梅にウグイスならぬルリビタキを撮影しようと近くの公園に出かけてみました。すると梅の花は咲き始めているものの、1分咲きと言ったところ。最近寒いので開花は遅れているようだ。ビタキは自分の縄張りを持っており、静かに待っていると出るので三脚にカメラを据えて撮影できる。まもなくルリビタキが灌木の中にやってきた。ここのは餌付けではないので、そう簡単に撮影できるところには出ないが、それでも30分間隔くらいで、出て来る。でもなかなかお目当ての梅の木には止まってくれない。

18-02-18_00001.jpg

18-02-18_00001_01.jpg

18-02-18_00001_02.jpg

この構図で梅が咲いているといいのだが、しょうがないね。
18-02-18_00001_03.jpg

ルリビタキの羽は艶があるので、日向では白く光ってしまい、瑠璃色の羽の美しさが減退します。できれば明るい日蔭に止まってくれと願ったのですが、そう都合よくは行きません。

久しぶりにカワセミ撮影に出かけた

今年はレンジャクは当たり年ですが、その他の冬鳥は数が少ないようです。キクイタダキは全くいないし、ベニマシコはとっても少ない。羽生君、宇野君のワンツーフィニッシュのフィギュア―スケートを見てから、近くの池にカワセミを撮影に行って来ました。それにしても、羽生選手、宇野選手のあの精神力は驚異的ですね。4年に一回の機会しかない大舞台で力を出せることは素晴らしい。小生なら、心臓はドキドキ、膝は笑うし、手は振るえるだろう。持てる力の半分も出せないだろう。

カワセミは寒波で池が氷結してからしばらくいなくなっていたのですが、最近戻て来たようです。止まり木から2度餌取りに飛び込んだのですが、しばらくカワセミ撮影をしなかったためか素早い動きに着いて行けず。撮影できたのは止まった姿だけでした。
2回の飛び込みで2回とも獲物を獲得しました。
18-02-17_00001.jpg

2匹目の餌を探すカワセミの真剣な顔。
18-02-17_00001_01.jpg

18-02-17_00001_02.jpg

散歩で野鳥 瑠璃のお嬢さん

千葉は自然豊かなところで、ご近所散歩でも野鳥を楽しめます。
今日は午前中は10日ぶりにゴルフの練習、午後は近くの公園にTAMRON SP150-600片手に探鳥散歩しました。

ノスリがすぐ上を飛んでいきました。オオタカも居ましたが、撮影できず。
18-02-14_00001.jpg

日陰のブッシュの周りにチョロチョロ小鳥が動いています。日向に出てきたところを撮影すると、ルリビタキのメスでした。この鳥はあまり人を怖がらず、じっとしていれば目の前に出てきます。ビタキは目が大きくてかわいいですね。
18-02-14_00001_02.jpg

18-02-14_00001_03.jpg
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -