新しいカメラの試運転

毎日 梅雨時以上の雨。庭も畑もドロドロです。

カメラはニコンD7100を使っていたのですが、カワセミを撮影すると連続撮影の速度が遅いのがとっても気になり、D500に変えました。これなら一秒に10回シャッターが切れます。その効果を速く確認したいのですが、毎日が雨でそれもできませんでしたが、今日は午後3時には雨が上がったので、早速、池までカワセミを撮影に行って来ました。

夕方、曇りで撮影条件は良くないのですが、カワセミがダイブしてくれました。
さすがの連写性能です。以下のように一連の動きを捉えることができました。AFもD7100より速くピントが合焦するように感じます。
カワセミ_00001

カワセミ_00001_01

カワセミ_00001_02

カワセミ_00001_03

止まりものを一枚。
カワセミ_00001_05

紅葉の時期を待って、伊吹山にイヌワシを撮影に行くつもりだったのですが、毎日が雨で遠征する気になりません。

スポンサーサイト

照準器改良の効果は?

照準器のカメラへの取り付け方を改造したので、池にその効果を確認に行きました。

池のホシハジロは徐々に増えて、雄8羽、雌1羽の9羽に増えています。
ホシハジロ

さて照準器を改造して、素早くカワセミの動きを捉えられるようになったでしょうか?
少しはカワセミの飛ぶ動きにカメラが付いていくスピードは速くなったように感じます。奥に飛び去る鳥を追うのは難しいのですが、どうにか捉えることができました。残念ながら、後姿なので絵にはなりません。
カワセミ4

ダイビングから飛びあがった瞬間です。少しピンが甘いです。ISOが上がりすぎてノイズが激しいですね。これはカメラの性能なので仕方がありません。
カワセミ3

カワセミのホバリングです。これも残念ながら後姿。
カワセミ5

どれも絵にならないので、止まった姿です。止まっているのに、ピントがまだ甘いです。
カワセミ1
カワセミ2

照準器は5mmのアルミ板に取り付けたので、ブラブラせずに安定しています。その上、自由雲台に取り付けたので、照準器をレンズのセンターに合わせるのがとっても簡単になりました。残りの問題解決は、カメラ自体の性能と肝心な小生の腕前です。

イカルの集団

ここのところイカルが集団でやってきています。
よく見るとミズキの実が好物なようで、20羽近くいたでしょうか。あまり身近にいると構えて撮影する気にはならないものですね。コンデジのCanon Power Shotで撮影しました。
シメ2

シメ1

毎日 鬼クルミを拾い集めると、箱一杯になりました。これはリスの餌です。
クルミ

鷹の渡りで有名な白樺峠に行って来ました

八ヶ岳から白樺峠に出かけてみましま。松本インターまでは1時間もかからないのにそこから乗鞍スカイラインを登ること1時間以上。奈川あたりから鷹見の広場の登り口までは案内板が出ています。
入口
案内図


登り口には複数の駐車場があります。車を停めて山道を登ること20分くらいで到着です。頂上は木が伐採されて広場になっており、しかも鷹見客のため雨よけの小屋、丸太の椅子も置いてあります。


有名どころですが、カメラマンは4人しか居ませ。ベテランの方が居られ、ハチクマなら9月中旬で、10月に飛ぶことは少ないらしい。道理でカメラマンかすくないはずだ。少しがっかりしたのですが、最初に現れたのは、期待のハチクマでした。どれも遠くて、思いっきりトリミングしてようやくハチクマと分かる程度でした。1時過ぎまで待って、結局ハチクマは4羽現れました。
ハチクマ17-10-4-1

ハチクマ17-10-4-5

その他にノスリが1羽。これは野辺山にいつでもいるので興味なし。
ノスリ17-10-4-1

サシバが1羽でした。これも千葉の地元にサシバの里と言われる場所があり、興味なし。せめて鷹柱ならよかったのですがね。
サシバ17-10-4-1

いずれも遠くで舞い上がり、近くを通過するときは腹撃ちにしかなりませんでした。来年はベストシーズンに行こうと思いますが、その頃は200名もカメラマンが並ぶらしい。


八ヶ岳の森の庭の野鳥

今日は朝から裏の森に野鳥がたくさん来ています。我が家にやって来る野鳥をこの辺りで一度まとめておきます。雀、燕、キジバト、カラス、ヒヨドリ、ムクドリ、雉はさておいてシジュウカラ、ゴジュウカラ、エナガ、コガラ、ヤマガラ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、ハクセキレイ、キセキレイ、ホオジロ、ジョウビタキ、アトリ、カワラヒワ、カケス、シメ、イカル、クロツグミ、コムクドリそして今回初のお目見えが、エゾサメビタキでした。

午前中裏デッキで撮影しました。
まずはサメビタキ。後日鳥に詳しい方に同定をお願いすると、これはエゾビタキだそうです。修正します。

サメビタキ4

サメビタキ1

17-10-3-2


アカゲラもやって来ました。
まずはオス。
17-10-3
メスです。
17-10-3-1

イカルのつがいも現れました。2羽並ぶと一方のピンが来ません。
イカル

そして、蝶々。アサギマダラがやって来ました。今から南西諸島まで旅をするのですね。
アサギマダラ1

午後ちょっと野辺山に行ってみました。初見の鳥ですが図鑑で調べても名前が分かりません。これも詳しい方に見てもらうと、ノビタキのメスの冬羽とのことでした。
不詳




月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -