FC2ブログ

北欧料理のレストランは美味かった

陽射しがずいぶん春めいてきました。家の中から見ていると暖かそうなのですが、外に出るとやはり寒い今日でした。
先日、テレビで小淵沢の北欧料理店を紹介していました。なんでも、シェフはスウェーデンで修行してきた方らしいし、美味そうなのでシ−ズンオフの今なら混んでないだろうといってきました。前から看板を見て気になっていたのです。メ−ラレンと言う屋号が何だろうと?一見、ラ−メンにみえてしまう。
20200201141705904.jpg


税込み1800円のランチのコースです。アラカルトは有りません。まずは、ニシンのマリネ。これは美味かった。
202002011418439e4.jpg


次はトマト味の野菜スープとライ麦パン。トマト味のスープは好物ではないのですが、ここのは味わいが深く、トマトの酸味が程よくマッチして、これもいい。
20200201142546e4e.jpg


次はメインの牛タンの赤ワイン煮。
20200201142702812.jpg


最後はデザートとコ−ヒ−。プリンとメ−プルシロップのアイスです。
2020020114290516a.jpg


以上で腹いっぱいになりました。上手だけど素人料理の多い八ヶ岳かいわいですが、この店の味は、ふかみがあり、プロの味です。おまけにコスパはとっても良いのでおすすめです。
スポンサーサイト



雨の日は元旦用の燻製作り

千葉は朝から冷たい雨。こんな日は隣近所は窓は閉め切ってますし、外での作業もないでしょうから燻製作りに向いてます。正月用の燻製作りを始めました。コストコで生牡蠣と冷凍のホタテを買ってきました。




牡蠣は塩で洗い、ぬめりを落としたら沸騰しないお湯で五分程度火を通しました。


別に準備しておいたソミュール液(塩、砂糖が7%の濃さ、ニンニク、胡椒、酒、醤油を少々)に2、3時間漬け込みます。




味付け後、1時間ほど風乾燥させます。




いよいよ燻製開始です。手作りの燻製器で3時間ほど煙をあてます。


完成。牡蠣はしばらく空気に曝してから、オリーブオイルに漬けて完成です。




追記
この味付けは、ちょっと塩辛い。塩が濃すぎたみたいです。

ジェノベーゼソースを作る

今日は朝からしとしと降り続く雨。午前中はゴルフ練習場で軽く100球打ちっ放し。ミドルアイアンで左に引っ掛ける打球が出てしまう。ヘッドがアウトサイドインに出ることがあるらしい。

小生のようなアウドドア派はこんな天気の日に家でできる趣味を持ち合わせていない。暇なので畑からバジルを収穫してきて、ジェノベーゼソースを作り置く事にした。バジンを収穫して、良く洗ってから水を切る。


これに松の実 5gとニンニク一片を加えて、オリーブオイル100cc、塩少々とミキサーにかけると出来上がり。今夜は鮭のムニエルをこのソースで食べてみます。



チーズとチキンの燻製

今日から下り坂ですが、千葉は夜までは天気が持ちそうです。そこでデッキの上で久しぶりに燻製を作ることにしました。

チーズの燻製が最も喜ばれますので、これをホワイトデーのお返しにします。チーズは雪印のファミリアチーズです。カットされていないチーズを置いてあるスーパーは少なく、ちょっと離れた所まで買いに出かけます。


コストコで他のチーズのブロックを買ってきて試したのですが、チーズが溶ける温度が低いものが多くて、形がいびつになってしまいました。このチーズが作りやすいし、ウィスキーのお供にぴったりです。温度は60℃台に保たないと柔らかくなって形が悪くなってしまいます。


今日のチップは、ヒッコリー、ベーコンを作った時の余り物ですが、チーズに合うか分かりません。


チーズの余ったスペースでついでに鳥もも肉も燻製しました。塩、胡椒をして一晩冷蔵庫で馴染ませます。水での塩抜きはしないので、塩は一つまみ程度をなじませます。これを70℃くらいのお湯で30分火を通しました。その後、燻製炉内で熱して乾燥させてから煙を掛けました。火は通っているのでこの時温度を上げる必要はありません。

美味そうなラーメン屋に寄り道

先日テレビを見ていたら東京で評判の店を紹介するシューイチで豚骨と蟹を合体させたスープのラーメン屋 「クラブ台風」が放送されていた。なんでも、香港で人気が高まり、東京に逆輸入した味らしい。豚骨と蟹の出汁だからめちゃくちゃ美味そう。

八ヶ岳から千葉への移動中 丁度お昼時なので首都高を降りて寄ってみました。店の名でググると場所は中央区日本橋蠣殻町。カーナビでセットすると難なく到着できました。路側の駐車帯に車を止めたのですが、ラーメン屋の行列が長いと駐車時間1時間では足りないかもと不安になったのですが、お昼時を少し過ぎていたためか直ぐに席に着くことが出来ました。


小生は蟹そば 850円を注文。見るからに濃厚な味のようですが、食してみると豚骨に蟹風味が漂う程度でしつこくなく、とっても美味かった。


女房殿は、蟹油そば 850円を頼んだ。こちらはスープは無く、蟹ミソのようなペーストが付いているので、かき混ぜて食べるらしい。
途中で女房と交換してこれも食べてみた。こちらは年寄りには塩分が強いかな?でも、途中で店員さんが「スープで割るといいですよ」と言われて、無料でスープを加えていただいた。うん、これも美味い。スープで塩味を薄めると爺さんにはちょうど良い。


首都高を下りての寄り道が大正解でした。また、行こう。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -