木を切ってもらったついでに薪割り

今日の八ヶ岳は雲が多いものの一日晴れでした。毎日小鳥遊びに呆けてるので今日は庭の木を切ってもらいました。
道路に大きく覆いかぶさっていたクルミの枝をおとしてもらいました。クレーンで宙吊りになりながら、切る枝にもロープを掛けてこれもクレーンでつりながら切るのですね。




もう一つは枯れた白樺。家のすぐ傍で立ち枯れていたのですが、家と電線が邪魔で木を倒す場所がないので困っていました。クレーンで吊られながら枝を払って、ついでにクレーンのロープを掛けて木を吊ります。吊りながら根元を切って、木を倒さずに下ろしながら刻んでいくのですね。




根元は大きな山アリに食われてボロボロでした。


作業を見ていても暇だし、チェーンソーの音に触発されて久しぶりに玉切りと薪割りに励みました。少ししか増えてませんが、これでも腰はクタクタです。チェーンソーで玉切りにするのが、中腰で腰にきます。薪ストーブの楽しみの一つは薪割りだと言う人がいますが、とんでもない。時間はかかるし、腰にくる。
まだまだ後ろの薪棚も埋まっていません。前の薪棚は空っぽのままです。頑張らないと。
before


after


スポンサーサイト

初夏の八ヶ岳

 今日から八ヶ岳に来ております。
八ヶ岳 赤岳の雪はほとんどなくなりました。
18-06-08_00001_01.jpg

富士山の雪もずいぶん溶けたようです。
18-06-08_00001_02.jpg

動物たちも活発になり、芝生はモグラの穴でぼこぼこです。
18-06-08-2_00001.jpg

アヤメが満開です。
18-06-08_00001_03.jpg

黄色のアヤメの方が少し遅いようです。
18-06-08_00001_04.jpg

セカンドハウスの固定資産税の手続き

八ヶ岳の家の固定資産税が減税になる特例用の書類が送られてきました。毎月一回以上の居住を証明する必要があるそうだ。そのため昨年の5月から今年の4月まで八ヶ岳界隈で買い物をした証明にレシートか、この近くで高速を降りたことを示すETCの利用明細が必要になる。
レシートなんて保管して居ないので、長坂ICで降りたETC利用明細書を手に入れねばならない。調べるとこれは主なPAに置いてある機械にETCカードを入れればできるとあったので、談合坂PAでトライしてみたが、1年遡ることは不可能でした。100件までしか遡れないらしい。千葉から長坂までは6回料金所を通過するので、八ヶ岳1往復で12回。すると8往復分しか記録がない。
次の手は、インターネットで証明書をプリントできるらしいのでそれをトライしてみた。が、それもできない。今の車は息子が東京で乗っていたので、千葉にきてからナンバーが変わっているが、ETCの登録は以前のままにして放置していたので、古いナンバーを思い出す必要がある。
資料を探し回ってようやく登録時のナンバーが分かったので、ETCの利用明細の利用登録をしてやっと利用履歴が見られるようになった。これを該当する長坂ICで降りた分だけ選びだして、一枚にまとめてプリントした。北杜市の担当に問い合わせるとこれでいいとのことであった。
来年以降のことを考えてETCの車載機器管理番号と新しいナンバーでセットアップし直してもらったのだが、これは認可業者しかできないらしい。自動車屋に持ち込んで、再登録してきた。3000円+消費税かかった。
このセカンドハウスを毎月利用していることの調査は毎年やる訳ではないので、すっかり忘れていた。レシートなどは取って置かなかったので、思いの外、手間がかかってしまった。次回以降はETC利用明細書が簡単にプリントできるので楽になったものの、電気や水道の請求書でも毎月人が利用している証明になると思うのだが、代用できないものか?

親沢の三番叟

今朝は薄っすらと雪化粧。千葉なら真冬の寒さでした。昨日、野良仕事は頑張ったので、今日は周辺の観光に行きました。

今回は小海方面に足を伸ばして、まずは八岳の滝に行ってみたら、まだまだ真冬で雪が積もってました。入り口に案内版があります。





今回の目的は、親沢の三番叟なので、時間調整もあり、八峰の湯で朝から温泉です。


三番叟は2時過ぎから始まり、まずは獅子舞です。牡鹿二頭が一匹の雌鹿を巡って競っています。
18-04-08_00001.jpg

獅子舞が終わると三番叟が始まります。この祭りはかなり有名でして、小海の街から峠道を10分ほど登った親沢集落の収穫祈願のお祭りで、300年ほど前から受け継がれて居るそうです。
18-04-08_00001_02.jpg

18-04-08_00001_03.jpg

18-04-08_00001_04.jpg

18-04-08_00001_05.jpg

18-04-08_00001_06.jpg

洗浄便座の水抜き

今日八ヶ岳から千葉に移動しました。
帰る際に凍結による破損の防止のために、上水の水抜きをしますが、一番問題なのが洗浄便座です。大変多くの方がおそらく洗浄便座の水タンクを破損させて、洗浄便座が使えなくなっているのではないでしょうか。一方で洗浄便座を設置したいと思っている方が大変多いと思います。
小生は洗浄便座を無事に使い続けていますので、参考までに要点を記しておきます。

1.洗浄便座に水抜き個所は2か所ある。
  一か所は、洗浄便座への給水配管の水抜きで、おそらく給水管の入口のすぐ脇にあると思います。もう一か所は、洗浄用の水   のタンクの水抜きで、これは便座を外して、便座の裏側にネジがあるはずです。
2.水抜き用の穴は、ネジ蓋になっていますのでこれをプラスドライバーではずすと水が漏れ出てきます。
3.ネジを外したら、水が残らないように外した便座を傾けたりします。

ちょっと面倒なようですが、これで無事に破損を防止でき、快適に洗浄便座が使用できます。
汚い話なので、写真はなしです。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -