fc2ブログ

冬の鳥が居ない

昨日は八ヶ岳に着いてから早速探鳥に出かけました。今年は北海道、東北で雪が多いようなので冬鳥はさぞ南下しているだろうと期待していましたが、レンジャク、イスカ、オオマシコなどの冬鳥はとっても少ないようです。

そんな中で冬鳥の一つのコミミズクは3年ぶりにやってきてました。ただ、広大な場所を飛び回るようで、どこで撮影できるのか難しい状況でした。待つことしばし。コミミが現れてくれましたが、一瞬で飛び去りましたので、遠いし、シャッターチャンスはなくても3年ぶりの証拠写真です。
komimi_00220130-SharpenAI-Softness.jpg

komimi_00220131-SharpenAI-Softness.jpg

komimi_00220132-SharpenAI-Softness.jpg

そして久しぶりにハギマシコの群れを見かけました。
hagimasshiko_00220130.jpg

ハギマシコは地味な色合いで、地上にいると格別の特徴はありません。わずかに萩の花の色があるのが特徴です。
hagimasshiko_00220130_01.jpg

スポンサーサイト



渓流も凍る寒さ

2ヶ月ぶりに八ヶ岳にやって来ました。来ようと計画するたびに、大雪の予報だとか、大寒波とかがあって伸び伸びになってしまいました。
八ヶ岳に着いてみると、流石に記録的な寒波だったようで、これまで凍ったことのない裏の渓流がほとんど凍てついてしまってました。10年で初めてのことです。
202301292113450d3.jpg


やはり相当に寒かったらしく、家の中も洗面台、トイレなども凍ってしまってました。水道の水抜きをしても残った水が溜まるところは凍ってしまいます。暖房を強くしてようやく室内の氷が溶けて、給水が回復しました。

都市近郊の明るい空でオリオン大星雲は撮影できるか

 千葉の住宅街でも夜空は明るく、オリオン大星雲もどうにか目視できる程度です。今日は、明るい空でも撮影できるか試してみました。それと試したいことがもう一つ。鳥の撮影に使う600mmの超望遠レンズを使って撮影すること。このレンズはかなり重いので、赤道儀は使えません。そのためにSSを少なくとも5秒以内にする必要がありますが、その分ISOが上がるので、ノイズの問題が予想されます。最近はカメラが高性能化してますので、どこまでノイズを抑えられるかが楽しみです。なお、RAWで撮影してるので露出調整して、背景が明るすぎるものは暗くしています。
 まずは、600mmのレンズにテレコン1.7倍を付けて、焦点距離1020mmで、絞り7.1、ISO20000、SS2秒で撮影してみました。SS2秒でも星がかなり流れています。
Rorion_00221215.jpg

次はSS1秒です。星の流れは、当然半減しました。ですが、星雲全体は写りませんね。これは都市部で空が明るいせいか、カメラに内在されている赤色フィルターのせいでしょうね。野鳥撮影用のカメラなのでこのフィルターを外すつもりはありません。
Rorion_00221216.jpg

上の写真は、NikonD6で、かなりノイズの出にくいカメラを使い、かつDeNoise AIと言うソフトで処理をしてるので、ノイズが目立ちません。でも、ISOは少しでも下げたいので、ISO12800で撮影してみました。
Rorion_00221217.jpg

次はISO8000です。
Rorion_00221218.jpg

ISO5000です。
Rorion_00221219.jpg

ISOを5000,8000まで落とすと暗すぎて、星雲は明るい部分だけしか写りませんでした。
このテストから言えることは、
1.SSは最大でも1秒まで、できれば0.5秒くらいにしてみたい。
2.SS1秒の場合、ISOは12800以上が必要。ISO20000でも、ぎりぎりノイズは消せそうです。
3.明るい空でオリオン大星雲を撮影しても、星雲はあまり写らない。
4.次回は八ヶ岳で、SS0.5秒、f6.8、ISO 20000で試してみます。

メヒカリの干物を作る

先日テレビを見ていたら、所ジョ−ジさんがメヒカリの目刺しがとっても美味いと言ってました。メヒカリは唐揚げにすると淡白だが、味わいが濃い。それを干物にするとさぞかしうまいだろうと想像できる。それ以来買い物のたびにメヒカリを探すのですが、なかなか出会えません。ようやく見つけたので早速干物にしてみました。頭と内蔵を取って、塩水に1時間ほど漬けてから、水分を拭き取り、燻製を作るときに使う水抜き用のピチットシ−トで包んで冷蔵庫で丸一日。その後、ピチットシートを外して、さらに冷蔵庫で一日乾燥しました。
20221211124752dbe.jpg


焼いて食べると、脂っこく、抜群に美味しい。これはまた作ろう。

今期初のハイイロチュウヒ

 今年はハイイロチュウヒはいつもの狩り場には現れていないようですが、ねぐらには夕方に戻ってくるようです。夕方のハイイロチュウヒは茜に染まるので灰色と白の色が出ないのであまり好みではないのですが、できれば曇り空になって夕日が隠れないか期待して行ってみました。ハイイロチュウヒが飛ぶ時間にはかなり早く現地についたのですが、すでに車が多くて、駐車スペースは空いていません。はじめてこんな混雑に出会いました。ナンバーを見てみるとかなり遠くからカメラマンが来ておられるようです。
 車はどうにか止めたものの、まだまだ早すぎで、ぼんやり時間を過ごしました。待つこと2時間あまり。4時すぎに現れました。でも、目の前は飛びません。遠いですが、証拠の撮影だけはしておきました。
 待つ間退屈なので、普通のチュウヒを撮影してみました。
chuuhi_00221208-DeNoiseAI-standard-SharpenAI-Motion.jpg

 日が傾いてくるとハイイロチュウヒのメスが現れました。普通のチュウヒと似た色をしていますが、尾羽の付け根部分に白い帯があるので見分けられます。
chuuhi_00221209-DeNoiseAI-standard-SharpenAI-Motion.jpg

そして4時過ぎになってオスのハイイロチュウヒがねぐらに戻ってきました。遠くを一飛びしてすぐにねぐらに入ったので、撮影チャンスはほんのわずかでした。これ以上待っても、夕日が強く、暗くなるばかりなので退散しました。やはり赤く染まってしまっています。
chuuhi_00221210-DeNoiseAI-standard-SharpenAI-Motion.jpg
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -